« 3月29日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 大嶺今季初先発も、服部&伊藤炎上orz »

2010/03/30

駆け抜けろホームまで♪荻野貴司

イーグルス 000000001 1
マリーンズ 10000221X 6
E:●永井-辛島
M:○唐川-S小林宏
観衆 11328人
Img_3544
じつは、NHKBS1での中継をハードディスク録画予約して出勤したが、
(画像は同中継より。4/4後付けしました)
人生初の徹夜勤務が急遽決まり、当日試合エントリーアップできなかったのは
はじめて。その試合結果を知ったのはきょう(31日)昼休みに買ったスポニチで。
したがって、このエントリーは31日深夜に書きあげたもので、
翌日の予告先発・放送ガイドは省略しております。
ごく簡単に記せば、2回金泰均の犠牲フライで先制。
6回大松のレフトオーバー2点タイムリー、
7回荻野貴司・井口連続タイムリーなど効果的に追加点、
抑えとして登板したコバヒロ初セーブ!

唐川とともにヒーローインタビューに呼ばれた。
前述のスポニチの記事が印象強かったので引用。
Img_3541
Img_3542
Img_3543
荻野貴、快足止まらん!ロッテ“Go連勝”
チームを勢いづけたのはロッテの野球を変えつつあるドラフト1位・荻野貴の足だった。初回無死一塁。一塁前への送りバントを50メートル走5秒6の快足で内野安打にした。好機を広げて先制点につなげると、6回は追加点の呼び水となる中前打。7回には左前適時打して、すかさず二盗成功。3安打2得点1盗塁で5連勝を呼び込んだ。
「(7回は)何とか1点取ろうと思い切り打ちました。足?それが自分の持ち味なので。でも、まだこれからです」
球団が公言していた雄星(西武)指名を回避して獲得した西村野球の申し子。右打者ながら既にバント安打4本を含む5本の内野安打を稼いでいる。1メートル72と小柄でも筋肉質の体はイチロー(マリナーズ)と同じ体脂肪率6%台で、菊地チーフトレーナーは「プロ野球選手というか、トップアスリートの体」と驚く。指5本分短く持ったバットから快音を響かせリーグ3位の打率・429。失敗なしの4盗塁などグラウンド狭しと走り回っている。
1歳下の新人に刺激されるようにリードオフマン西岡も足とバットで魅せている。初回は金泰均の浅い中飛でタッチアップし先制のホームイン。「チームが勢いに乗っているし、セーフになる自信があったので思い切っていきました」。8打数連続安打で止まったものの、チームただ1人開幕から7試合連続安打でリーグトップの打率・548と絶好調だ。
機動力野球を掲げる西村監督は「塁に出れば相手も気を使って、打者に甘く入ったり球種が絞りやすくなる。本当に1、2番がいい働きをしてくれている」と手放しで称える。新1、2番コンビがけん引する新生ロッテの勢いはさらに加速していく。
唐川2勝目にも反省「次は完封したい」
唐川が完封目前の9回に崩れたものの、8回1/3を1失点で2勝目を挙げた。
冷え込みが厳しく、序盤は制球がばらついたが、ベンチではヒーターで暖を取り毛布を足にかけて対応。登板可能だった28日の日本ハム戦(千葉マリン)ではなく、あえて3連戦初戦に起用されたのは首脳陣が先発の柱と期待しているからで「9回を抑えきれなかったのは悔しい。次は完封したい」と若きエースの自覚を見せた。
▼ロッテ小林(9回1死満塁から今季初登板し、プロ初セーブ)僕にとっての開幕だし、自分が入って連勝が止まるのは嫌だった。ウイニングボールは大事に家に飾ります。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« 3月29日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 大嶺今季初先発も、服部&伊藤炎上orz »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/47963492

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け抜けろホームまで♪荻野貴司:

» 走れマリーンズ!唐川完投成らずも宏之が締めて5連勝! 3/30イーグルス戦結果!(画像追加) [PLAY THE GAME!]
若き日の西村徳文♪(テレビ中継映像より) 今日は2画面でテレビ観戦!がんばれ唐川!がんばれ直行! 開幕から2カード連続で勝ち越し、しかも相手がライオンズとファイターズという、今季のパリーグの優勝を争うであろうとの呼び声高い両チームからというこれ以上ない好スタ... [続きを読む]

受信: 2010/04/01 03:19

» 今日も荻野貴の足が暴れまくる [オリオン村]
前日までにしっかりと準備をして朝7時過ぎから段取りどおりに始めた作業も周りが思うように動かず、また動かすこともできず、苛立ちっぱなしの一日でした。この人を動かす難しさは采配に通ずるところがあると思われ、監督業の難しさを体感したような気分です。何はともあれ開幕早々に欠席となる不本意な事態に陥ってしまいましたが、チームの見事な勝利による5連勝で気持ちは和らぎつつあります。 唐川は完封目前の最終回にバタバタとしてしまいましたが、8回までは5安打9奪三振の無失点ですから素晴らしいピッチングを披露したと言っ... [続きを読む]

受信: 2010/04/02 00:07

« 3月29日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 大嶺今季初先発も、服部&伊藤炎上orz »