« 井口2打点!中継ぎ陣も好リリーフ! | トップページ | 俊介サプライズリリーフで9連戦勝ち越し! »

2010/07/20

サブロー100号本塁打達成も・・・

マリーンズ  010050000  6
ファイターズ 07001112X 12
M:●大嶺-橋本-古谷-秋親-根本
F:○木田優夫の落ちないフォーク-ウルフ-建山-武田久
[ホームラン]M:福浦6号,サブロー12号[いずれもソロ],井口8号[3ラン]
F:小谷野7号[3ラン],中田翔1号,金子誠5号[いずれもソロ] 
観衆 27656人

おととしの同時期にここ札幌ドームでプロ入り初勝利を上げた大嶺祐太先発!
2回に福浦先制アーチもその裏、糸井・中田翔連続フォアボール、
陽岱鋼送りバント、大野サードゴロを今江ホーム送球が逸れてしまい
タイムリーエラー、金子誠ショートゴロで2アウトも田中賢介・村田和哉連打で満塁、
稲葉2点タイムリー、小谷野センターバックスクリーンへ3ランとのべ7失点orz
5回。サブローがセンターへのソロアーチは、
史上261人目となる通算100号本塁打!

Saburo3d「そこまで本塁打を打てる日が来るとは思ってもいなかった」
「100号かぁ。自分は周りにいる人たちに恵まれて打てたと思っている」「自分は周りにいる人に恵まれて打てた。
いろいろな人に感謝しながらダイヤモンドを回った」

これで反撃への口火を切ったかたちで、里崎センター前安打、
Y-岡田の打席でワイルドピッチで里崎三塁へ、西岡レフトへタイムリー!
なぜか?3回から今江にかわって守備からで出ていたanan根元センター前安打、
井口ライトへの3ランで1点差と盛り上がったものの、その裏、
中田翔プロ入り初アーチ!これを境にハシケン、道産子古谷、秋親、根本朋久と
出てくるピッチャーがつぎつぎとつかまり突き放されて大敗。

あすが一応今季最後の札幌ドーム(クライマックスシリーズがどんな組み合わせに
なるのかわからんが)西村監督いわく「明日は総力戦でいきます。投手は特に」
あさってのフレッシュオールスターに出場するY-岡田。どうやって長崎に移動すんの?
新千歳空港から羽田乗り継ぎで5時間以上かかるうえ、長崎空港から
長崎・ビッグNスタジアムがある長崎市内まで時間がかかるし。

明日の予告先発 マリーンズ:吉見祐治
            ファイターズ:八木智哉
GAORA 17:45~,翌日5:00~(解説・光山英和)
北海道テレビ 朝まで!イチオシファイターズ 翌日3:40~5:00
HBCラジオ(1287)17:57~(解説・岩本勉)
STVラジオ(1440)17:57~(解説・白井一幸)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズ参加2周年を迎えました。ひと押しお願いします!

|

« 井口2打点!中継ぎ陣も好リリーフ! | トップページ | 俊介サプライズリリーフで9連戦勝ち越し! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/48928416

この記事へのトラックバック一覧です: サブロー100号本塁打達成も・・・:

» 一から出直し [オリオン村]
鎮守のための神社建立どころか鬼が大挙してやってきたことで、見習い陰陽師の大嶺はあっさりと食われてしまいました。この9連戦は4勝5敗で御の字だと考えていましたので辛うじてノルマは果たしているのですが、このままの負け越しではどうにも寝覚めが悪いので、ここは何とか最終戦に勝利をして気分良くオールスター休みに入りたいものです。 大嶺は一から出直し、もうそれしかないと思います。どれだけ打たれても先発で使い続けるべきだと考えていましたが、今日のピッチングフォームを見て考えが変わりました。昨年まで苦労をして作り... [続きを読む]

受信: 2010/07/20 23:59

» 里崎は日々何を学んでいるのか? ファイターズ12−6マリーンズ [BaseBall Journey]
ひっどい試合でしたね。 もちろんこの滅茶苦茶な試合を作ったのは大嶺に大きな責任があるのは否定しませんが、大嶺がいつまでたっても同じ事の繰り返しなら里崎のリードもいつまでたっても同じ事の繰り返しです。 前々から言っているようになぜストレート主体で押さないのか。なぜチェンジアップ多投で逃げるのか。 前回... [続きを読む]

受信: 2010/07/21 00:09

» 復調井口の一発で猛追も、投手陣総崩れで終わってみればダブルスコア・・・7/20ファイターズ戦結果 [PLAY THE GAME!]
前半戦最終カードとなる札幌でのファイターズ3連戦、昨日ナイスゲームでマリーンズが先勝して迎えた第2戦は、先発が大嶺祐と木田という事でバタバタした試合展開を予想していましたが、初回は両者ともヒットのランナーを一人ずつ出すものの無失点で抑える比較的静かな立ち上がり。... [続きを読む]

