« 唐川先輩、やりましたよ!成田高・夏の甲子園出場 | トップページ | 7月26日現在の一軍登録メンバー »

2010/07/25

唐川&荻野貴司の復帰メドは?オールスターブレイク間ミニニュース

ロッテ・唐川、29日に2軍戦で実戦復帰(サンケイスポーツ)
右手中指骨折のため2軍でリハビリ中のロッテ・唐川が、29日のイースタン・リーグ日本ハム戦(成田)で実戦復帰する。現在は捕手を座らせブルペン投球を行うまでに回復しており「地元の成田で投げるので、恥ずかしい投球はできない」と22日、意気込みを見せた。また右ひざ外側半月板損傷のD1位・荻野貴(トヨタ自動車)も、23日からランニングを再開する。
リハビリ中の荻野が走り出した(日刊スポーツ)
右ひざ負傷でリハビリを続けているロッテ荻野貴司外野手が23日、2軍本拠地の浦和球場でジョギングを開始した。午前中に約20分間、ゆっくりと両翼のポール間を往復。その後、キャッチボールなど約1時間半の練習メニューで汗を流した。復帰のメドはまだ立っていないが「徐々に回復してきている感じです。早く戻りたいけど、自分の足と相談しながらですね」と笑顔で話した。
荻野貴、ランニング再開も…指揮官「8月は厳しい」(スポーツニッポン)
右ひざ外側半月板損傷で離脱中のロッテのドラフト1位・荻野貴がロッテ浦和でランニングを再開した。
開幕ダッシュの立役者だったルーキーは5月26日に手術。ようやく患部の腫れが引いてランニングにゴーサインが出た。約20分間、軽く力を入れた程度でゆっくり走った荻野貴は「徐々に回復してきているなという感じ。腫れは少し残っているけど、走っても痛みはない」と安どの表情。キャッチボールやティー打撃は連日行っているが、西村監督は「8月いっぱいは厳しいかもしれない」との見解を示している。
代表強化試合11月開催NO 選手会「困難」(スポーツ報知)
労組・日本プロ野球選手会(会長=阪神・新井貴浩)の臨時大会が23日、福岡市内のホテルで行われ、NPB側から提案を受けていたMLB選抜との日本代表強化試合について、今年11月の開催は困難という結論を出した。過密日程が主な理由。来年以降の開催に向けた話し合いについては、応じる姿勢を示した。
選手会の松原事務局長は「若い選手には出たいという選手もいる。構造的な問題。3月から開幕して、11月に日本シリーズ、日韓シリーズをやって、そういう厳しい中でちょっと無理だなと。日程的に、今は難しいという結論」と説明した。
会議の中では、年金問題について多くの時間を割いた。来年2月のキャンプの時期には方向性を出したい考えだ。FA問題については「一律在籍7年」などを要求する交渉方針を確認した。
また、野球振興活動の一環としてスリランカ野球の応援活動を行うことを決定。古くなった野球道具を集めて送付するなどの活動を展開していく。宮崎の口蹄疫被害についても、早ければ8月下旬に選手会でチャリティーオークションを行い、義援金を送ることを決めた。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズ参加2周年を迎えました。ひと押しお願いします!

|

« 唐川先輩、やりましたよ!成田高・夏の甲子園出場 | トップページ | 7月26日現在の一軍登録メンバー »

コメント

こんにちは。
まずはにほんブログ村参加2周年、おめでとうございます。
唐川選手、荻野貴選手のニュースが流れてくるということはとてもうれしいことです。2人の姿をマリンで見るのが待ち遠しいです。これからも、いつまでも活躍して欲しいので、あせらないでしっかり治してきて欲しいですね。

投稿: まりんずちゃん | 2010/07/25 22:35

>まりんずちゃん さん
今晩は。

>まずはにほんブログ村参加2周年、おめでとうございます。

わたくしのブログ自身ももうすぐ開設5年半で、
130万アクセス目前ですので励みになります。
唐川投手にとっても、荻野貴司選手にとっても、
復活まで目前に迫っているだけに、
夏場の最後の追い込みへ向けて、
あせらず治してほしいものです。

投稿: マリンライナー | 2010/07/25 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/48971386

この記事へのトラックバック一覧です: 唐川&荻野貴司の復帰メドは?オールスターブレイク間ミニニュース:

» 成田、20年ぶりの出場 中川1安打完封 [続・今日も内角攻め!]
第92回全国高校野球選手権千葉大会は25日、千葉マリンスタジアムで決勝戦が行われ、成田が1ー0で東海大望洋を破り、1990年以来20年ぶり7度目の夏の甲子園出場を決めた。春の選抜を含めると、2007年以来の甲子園。成田は主戦の中川が東海大望洋の強力打線を1安打に完封、6回、金子の適時打で奪った1点が決勝点となった。 試合は、成田・中川、東海大望洋・長友の両エースによる緊迫した投手戦が展開され、成田は2〜5回まで走者を出しながらもバント失敗などで好機をつぶしたが、6回裏に中川の内野安打を足掛かり... [続きを読む]

受信: 2010/07/26 13:17

« 唐川先輩、やりましたよ!成田高・夏の甲子園出場 | トップページ | 7月26日現在の一軍登録メンバー »