« 2010クライマックス・パ ファイナルステージ・プレビュー | トップページ | 直前情報その2!成瀬vs杉内予告先発 »

2010/10/12

直前情報!ミニニュース

ロッテ福岡上陸、逆転男・里崎先発も(日刊スポーツ)
ロッテがCSファーストステージ突破の勢いのまま王者ソフトバンクに挑む。10日に2位西武を2連勝で撃破。14日からファイナルステージが福岡ヤフードームで始まるが、西武との2連戦で4打数4安打4打点と活躍した里崎智也捕手の起用が鍵を握る。空路で福岡入りした西村徳文監督は、里崎について「(先発の)可能性はあります。途中から出場してあれだけ活躍したわけですから」と、8月4日の楽天戦以来となる先発復帰を示唆した。
西武戦で2戦とも土壇場の9回に同点打を放った勝負強さは、相手にとっても驚異だ。プレーオフ、CSでパ・リーグ最多6本塁打で打率は3割4分。ポストシーズン男の復活で、マリンガン打線にさらに厚みが増した。05年のプレーオフ第2ステージ最終戦(福岡ヤフードーム)では馬原から決勝打を放つなど、心強いデータもある。
14日までの2日間は福岡ヤフードームで全体練習が行われるが、その間に完治していない背筋痛の回復も見込める。西村監督は「(背中の)今日の状態も悪くないようだし、大丈夫でしょう。痛いそぶりも見せていないし、チームのためにやってくれると思います」と、大黒柱の勢いで一気に王者を蹴散らすつもりだ。
ソフトB投手陣が好相性のロッテ警戒
ソフトバンク投手陣が「好相性」のロッテを警戒した。12日は福岡ヤフードームで杉内、和田、ホールトン、大隣の先発投手4人が練習を行った。今季、西武とは対戦成績10勝14敗、防御率4・76と苦しめられたのに対し、ロッテには15勝9敗、防御率3・30と相性が良かった。だが、高山投手コーチは「ロッテならくみしやすしという気持ちがあると、足元をすくわれる。ウチは挑戦者として戦っていく」と引き締めた。
今季ロッテ戦で3勝無敗、防御率1・13と鉄壁を誇った和田も「相性とかあるけど、僕はあまり考えたことない。1戦1戦切り替えてるんで。やるべきことをやるだけ」と意に介さなかった。
エースだから…ロッテ、第1戦は中4日でも成瀬(スポーツニッポン)
ソフトバンクとのCSファイナルS(ヤフードーム)でロッテ・成瀬がフル回転する。この日、空路福岡入りした西村監督は「エースですから頭(初戦)にいくのは妥当でしょう」ときっぱり。9日の西武とのファーストS初戦(西武ドーム)で8回途中2失点、118球の力投を見せたばかりだが、中4日で14日の第1戦に起用する考えを示した。
ファイナルSが19日の最終第6戦までもつれ込めば、再び中4日で先発できる。指揮官は「相手に1勝のアドバンテージがあるし、目の前の1試合を全力で勝たないと」と一戦必勝を宣言。中4日での先発は初体験となる成瀬も「期待されているのはうれしいこと。(体の)張りはいつもよりあるけど、早く投げたい」。エース左腕が史上初のシーズン3位からの日本シリーズ出場をつかみ取る。
アレアレ…馬原、新人に打たれて3失点
ソフトバンクの守護神・馬原がフェニックス・リーグのヤクルト戦(西都)に調整登板したが、6回2死満塁からルーキー荒木に3点適時三塁打を浴びた。
「久々だったので気持ちが入らないところもありました」。地方球場で軟らかいマウンド状態も影響したが、先頭の衣川に簡単に四球を与えるなど、1回3安打1四球で3失点と不安の残る内容。シーズン最終盤も5試合は2敗2セーブ、防御率6・75と不安定だった。14日からのCSファイナルS・ロッテ戦(ヤフードーム)までに再調整が急務だ。
成瀬討ちは任せろ!多村、好調3安打
ヤクルト戦に5番・右翼で先発したソフトバンク・多村が左腕・中沢から左越えソロを放つなど3安打1打点。
「まだ、少し、ずれがある。練習しながら合わせていくしかない」と満足感はないが、偵察したロッテ・八島スコアラーは「3割2分を超える打者。簡単にはいきません。どう、抑えるかが課題」と警戒レベルを高めた。
横浜高の後輩でもある相手エース成瀬にも今季15打数6安打、3本塁打と相性がいい。多村のバットがCS突破の鍵を握りそうだ。
5戦目に大嶺!勝負師・西村監督の次なる一手(スポーツ報知)
勝負師の次なる一手は大嶺だ。ロッテ・西村徳文監督が11日、大嶺祐太投手をCS最終Sの“秘密兵器”に指名した。今季3勝(6敗)中、2勝をソフトバンク戦で挙げた微妙な相性に注目し大胆な用兵で、3位チームとしては初の日本シリーズ出場を狙う。
前日(10日)の西武との第1S第2戦では第1戦で炎上した内を延長10回1死一、二塁から起用。狙い通りの併殺で大ピンチを脱した。「選手を信頼する」ことが信条の勝負師は、次なるステージでは、今季伸び悩んだ右腕に先発マウンドを託す。
大嶺は4月7日のソフトバンク(ヤフーD)では4安打、10奪三振で完封したが、それ以降は1軍と2軍を行ったり来たり。シーズン終盤の9月24日に合流し、ロングリリーフ要員で待機したが出番はなく、第1Sではベンチ入りすらなかった。
それでも指揮官は「大嶺? 先発の数を考えたら、当然投げることはあるでしょう」と言い切った。14日からの先発は成瀬、ペン、マーフィー、渡辺俊の順が濃厚。22歳が登板するのは、日本シリーズ出場をかけた大一番となる可能性もある18日の第5戦が有力だ。
この日、チームは空路で福岡入り。12日から練習を再開する。「あしたから練習を見て、じっくり考えますよ」。今季9勝15敗と負け越したソフトバンクに雪辱するため、攻めの采配を貫く。
---------------------------------------------------------
クライマックス・パ ファイナルステージ ラジオ&テレビ中継情報!!
JSportsESPN,NHKBS1,文化放送RKBラジオKBCラジオは全試合中継。
NHKラジオ第1は第1~2戦は九州のみ。第3戦以降は全国放送。
TBSラジオニッポン放送は第1,2,6戦のみ。TOKYO MXは第1,5戦のみ。
(第3~5戦がクライマックスシリーズ・セ ファーストステージ第1~3戦と重複する為)
福岡ローカル地上波テレビ中継は第1戦はRKBテレビ,第2,5戦はテレビ西日本、
第3戦はKBCテレビ、第4戦は福岡放送、第6戦はTVQ九州放送。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« 2010クライマックス・パ ファイナルステージ・プレビュー | トップページ | 直前情報その2!成瀬vs杉内予告先発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/49723314

この記事へのトラックバック一覧です: 直前情報!ミニニュース:

« 2010クライマックス・パ ファイナルステージ・プレビュー | トップページ | 直前情報その2!成瀬vs杉内予告先発 »