« 「プロ野球ニュース2010」「野球好きニュース」あなたはどちらを選びますか? | トップページ | 成瀬11勝、西岡約3ヶ月ぶりのアーチ含め3安打! »

2010/09/02

夏場はデーゲームより薄暮試合を!

酷暑デーゲーム 選手会再考要望(スポーツニッポン)
労働組合・日本プロ野球選手会の松原徹事務局長が1日、東京・内幸町の日本野球機構(NPB)の事務局を訪れ、NPBの井原敦事務局次長と意見交換。
松原事務局長は今夏の猛暑を受けて選手から「夏場の屋外のデーゲームは厳しい」という声が上がっていることを伝え、来季以降の日程の再考を求めた。気象庁も「歴史的酷暑」と位置付けた今夏、7月に屋外の本拠地球場で行われたデーゲームは横浜、神宮、マツダ、千葉マリン、Kスタ宮城で計14試合。空調のない西武ドームでも2試合が行われた。6日の実行委員会へ向けて提案した松原事務局長は「デーゲーム自体は大切にしたいが、7、8月は厳しい。ファンも大変」と話した。
屋外はナイターで、選手会酷暑対応を要望(日刊スポーツ)
日本プロ野球選手会の松原徹事務局長は1日、都内の日本野球機構(NPB)を訪れ、真夏の屋外球場での試合時間の再考を要望した。酷暑の今夏、選手、関係者から、屋外球場のデーゲームをナイターに変更してほしいという声が上がっているという。松原事務局長は「日本の気候が変わってきていることもある」と話した。
近年は集客を目的として本拠地球場が屋外の球団でも、7月にデーゲームを組む傾向にある。松原事務局長は「日曜日のデーゲームは大切にしたいが、体調面を考えたら15時開始とか。各球団は、対応を考えてほしい」と話した。試合時間は主催球団が決めることになっており、6日の12球団実行委員会で話し合われる。
記録的猛暑に…屋外デーゲーム体調配慮を要望(スポーツ報知)
日本プロ野球選手会の松原徹事務局長は1日、日本野球機構(NPB)を訪れ、夏場の屋外球場でのデーゲームについて、選手や観客の体調面に配慮するよう要望した。
記録的猛暑に襲われた今年も、7,8月に西武ドームを含めた屋外球場で行われたデーゲームは19試合。帯広、旭川など地方デーゲームも5試合あったが、7月17,18日の横浜vs巨人戦(横浜)など、気温30度を越える中で試合が行われたケースもあった。
松原事務局長は「デーゲームを大事にしたいが、対応を考えないと。お客さんも大変そうだったという声もあった。ナイター明けで睡眠不足だと、危ないこともある」と説明。来季の日程作成を前に、配慮を求めた。
酷暑に選手会悲鳴!「デーゲームは球児に」と異例の要望提出
「酷暑の中のデーゲームは夏の甲子園大会にお任せしたい!」。労組・日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)が、日本プロ野球組織(NPB)に異例の要望を出した。
1日、労組・日本プロ野球選手会の松原事務局長がNPB側に対し、「来季から7月、8月の2カ月間はデーゲームをやめてほしい」とお願い。こう続けた。「日曜日のデーゲームはファンのためであることはよく理解しています。ただ空調のあるドーム球場はいいとしても、この暑さの中、野外の球場のデーゲームは選手も大変だし、見るお客さんも同じでしょう。早めに要望しておかないと来年のスケジュールが決まってしまうのでね」
記録的な猛暑、酷暑は今年だけの例外では片づけられない。選手会は早手回しの異例の要望を出したのだ。「夏の暑さの中のデーゲームは甲子園大会にお任せします」と、松原事務局長は甲子園球児に脱帽する一方で、現場の選手の悲鳴を受けての夏場の野外球場デーゲーム中止のお願いだ。
が、12球団側にとって、ファンが時間を気にせず最後まで試合を楽しめる土日のデーゲームは家族連れも多く、観客動員の目玉。本来ならひとモメあってもおかしくないが、選手の肉体的な問題だけではない。高い入場料を払って球場に足を運ぶファンの健康問題を取り上げられれば、12球団ともに選手会の要望を受け入れざるを得ないだろう。
選手の悲鳴だけなら、「高校生がプレーできてプロができないわけがない。甘えるな」と一喝できるが、そうはいかない。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)
P9040702
P9040704_2
(画像は9月4日 千葉マリンスタジアムにて筆者撮影)

イーグルス1年目の宮城球場では杓子定規で7~8月もデーゲームなどという
無茶な日程を組んだため熱中症患者が続出し、
マリンでも7月にデーゲームがあった
時なんか筆者自身あわや熱中症になりかけたことも(実話)。
マリンやKスタ宮城でも熱中症にかからないためにも水分補給を呼びかける
アナウンスとかビジョンはありましたけどね。
せめて百歩譲って日曜のマリンとか土日の西武ドームでやってるように17時開始の
薄暮試合にしないとね。選手会は主張したければ主張すればよいだろうが、
二軍の試合も観戦する筆者としては、張本さんみたく精神論をぶちあげるつもりはないが、
「喝だ喝!そんなことをいってたら真夏の炎天下でプレーしている二軍=ファームの選手はどうなるんですか?」二軍の球場でナイター照明灯があるのは横須賀・平塚・北神戸あじさいスタジアムくらいなもので、ナゴヤ球場は照明灯が撤去されたのでもうナイターはできないものの、来季ジャイアンツ球場にナイター照明灯を設置する話が出ているとか。
飼い殺しで若手選手の未来を奪わないためにももっと実戦機会増を訴えるなど
二軍=ファームの選手に優しいのが選手会のはずなんだけどねぇ。
アルコールは水分ではないので気をつけてください。倒れないように
水分一杯とって今日は早く寝てください。by渡辺俊介

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 「プロ野球ニュース2010」「野球好きニュース」あなたはどちらを選びますか? | トップページ | 成瀬11勝、西岡約3ヶ月ぶりのアーチ含め3安打! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏場はデーゲームより薄暮試合を!:

» 審判員を募集=NPB [サッカーはエンターテインメントだ!]
日本野球機構(NPB)は8日、審判員を一般から募集すると発表した。応募資格は(1)25歳以下(2)裸眼視力1.0以上(3)身長175センチ以上で審判経験の有無は問わない。書類審査通過者を対象に、12月に東西で行う実技と筆記試験で採用を決める。... [続きを読む]

受信: 2010/10/08 22:07

« 「プロ野球ニュース2010」「野球好きニュース」あなたはどちらを選びますか? | トップページ | 成瀬11勝、西岡約3ヶ月ぶりのアーチ含め3安打! »