« 今宵の東京ドームは、井口ひとり舞台! | トップページ | 奇跡の追い上げも及ばず・・・ »

2010/08/18

成田ベスト4!あるぞ!中川vs一二三対決の可能性も!

成田   301000110 6
関東一 000010020 5
【成】中川―近藤
【関】井手、白井―本間
観衆 25000人
20100818102
成田が、関東一・井手の不安定な立ち上がりを攻め、主導権を握った。1回1死から、安打と2四死球で満塁とし、高橋の一ゴロの間に1点。続く木村が甘い球を逃さず、右中間を破る2点適時三塁打を放った。3回途中から登板した関東一のエース白井も攻略し、終盤に2本の適時打で突き放した。先発の中川は、伸びのある直球とスライダーを制球よく決めた。球威が落ちた終盤も粘り強く投げて、強打の関東一を振り切った。関東一は、5回以降安打を重ねたが、4番・宮下が好機に三振に倒れるなど、攻め切れなかった。
成田・尾島治信監督「甲子園に来て、一人一人が粘り強く、成長している。中川は北大津に続いて、強力打線をよく抑えてくれた」
関東一・米沢貴光監督「選手たちは全力を出し切ってくれたから後悔はない。(成田の)中川君の気迫とピンチどころの力を感じた」
先制鮮やか 成田4強
成田の右腕、中川が待っていた場面は3点リードをもらってすぐ、1回に訪れた。2死二塁。「対戦が楽しみ」と話していた関東一の4番宮下を迎えた。甲子園でここまで2本塁打。敗れた6月末の練習試合では二塁打2本を打たれているという。
フルカウントから6球目。「まっすぐで勝負したい」と言っていたように外角低めいっぱいに力を込めて直球を投じた。見逃し三振。グラブをポンとたたいて喜んだ。
前日からの連投となった。1回のようにギアを入れる場面と、スライダーを多投しながらかわすところ、とメリハリをつけた。それに「間が空くと調整の仕方が分からなくなる」と言うように、元々、連投に自信を持つ。千葉大会決勝も準決勝から連投となったが、被安打1で完封勝ち。普段から100グラム重いボールを使った投げ込みをして、スタミナ強化を図った成果だ。
3試合で30得点の関東一打線を3点に抑え、4試合連続の完投勝ち。「中川でいくときは中川と心中する」とまで言い切る尾島監督の信頼に応え続けるエースは、両手を突き上げて4強入りを喜んだ。(岡田健)
(画像ともにアサヒコムより)
最近では04年に松本啓二朗&井上雄介擁する千葉経大附がベスト4。
00年に浜名翔擁する東海大浦安、92年に立川隆史がいた拓大紅陵が決勝進出。
いずれも涙を呑んだだけに、74年の銚子商・67,75年の習志野の全国制覇が
偉大に感じられる。昔は、センバツもそうだったが準々決勝4試合を一日でやっていたのが
今は2試合ずつに分割しておこなわれるようになっただけに、エース中川諒にとってみれば、きょう投げてあさってしあさって連投という日程がかえってよかったのかもしれない。
10安打8奪三振3失点の内容も強打の関東一打線のことを考えれば、粘投が実った
のではないかと。「肩とスタミナには自信がある。だから、連投は得意なんですよ」
あさっての第2試合で、あす第1試合東海大相模九州学院の勝者と対戦する。

東海大相模には、力量では中川を圧倒的に上回る一二三(ひふみ)慎太がいるだけに、
中川vs一二三という世紀の対決に持ち込みたいところだ。相手にとって不足なし!
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 今宵の東京ドームは、井口ひとり舞台! | トップページ | 奇跡の追い上げも及ばず・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成田ベスト4!あるぞ!中川vs一二三対決の可能性も!:

» 成田と興南がベスト4進出 [FREE TIME]
夏の甲子園も準々決勝に突入。 甲子園で戦える高校も、残り3校に絞られました。 [続きを読む]

受信: 2010/08/18 22:54

» 成田58年ぶりベスト4 [続・今日も内角攻め!]
夏の全国高校野球大会は12日目の18日、準々決勝2試合が行われ、関東対決となった第1試合は、成田(千葉)が関東一(東東京)を6ー3で下し、58年ぶりのベスト4に進出した。 試合は、1回表に成田は、関東一先発の井手投手の立ち上がりを攻めて3点のリードを奪うと、3回には勝田の犠飛で4ー0に。 関東一は、5回裏に1点返しが、成田は、7、8回と1点ずつ加点。 関東一は、8回裏に2点返し、3ー6と2点差に迫ったが、9回裏に2死2塁から山下の右翼フェンスへの大飛球が右翼・勝田のグラブに収められゲームセ... [続きを読む]

受信: 2010/08/19 12:54

« 今宵の東京ドームは、井口ひとり舞台! | トップページ | 奇跡の追い上げも及ばず・・・ »