« コバヒロがFA宣言へ/12球団合同トライアウト | トップページ | 三井ゴールデングラブ賞 剛が受賞/コバヒロFA宣言 »

2010/11/10

西岡剛 来季以降もマリーンズに居てくれ!

西岡、米移籍を申し入れ 「夢をかなえたい」(共同通信)
プロ野球ロッテの西岡剛内野手が10日、今オフにポスティングシステム(入札制度)を利用しての米大リーグ移籍を球団に申し入れた。西岡は「わがままかもしれないが、個人の夢をかなえさせてください、とお願いした」と話した。
西岡は今季、主将としてチームを引っ張り、日本一に貢献した。「優勝していなかったら(来季も)同じユニホーム、と思っていた。優勝した充実感があった」と語った。海外フリーエージェント(FA)権を取得して移籍できるのは、早くて2013年オフ。「若いうちに挑戦して、日本人内野手の評価を上げたい気持ちが強い」と入札制度を希望した理由を説明した。
石川晃球団運営本部長は「かなり強い意思で話してきた。要望が来たので話を上げます」とし、今後はロッテ本社を含め、球団として意見をまとめていく。結論が出るのは、日韓クラブチャンピオンシップが行われる13日以降とした。
今季の西岡はパ・リーグではオリックス時代のイチロー(マリナーズ)以来のシーズン200安打を達成し、206安打で最多安打と首位打者のタイトルを獲得した。
ロッテ・西岡、大リーグ挑戦を直訴=ポスティング利用、球団は保留(時事通信)
ロッテの西岡剛内野手は10日、球団の石川晃運営本部長と東京都内で会談し、ポスティングシステム(入札制度)の利用による米大リーグへの挑戦を直訴した。西岡は会談後、「僕の気持ちはしっかり伝わったと思う」と語った。
西岡は、大リーグを「少年のころから追い掛けた夢」と位置づけた上で、今季ロッテが日本シリーズを制したことを契機に「わがままだけど、次は球団の夢じゃなく、個人の夢を追い掛けさせてください」と伝えたという。西岡が海外の球団にも移籍できるフリーエージェント(FA)の資格を得るのは早くても2013年シーズン中となるため、「若いときに挑戦したい」とポスティングの利用を決めた。
石川運営本部長は「はい分かりました、とは言えない。きょうかあすに上に上げる」と結論を保留。瀬戸山隆三球団社長や重光昭夫オーナー代行に相談するとしている。
西岡は今季打率3割4分6厘で初の首位打者に輝き、パ・リーグではイチロー(現マリナーズ)以来の200安打(206安打)をマークした。
西岡、大リーグへ思い「子どものころからの夢」
西岡はきっぱりとした口調で、大リーグへの思いを語った。
―ポスティングでの大リーグ挑戦を決めたのはいつか。
「日本一になるまではこういう気持ちにならなかった。その前に(一部の)報道で出たのは球団、選手、ファンに迷惑を掛けた。そういう意味では申し訳ない」
―メジャーにあこがれたのは。
「野茂さんが米国でやられていて、米国の野球はすごいなと。いつかはやってみたい。それが子どものころからの夢だった」
―球団の対応待ちになるが。
「結果がイエスであれノーであれ、(来季も)野球ができる喜びをかみしめてやっていきたい。いい返事が来れば、もちろん喜ぶ」
―希望球団は。
「ないです。FAじゃないので、選べない。メジャーでできれば、どこでもいいです。取ってくれる球団があれば、一生懸命やるだけです」
―若い年齢での挑戦となる。
「日本人が内野手で行って、大成功したことがない。もちろん、簡単じゃないのは承知の上。若いうちに挑戦して、日本人に対するイメージを覆したい」
---------------------------------------------------------
西岡剛「ポスティングでメジャー」報道に物申す!
ポスティングに異議あり!
以上のエントリーにて筆者の考えを集約しましたが、かさねていいたい。
メジャーへ行くのであれば止めはしないというのが筆者の基本的スタンスですが、
剛はそうじゃない。「子供の頃からの夢を追いかけたい」などと語ったのは、
いみじくもおととしサブローがFA宣言イコールメジャー行きで騒がれた時の大言壮語
「メジャーは挑戦する夢の舞台。男たるもの夢を追いかけたい気持ちは変わらない」
「腹は決まった。男になります。誰でも夢は持っているでしょう。夢はかなうんだよ」
とは大差ないのだし、筆者もできれば剛には1年でも長くマリーンズでプレーもらいたいと
おもうくらい余人を以って代えがたいプレーヤーだ。ライオンズの中島裕之=ナカジが
ポスティング移籍を画策するも認められなかったように、石川運営本部長自身認めない
というのが本音ではないか?井口も自身の体験談をもとに、メジャーは剛が思う通り
のほど甘くないところだからせめて海外FA権ゲットするであろう3年後まで待てと説得
すべきではないか?岩隈に対してアスレチックスが独占交渉権を獲得したそうだが、
認めたとしても、大塚晶則の1度目の時とか三井浩二とかのように落札球団なし濃厚と
筆者はみます。そうかといって伊良部なにがしの如くごり押しするとは考えがたいし。
翔太とか細谷圭、anan根元俊一あたりに剛の代役が務まるのか!?
剛のいないマリーンズなど思いつかない以上、剛にしろ、コバヒロもそうだが来季以降の
マリーンズに必要な戦力だ。剛も石川球団運営本部長も考え直してほしい。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« コバヒロがFA宣言へ/12球団合同トライアウト | トップページ | 三井ゴールデングラブ賞 剛が受賞/コバヒロFA宣言 »

