« 荻野貴司プロ入り初アーチなどでマリン初勝利!! | トップページ | 金泰均同点打も勝ち切れず・・・ »

2010/03/27

東海大望洋 大阪桐蔭に大敗!

5
大阪桐蔭   030100014 9
東海大望洋 000001010 2
【大】福本、中野、山中響―江村
【東】長友、尾沢、長友―坂本
観衆 22000人

大阪桐蔭が堅い守りでペースを握った。2回に2点適時三塁打を放った西田が、中継ミスの間にそのまま生還して3点を先取。その裏に捕手・江村が二塁走者をけん制で刺したほか、三塁・河原、遊撃・山口らの好守で、不安定な先発・福本を助けた。東海大望洋は打線が変化球を打ちあぐね、エース長友も終盤に失点を重ねた。
東海大望洋・相川敦志監督「力が発揮できず悔いが残る試合。ミスが多かったのを見ると、緊張していたのかなと思う。相手の投手もうまいピッチングしていたし、守備もうまかった。1回の1アウト満塁で1本が欲しかった」
1球の大切さ胸に 東海大望洋・坂本主将
東海大望洋(千葉)。主将の坂本拓弥捕手は一球一球思いを込めて、投手にサインを出した。2年生捕手として現横浜ベイスターズの真下(まっか)貴之投手をリードした昨夏の千葉大会、「あと1球」の場面から痛恨の同点本塁打を喫し、延長の末負けた。苦い経験から得た1球の大切さを胸に初めての甲子園に臨み、敗れたものの、強豪相手に堂々のプレーを見せた。
昨夏の千葉大会4回戦、坂本捕手はあぜんとして打球を見送った。2点リードの九回2死一塁、相手打者を追い込み、真下投手が投じた高めの直球。レフトフライに見えた打球が風に乗って左翼席へ入った。土壇場での同点本塁打。延長十二回の末敗れた。「大会ナンバーワン左腕」真下投手を擁し、優勝候補として臨んだ大会で、まさかの4回戦敗退。「投球前に一声かけていれば」。涙が止まらなかった。
新チームでは主将に。「1球の重みは坂本が一番分かっているはずだから」と先輩が相川敦志監督に推薦した。チームの合言葉は「1」。1球目、1アウト目………。守備でも打撃でも、最初から集中力を欠かさない姿勢をチームに根付かせた。相川監督は「あの1球の経験と主将という立場が坂本を一回り大きくさせた」と話す。
27日は二回に大阪桐蔭の強打線に長短打を浴びて3失点。追い上げたものの、九回に2死満塁から突き放された。厳しい展開の試合になったが、ピンチのたび投手を大声で励ますなど、笑顔でチームを引っ張った。【黒川晋史、遠藤孝康】
------------------------------------------
以上、毎日新聞より引用。
雨で2日も順延を強いられた割にはよくやった、と称えたい。
NHK総合中継は、実況がプロ野球中継でおなじみの広坂安伸アナ。
「21世紀枠に負けたことは末代までの恥。こんな試合しかできないのは
監督の力が足りないということ。もう野球をやめたい。腹を切りたい。死にたい」
向陽に敗れた開星・野々村直通監督の発言が議論されているが、
絶対に許せない。おととし安房が21世紀枠でセンバツ出場し、
1勝したが、敗れた城北高の監督もあんな発言はしていなかった。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 荻野貴司プロ入り初アーチなどでマリン初勝利!! | トップページ | 金泰均同点打も勝ち切れず・・・ »

コメント

島根のおっさん、慢心装威でしたね。高野連に謝罪にきた時の服装など、逆に威嚇にきたとしか…。過去にも問題発言連発のようですから、学生野球からは退場してほしいです。
野球部だった先輩は21世紀枠で出た全部の学校に謝りに行けと怒ってましたよ。

投稿: たれうやや@安房OB | 2010/03/28 09:44

>たれうややさん
今晩は。
あの監督は辞任に追い込まれましたが、
主催者側がなんのために21世紀枠を設けたのか、
いまいち理解してないといわざるを得ませんネ。

投稿: マリンライナー | 2010/03/29 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/47927367

この記事へのトラックバック一覧です: 東海大望洋 大阪桐蔭に大敗!:

« 荻野貴司プロ入り初アーチなどでマリン初勝利!! | トップページ | 金泰均同点打も勝ち切れず・・・ »