« 西岡剛 スポニチのインタビューに答える | トップページ | 新・プロ野球選手名鑑について・・・考える »

2010/02/11

プロ野球新人研修会

雄星、新人研修でも優等生!? プロの必須科目、どうリアクション
毎年恒例となった「日本プロ野球組織(NPB)新人研修会」が3月2日に都内ホテルで行われる。
昨年は講師のコミッショナー特別顧問・王貞治氏(ソフトバンク球団会長)の熱弁で大いに盛り上がった。「よく学び、よく遊べ。若いんだから、女遊びをしたっていいんだ」。聖人君子のイメージの強い“世界の王”から「女遊びOK」発言まで飛び出してのワンマンショーとなったが、今年は西武・菊池雄星投手が話題を独占することになる。
研修会は午後12時半から午後5時ごろまで。『アンチドーピング運動について』から始まり、『税の意義と役割』、『薬物乱用防止について』、『暴力団の実態と手口』に続き、元ニッポン放送アナウンサー・深沢弘氏による『話し方、インタビューへの対応』。昨季で現役引退した巨人・木村拓也内野守備走塁コーチによる『先輩プロ野球選手からプロ野球の後輩へ』まで講義は6つある。
プロ野球選手に忍び寄るさまざまな魔の手をシャットアウトするための必須科目を中心とした講義に対し、球界の救世主を期待されるゴールデンルーキー・菊池がどんな反応を示すのか。
プロ野球中継の名物アナウンサーだった深沢氏とのやりとりも注目される。
今時珍しいジャージーしか持っていなかった野球一筋の純朴さを持ち、読書家で勉強好きな菊池だけに、間違っても居眠りはしないだろう。熱心にノートを取る姿が見られるかもしれない。6つの講義に対して、どうリアクションするか。それぞれ興味津々だし、話題になるだろう。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)
---------------------------------------------------------
プロ野球新人研修会は、プロ野球の新入団選手が社会人として良識のある行動を身に付けるための勉強会で、1963年から行われており、「都内ホテル」とあるが、ここ数年
グランドプリンスホテル新高輪で、しかもドラフト会議と会場が同じ!
記事は07年はこちら。08年はこちら。09年はこちら
宮本裕司捕手がルーキーイヤー時に出席した感想を書いております。
NPB新人選手研修会
荻野貴司・清田育宏外野手、大谷智久・山室公志郎投手、大嶺翔太内野手の
マリーンズルーキーズ5人衆も当然出席するわけで、しっかり心して聴くように!

毎年思っていることですが、専門のお医者さんを招いて野球選手は禁煙すべきだという講義もやるべきなんですけど。アンチ・ドーピング以上にたばこを吸わないことも大切な自己管理だと思うのですが。こうしたことは個別球団任せで、NPBがとやかくいう問題ではないのか?近くコミッショナー事務局に投書するつもりです。とかくライオンズには、雄星があこがれている工藤さんをはじめとしてヘビースモーカーが多いと聞いたことがあるので、雄星に来年はたちになってもたばこを吸わせないように教育すべきだと思うんですケド。
(ちなみに、G.G.佐藤は絶対吸わないらしく、たばこを吸うやつのいうことは
信じられないと発言したことがあったらしい。)
で、マリーンズはどうなんだというと、かつてボビーは、「たばこを吸った瞬間、
日本人の美徳である礼儀正しさが損なわれてしまうようだ」。立花龍司さんいわく
「メジャーで喫煙している選手はあまりいない。ニコチンの奴隷では自分に勝てない」。
立花さんはもういないわけだし、立花さんから教えられたことを継続できるかどうか?
「たばこも大麻もダメ!ゼッタイ!」
(ちなみに、管理人は非喫煙者です)
関連エントリー:野球選手は禁煙すべき
お相撲さんも禁煙!(いずれもいすみマリーンズ アネックスより)

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 西岡剛 スポニチのインタビューに答える | トップページ | 新・プロ野球選手名鑑について・・・考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球新人研修会:

« 西岡剛 スポニチのインタビューに答える | トップページ | 新・プロ野球選手名鑑について・・・考える »