« 契約更改&11/16ミニニュース | トップページ | 西岡剛のメジャーOKには秘話があった!? »

2010/11/16

西岡剛ポスティングでメジャー 球団がOKサイン出す!

ロッテ、西岡のポスティング容認=入札額問わず移籍へ(時事通信)
ロッテの瀬戸山隆三球団社長は16日、千葉マリンスタジアムで記者会見し、米大リーグ移籍を目指す西岡剛内野手に対して、「長年の夢をかなえてあげたい。最高のご褒美」と語り、ポスティングシステム(入札制度)利用を容認することを表明した。ロッテからのポスティングは初めてとなる。
西岡は、海外フリーエージェント(FA)権を取得するのが早くても2013年シーズン中になることもあり、日本シリーズ終了後の10日に、「若いときに挑戦したい」とポスティングの利用を球団に直訴。球団は慰留したが、西岡の意思は固く、重光武雄オーナーも了承した。球団は17日にも申請手続きを行い、入札額の多寡にかかわらず、移籍を認める方針。
西岡はプロ8年目。今季は打率3割4分6厘で初の首位打者に輝き、パ・リーグではイチロー(現マリナーズ)以来の200安打(206安打)を放ち、日本一に貢献した。
西岡「本当に感謝」 米大リーグ移籍へ前進に(共同通信)
プロ野球ロッテの西岡剛内野手は16日、球団がポスティングシステム(入札制度)での米大リーグ移籍を容認したことを受け、「皆さまに夢への思いを理解していただき、本当に感謝しています」とコメントした。
球団は17日に入札申請の手続きを行う方針を示しており、子どものころからあこがれていたという大リーグ移籍へ大きく前進した。西岡は「今後どうなっていくかは、きょうの時点では分からない。ただ、夢に向かう第一歩を踏み出すことにはなったと思うので、経過をわくわくした気持ちで待ちたい」と心境を語った。
---------------------------------------------------------
「皆さまには私の夢への思いを理解して頂き、本当に感謝しています。今後、どのようになっていくかは正直、きょうの時点では分かりません。ただ夢に向かう第一歩を踏み出すことになったと思うので、これからの経過をワクワクした気持ちで待ちたいと思います。改めてこの場を借りて、私の個人的な夢への挑戦をご理解頂いた関係者の皆さまに感謝をしたいと思います」
…。絶句…。
当ブログでは西岡剛のポスティングでメジャー行きに一貫して反対してきましたが、
理由として、
1.同じショート(遊撃手)中島裕之のポスティングでメジャー行きを
西武球団が認めなかったのに、剛のそれを認めたロッテ球団の論理的矛盾
2.剛の後継者のメドは立っているのか?

ナカジは後藤オーナーがポスティングに否定的な見解を述べたことから、
「(チーム残留は)球団として決定した。最後は球団の判断」。
意思は固かったはずのナカジもこれに屈服するかたちで残留せざるを得なかったのに、
伊良部騒動の二の舞は避けたいとばかりに簡単にOKサインを出したのは納得できない。
もしかして、松井稼頭央獲りを考えてるんじゃないだろうか!?
スポニチに「林昌勇 ヤクルト退団確実に ロッテが調査に乗り出す」と出たように、
マスコミは推測でものを書くことが仕事である以上、突如として、
「ロッテ 西岡の穴埋めに松井稼獲得に乗り出す」などという記事が出てもおかしくない
のだし、anan根元俊一とか細谷・高口に剛の代役が務まるとはおもえないが…。
現に一部スポーツ紙が「ドジャースと相思相愛」「日本一から世界一のジャイアンツへ」
「ジャイアンツ、ドジャースに加え、パドレス、ダイヤモンドバックスも。西海岸で西岡争奪
戦」などと争奪戦報道が騒がしい一方で、バレンタイン前監督が解説者を務める
米スポーツ専門局ESPNは「西岡は92マイル(約148キロ)より速い球は苦手だし、遊撃
を守るのは厳しい」「イチローのようなスイングをするが、スピードはイチローほどではない」
という見方も。井口といい岩村といい夢破れて舞い戻ったのも納得できるし、大塚晶則の
1度目の時とか三井浩二とかのように落札球団なしに終わる可能性もあるのだ。
石川運営本部長の「まだ覆して欲しい」発言はこのことをいうのだろう。
ダルビッシュの残留決断を報じる10月20日付けのスポーツ報知は、
楢崎豊記者の署名入りで、
-----------------------------------------
―引用はじめ―
米球団に多額のリスク…制度見直し必要
大リーグ関係者やスカウトの間では近い将来、ポスティングシステムは消滅すると言われている。米メディアの間でも、早急に議論しなくてはならない問題とされている。実力が未知数な選手を獲得するため、多額の入札金が必要とされるこの制度は、米球団にとってリスクが多すぎる。松坂、井川がこの制度で移籍した06年11月以降、米球団はポスティングに懐疑的になっている。
複数の球団がダルビッシュを高く評価していたのは事実。入札の準備を整えていた球団もあった。一方で、あるメジャー球団のスカウトは「(ダルビッシュの)実力は認めるし、報告書も作った。だが、ポスティング制度では私の球団は手を挙げない」と明言した。球団によっては、この制度で選手の獲得はしないという方針を固めているところもある。未知数の選手に数十億という入札金を使うならば、メジャーで実績のあるFA選手と複数年契約を結んだ方がいい、という考えだ。
ポスティング移籍をする日本人選手に対するメジャー側の目は、年々厳しくなっている。今後この制度が存続しても、獲得球団がなくては全く意味を持たない。この制度をなくすのか、新たな道を探るのか。日米間での答えを見つけ出さなくてはならない。
―引用終わり―
-----------------------------------------
名より実を取るといいますか、幻想より現実ですよ!
もし、万が一、岩隈のように落札球団が出たとしよう。
百歩譲って条件として、移籍金はイチローの時にオリックスがやったように、
赤字補てんのためだけにロッテの懐に入れるのではなく、松坂大輔のように、
「ファンのために使う。(ファンに)分かる形で報告したい」と落札額の使途を明確にすることだ。今オフにおこなわれるマリンスタジアム人工芝の張り替え費用に充当するなど観戦環境の改善ならなおよいのだし、石川運営本部長いわく
「ここで育った選手。帰って来てほしい」瀬戸山球団社長
「2、3年やって、一回り大きくなって戻ってきてもらいたい」というが如く
夢破れて舞い戻るのなら薮田神のようにマリーンズ復帰を最優先すべきだろう。
だから、敢えてさよならとはいわない。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« 契約更改&11/16ミニニュース | トップページ | 西岡剛のメジャーOKには秘話があった!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/50050172

この記事へのトラックバック一覧です: 西岡剛ポスティングでメジャー 球団がOKサイン出す!:

» ありがとう西岡剛 [TEAM7~絶対西岡主義!~千葉ロッテ西岡剛応援計画 <先憂後楽>]
我らがツヨシが メジャー挑戦 確定です!!! 自分から述べる のはこの前書いた とおり、どこへ 行っても応援 し続けると いうことだけです。 まだ、パレードとか ありますが、ひとまず ありがとう そう伝えたい。 やるからには ビックになって また千葉に 帰ってきてほしい。 そう願っています。 このブログは 2011年1月 31日を持ちまして 休止します。 西岡剛が背番号7 を付け 千葉マリンに 戻ってくる その日まで... [続きを読む]

受信: 2010/11/17 00:25

« 契約更改&11/16ミニニュース | トップページ | 西岡剛のメジャーOKには秘話があった!? »