« 大嶺 聖澤の一発に泣く・・・ | トップページ | 5回まで4点リードも、リンデンの一発に泣く・・・ »

2010/07/07

かずさマジックに続き、JFE東日本も都市対抗野球出場!!

都市対抗野球大会関東予選・リーグ戦
東芝      000000000 0
JFE東日本 00030102X 6
【東芝】新垣、木戸-井川、吉原
【JFE】杉本―中野
[ホームラン]JFE・佐藤、金森[いずれもソロ]
JFEは四回、無死一、二塁から金森の左中間適時二塁打で先制。岡崎の左前打などで加点し、八回には佐藤と金森のソロ本塁打が飛び出し、一方的な展開となった。先発・杉本は三回以降二塁を踏ませず、132球で完封した。東芝は散発4安打に抑えられた。

鷺宮製作所 001001000 2
JFE東日本 00002110X 4
【鷺宮】岡崎、三木、高橋-秋山
【JFE】須田、松村、三橋―中野
[ホームラン]鷺宮・藤田[ソロ] JFE・金森[ソロ]
JFEは1点を追う五回、2死満塁から落合の左前2点適時打で逆転。同点の六回に市川の右前打で勝ち越し、七回には金森のこの日2本目となる右越え本塁打で差を広げ、3人の継投で逃げ切った。鷺宮は先制したが、及ばなかった。

第81回都市対抗野球2次予選は7日、南関東、東京、神奈川の次点チームによるリーグ戦を行い、2戦2勝のJFE東日本(千葉市)が2年ぶり19回目、1勝1敗の東芝(川崎市)が2年連続32回目の出場を決めた。JFE東日本は南関東第4代表、東芝は神奈川第2代表として出場する。これで31代表が決まった。残る1枠は9日開幕の北海道予選で、11日に32代表が出そろう予定。
南関東の代表決定戦で3連敗したJFE東日本が、見事立て直した。初戦の東芝戦の先発は東海大を出て2年目の杉本。南関東では日本通運との第1代表決定戦の先発に抜てきされながら、二回に2ランを浴び降板した。
「もう一度チャンスがあるならば、期待に応えなくては、と思っていた」と杉本。序盤の再三のピンチを緩急の利いた投球で乗り切り、散発4安打で東芝を完封した。
春は日立市長杯優勝などに貢献したが、予選を前に得意球のフォークが不調に陥り苦しんだという。「調子を戻そうとするより、前に進むしかない」と、大胆に腕を振るよう、気持ちと投げ方を微調整して臨んだことが奏功した。
昨年は肩のけがで出遅れた杉本も、これで前回本大会で若獅子賞(新人賞)を獲得した同期入社の須田と、先発の柱として肩を並べた形。南関東ではチーム打率1割台に落ち込んでいた打線も、2試合で19安打10得点とようやく開花した。「原点に返り、高い集中力で今までやってきたことを発揮した。選手全員の勝利」。蔵元監督が安堵の表情でねぎらった。【藤倉聡子】
「かずさ」と県勢そろい踏み
第81回都市対抗野球大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)の関東代表決定戦は7日、東京都大田区の大田スタジアムで3チームによる総当たり戦があり、JFE東日本(千葉市)は東芝(川崎市)と鷺宮製作所(東京都)に連勝し、2年ぶり19回目の本大会出場を決めた。8月27日から東京ドームで開催される本大会には、南関東第3代表のかずさマジック(君津市)とともに県勢2チームが出場する。【荻野公一】
けがを乗り越えてつかんだ大舞台 JFE東日本・杉本智大投手
最後の打者が打ち取られた瞬間、JFEの杉本智大投手はベンチから飛び出し、両手を高く挙げ仲間の輪に飛び込んだ。喜びが爆発し「無心すぎて何も感じなかった」。汗と雨でぬれた顔をほころばせた。
ダブルヘッダーのこの日、初戦の先発を任された。序盤に2度、得点圏に走者を背負ったが無失点で切り抜けた。中野大地捕手は「変化球を大胆に使った」と振り返る。巧みなリードにも助けられ、四回表は3人で抑えた。そのリズムが味方の反撃を呼び込んだ。
南関東大会で先発した試合は、1回2/3で降板。課題だった序盤に崩れ「すごく悔しかった」という。東海大卒の2年目。大学4年の春に肩を痛め、社会人1年目の夏まで投げられなかった。同級生の須田幸太投手の活躍を横目に「おれも」とリハビリに励んだ。「けがをして良かったと思えるように」と。
東京ドーム行きの最後の切符がかかった大一番でチームに勢いを付ける好投。蔵元修一監督は「けがをして一回り大人になった」と評価する。しかし本人はもう次を見据えている。初めての大舞台に向け意気込みを語った。「臆することなく打者に向かっていきたい」
【荻野公一】
JFE東日本・蔵元修一監督「正直なところほっとした。投打で全員がいい仕事をしてくれた。無心でプレーできたのが良かった。南関東大会で負けてからは、原点に返り1球へのこだわりをもって練習してきた。日本一のチームをつくるんだと言い続けてきた。本大会では一つ一つ階段を上がっていきたい」
------------------------------------------
以上、毎日新聞より引用。
当ブログ既報通り、南関東は、さいたま市・日本通運が第1代表、
狭山市・ホンダが第2代表、そして、君津市・かずさマジックが第3代表
として都市対抗野球大会出場を決めていたので、JFE東日本、東芝、鷺宮製作所の
3チームのうち2チームということで、大田スタジアムで関東予選・リーグ戦がおこなわれ、
千葉県からかずさマジック、千葉市・JFE東日本がアベック出場!
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 大嶺 聖澤の一発に泣く・・・ | トップページ | 5回まで4点リードも、リンデンの一発に泣く・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かずさマジックに続き、JFE東日本も都市対抗野球出場!!:

« 大嶺 聖澤の一発に泣く・・・ | トップページ | 5回まで4点リードも、リンデンの一発に泣く・・・ »