コメント

FAで行くのがスジだとは思いますね
ポスティングというシステムがある以上仕方ないですが、FAは権利 ポスティングは希望ですから
断ればいいだけの話ですが腐られても困る。
荻野貴君がショートコンバートという説も流れていますが、今から始めたとしても来年完成するかどうか・・・不安ですね

投稿: S | 2010/11/11 00:06

>Sさん
今晩は。コメント返し遅くなりました。
コバヒロのようにポスティングでのメジャー行き
懇願したにもかかわらず
球団からFA権取得するまで待てと説得された経緯があって、
それだけに海外FA権取得すると待ってましたとばかりにFA宣言。
それに対し、西岡は彼が抜けた後のショートは誰がやるのか?
荻野貴司は関学大時代までショートをやっていたので
コンバート説もあり、ひょっとして、
松井稼頭央獲りに乗り出す可能性があるから、
「球団側は本人の意思を尊重して移籍を容認する方針」と出るわけで。
ナカジはダメで剛はイイという理由は成り立たないし、
あくまでも決定権は本人ではなく球団にあるわけだから、
断固NO!を貫き通してほしいものです。

投稿: マリンライナー | 2010/11/13 23:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/49991623

この記事へのトラックバック一覧です: 西岡剛 来季以降もマリーンズに居てくれ!:

» 西岡ポスティングによるメジャー挑戦へ [厩戸王子の独り言]
ロッテ・西岡、昨オフにメジャー“手形” 西岡の移籍に“密約”があった。  この日、日韓クラブチャンピオンシップのため東京ドームを訪れた瀬戸山隆三球団社長によると、昨オフの契約更改の席などで西岡が「キャプテンとしてチームを引っ張ってチームにベストの結果を残し、個人の成績も良かったら、長年の夢をよろしくお願いします」と懇願。  これに対し球団は「約束をほごにすることはしない」と、容認する考えを示したという。  西岡のいう“長年の夢”とは、もちろんメジャー。主将としてチームを日本一に導き、個人でもパ... [続きを読む]

受信: 2010/11/14 12:17

« コバヒロがFA宣言へ/12球団合同トライアウト | トップページ | 三井ゴールデングラブ賞 剛が受賞/コバヒロFA宣言 »