« 唐川完投勝利、福浦100号、荻野貴司プロ入り初打点、今岡移籍後初安打等なんでもあり | トップページ | 荻野貴司プロ入り初アーチなどでマリン初勝利!! »

2010/03/25

ルーキー・荻野貴司の凄さを再確認した次第

ドラ1荻野貴「右前二塁打」の異次元の足!(スポーツニッポン)
ロッテに、スピードスター誕生の予感だ。ドラフト1位の荻野貴が、西武との開幕3連戦に、いずれも「2番・中堅」で出場。プロ初打点や打率4割5分5厘を残した数字以上に強烈な印象を与えたのが、「異次元」と形容される自慢の足だ。
22日の試合ではこんな場面があった。4回、野上の変化球を右前にはじき返すと、誰もが単打だと思った瞬間に一塁ベースを蹴り、猛然と二塁へ。虚を突かれた右翼手の返球は間に合わず、楽々セーフ。周囲を驚かせる「右前二塁打」だった。
「走りながら捕球の体勢が悪いと判断したんです」と1メートル72の小兵はさらりと言う。果敢な判断の裏付けになったのは50メートル5秒台の俊足。右打者なのに、遊撃正面のゴロを内野安打にしたことも。オープン戦では失敗なしの5盗塁を決め、盗塁王だった西村監督を「まだスタートがうまくないのに」と驚かせた。
走りの原点は関学大時代にある。足に重りを付けて塁間を大またで走る練習を繰り返し、スピードの落ちない独特のストライド走法を手にした。トヨタ自動車では中軸も任されたが、プロではバットのグリップを一握りほど余らせる。自慢の足を生かすためだ。
「新人でもグラウンドに出たら遠慮しないでやってます」と荻野貴。開幕戦の先発は球団の新人外野手では1985年の横田以来、25年ぶりの快挙。昨季はリーグ最悪の盗塁数だったチームに、救いの手、ならぬ「足」が来た。
---------------------------------------------------------
マリンのオープン戦に続き、西武ドームの開幕3連戦すべて見ましたが、
打ってよし、走ってもよし、守ってよし、の3拍子揃ったという点では
外野手ではサブロー以来ではないか!?新人王奪取へ向けてまず
開幕カードでの活躍でポイントを稼いだようだ。最大のライバルとされる
雄星は、30日からのイースタン・戸田スワローズ3連戦@西武第2球場で
ファームデビューらしい。直後にロッテ浦和での浦和マリーンズ3連戦が
あるだけに、もうひとりのルーキー外野手・清田育宏をはじめ、ムニス、
細谷圭を核とした浦和マリーンズ打線が雄星にプロの洗礼を味わせたかったが。
センバツ 雨で順延! 東海大望洋初陣は27日第1試合に繰り延べ。
大人の事情で28日にマリンに行けず、トゥエルビ録画してお茶を濁すか。
よって筆者の今季初マリンは4月10,11日のライオンズ戦!

明日の予告先発 マリーンズ:成瀬善久
            ファイターズ:八木智哉
JSports1 18:00~(解説・橋本清)
トゥエルビ 18:00~22:00(解説・黒木知宏
チバテレ 19:00~21:25(解説・倉持明)
HBCラジオ(1287)17:57~(解説・盛田幸妃)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« 唐川完投勝利、福浦100号、荻野貴司プロ入り初打点、今岡移籍後初安打等なんでもあり | トップページ | 荻野貴司プロ入り初アーチなどでマリン初勝利!! »

コメント

ひまーな3日間も今日で終わり、明日から第二の開幕ですね。
楽しみです。頑張れ成瀬!
頑張れ望洋!

投稿: tomten | 2010/03/25 08:31

>tomtenさん
今晩は。
マリン開幕戦は、大嶺祐太でいくと考えていたのですが、
教育リーグでの炎上劇で見送り。
ボビー時代ほとんどなかった中5日登板。
個人的には3日間とも観にいけないのが残念ですが、
トゥエルビ中継を録画して拝むことにします。
東海大望洋。2日連続雨天中止で
気を揉んでいますが一戦必勝を!

投稿: マリンライナー | 2010/03/26 01:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/47902242

この記事へのトラックバック一覧です: ルーキー・荻野貴司の凄さを再確認した次第:

» 3/26、【M-F】1 [やっさん日記]
開幕カードを終え、3日間の休憩を挟んで迎えた今日からの2度目は、千葉に場所を変えての千葉ロッテとの3連戦。 まずその初戦の先発は、北海道日本ハムが八木投手。千葉ロッテが成瀬投手。 【1回表】 まず初回の攻撃は、田中選手はファーストゴロで一死となってしまうも、続く二岡選手はらしい右打ちの打球がライトスタンドへと飛び込むソロホームランとなり、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。 そして更にこの後、次の稲葉選手が右中間フェンス直撃の三塁..... [続きを読む]

受信: 2010/03/27 02:02

» ロッテ・荻野貴、プロ初本塁打など9得点大勝 [続・今日も内角攻め!]
開幕カードの西武3連戦を2勝1敗で勝ち越したロッテは、3日間の空白を経てホーム・千葉マリンに日本ハムを迎えての3連戦となった。 初戦の先発には、開幕戦で8回完投もソロ2発に泣き敗戦投手となった成瀬を擁した。 一方の日本ハムは、八木。 1回表に日本ハムは、1死から二岡のソロHRで先制。 続く稲葉が中堅フェンス直撃の3塁打を放つも、高橋が3ゴロ、糸井が三邪飛に倒れる。 その裏、ロッテは、西岡が右中間を破る3塁打を放つと、続く荻野貴の2ランで2ー1と逆転に成功する。 3回裏には、今... [続きを読む]

受信: 2010/03/27 12:47

» ロッテ・荻野貴、プロ初本塁打など9得点大勝 [続・今日も内角攻め!]
開幕カードの西武3連戦を2勝1敗で勝ち越したロッテは、3日間の空白を経てホーム・千葉マリンに日本ハムを迎えての3連戦となった。 初戦の先発には、開幕戦で8回完投もソロ2発に泣き敗戦投手となった成瀬を擁した。 一方の日本ハムは、八木。 1回表に日本ハムは、1死から二岡のソロHRで先制。 続く稲葉が中堅フェンス直撃の3塁打を放つも、高橋が3ゴロ、糸井が三邪飛に倒れる。 その裏、ロッテは、西岡が右中間を破る3塁打を放つと、続く荻野貴の2ランで2ー1と逆転に成功する。 3回裏には、今... [続きを読む]

受信: 2010/03/27 12:47

« 唐川完投勝利、福浦100号、荻野貴司プロ入り初打点、今岡移籍後初安打等なんでもあり | トップページ | 荻野貴司プロ入り初アーチなどでマリン初勝利!! »