受信: 2010/07/21 00:22

» ファイターズvsマリーンズ14回戦 [まりなび]
5勝8敗1分 10-6 勝:木田 4勝 敗:大嶺 3勝6敗 ホームラン 福浦6号ソロ(2回・木田), サブロー12号ソロ(5回・木田), 井口8号3ラン(5回・木田) 小谷野7号3ラン(2回・大嶺), 中田1号ソロ(5回・大嶺), 金子誠5号ソロ(6回・橋本健) やはり札幌ドームは... [続きを読む]

受信: 2010/07/21 05:16

» 大嶺が毎度の大炎上で、千葉ロッテ大敗(第89-F戦/47勝40敗2分) [erabu]
○北海道日本ハムファイターズ12x-6千葉ロッテ● 札幌ドーム(18:00)ライ [続きを読む]

受信: 2010/07/21 05:26

» 40敗目だよん [こてつの部屋3]
40敗配達員、こてつです。 暑かったですねぇ~、ホントに。 そんな中、昼休み10 [続きを読む]

受信: 2010/07/21 06:13

» 0720 試合をコワしたのか、メモリアルなのか? [かもめ中心すたいる。 ~The Seagull flies in Chiba~]
 大嶺クンだから、期待しない向きも大きかったんですけどね。 6-12  特に、触れることは無いんだろうかと思う。でも、 のスタメン見てオドロいたよ。糸井,村田,ダイカン,キャッチャー・大野に飯山と中田と、東葛飾の「お友達」がポロサツに6人もいたのは、カマガヤ... [続きを読む]

受信: 2010/07/21 06:35

» ロッテ・大嶺、5回8失点背信 [続・今日も内角攻め!]
札幌ドームでの日本ハム3連戦初戦を5ー3で勝利したロッテも2戦目は、先発・大嶺が2回に福浦のソロHRで先制後、糸井、中田に連続四球を与えては、さらに1死2、3塁から大野の3ゴロを今江が本塁悪送球し、1ー1の同点とされ、なおも1死1、3塁から金子誠の遊ゴロの間に1ー2と勝ち越しを許すと、さらには田中に二塁内野安打、村田に左前打を許して2死満塁に。 続く稲葉の中前適時打で1ー4に。 さらには2死1、3塁から小谷野に3ランを浴びて1ー7と一挙7点を奪われて逆転。 しかし、ロッテも5回表にサブロー... [続きを読む]

受信: 2010/07/21 12:12

» 《マリーンズ》大嶺の課題でしょうね [南大阪に吹くマリンの風]
スコア マリーンズ 6 - 12 ファイターズ 得点差は結果ですから・・・ ですが【間】が悪すぎます。 前回のエントリーでは、コーリーに対し『次はナイ』と書きましたが、明らかに大嶺の方が先ですね。 ワタシの感想では『メンタル』が全てでしょう。 2回裏の猛攻受けたのもキッカケは自身の四球から。 それにビビってどんどん投球時のヒジが下がってきます。 恐らく『低めに制球』って想いが本人の気付かない内にあんな恰好になったと推測しますがね。 今江のエラーがあったにせよ、あんだけリズムなく投げられ... [続きを読む]

受信: 2010/07/21 12:53

» 途中までいちおう試合らしくはなったんだけど(20100720vsF) [ライトヒッティングな生活]
でも結局、やられ放題… [続きを読む]

受信: 2010/07/21 14:45

» 【千葉ロッテ】 仏の顔も三度まで [おたっきーの好きな言葉は「前へ」です]
一時は1点差に詰め寄ったのですが、 名の通り一瞬の出来事で、 その直後の中田にプロ初ホームランを許すなど、 以降、登板した投手が軒並み炎上で結局大敗しました。 初ホームランをプレゼントしてしまう、 わがチームの優しさは相変わらずで、 巨人の加治前に初打席サヨナラホームランを献上したときも そうでしたが、よりによって中田とは。。 そんなことはおいておきながら、 とにもかくにも大嶺です。前回の140球を投げての中5日。 疲労という部分は図りかねますが、 それにしてもあまりにもひどいものでした。 無... [続きを読む]

受信: 2010/07/22 18:02

» 7/20、【F-M】14 中田選手、ついにプロ初ホームラン! 大激戦の乱打戦を制する! [やっさん日記]
今日の試合は自分自身、今季3試合目となる生観戦。 この試合の先発は、北海道日本ハムが木田投手。千葉ロッテが大嶺投手。 【1回表】 まず木田投手の立ち上がりは、西岡選手をショートゴロ、今江選手をセンターフライで二死とすると、井口選手にはレフト前にヒットされるも、ここは続く金選手を空振り三振で仕留め、まずは初回を無失点で終わらせた。 【1回裏】 初回の攻撃は、先頭の田中選手の二遊間を..... [続きを読む]

受信: 2010/07/24 00:44

« 井口2打点!中継ぎ陣も好リリーフ! | トップページ | 俊介サプライズリリーフで9連戦勝ち越し! »