« マリン隣接地に室内練習場ができる! | トップページ | 西岡剛 ついに海を渡る! »

2010/12/15

成瀬&伊藤契約更改

成瀬は3千万増 来季の目標は最多勝(共同通信など)
ロッテの成瀬投手が15日、千葉マリンスタジアム内で契約更改交渉を行い、3千万円増の年俸1億3千万円でサインした。「充実したシーズンだった」と笑顔で話した。
今季は自身初の200投球回をクリアし、13勝を挙げた。ポストシーズンでも好投を続け、日本一の原動力となった。来季の目標に2年連続で開幕投手を務めた上で、最多勝のタイトル奪取を掲げ「自分の力で(若手を)引っ張っていきたい」とエースとしての自覚を見せた。
救援陣の一角を担った伊藤は2千万円増の5千万円プラス出来高払いで更改。1年目から3年連続で50試合以上に登板した右腕は、交渉の席で「苦しさ、メンタル面の大変さを伝えた」と中継ぎ陣の環境改善を訴えた。
ロッテの成瀬は3000万円増=来季は自分が引っ張る(時事通信)
ロッテの成瀬善久投手が15日、千葉マリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、1億3000万円でサインした。ポストシーズンは計5試合に先発し、3勝負けなしで日本一に貢献した。リーグ戦とは査定方法が異なることもあり、3000万円増にとどまったが、「リーグ戦(13勝11敗)は貯金が2つだけ。負けた試合では早い降板もあった」と査定結果に納得の表情だった。
今季は初の開幕投手を任されるなど、「内容のある1年だった」。小林宏がフリーエージェントとなりチームを離れることから、来季は投手陣のリーダーとして期待される。「自分の力で引っ張っていきたい」。背番号と同じ17勝と、最多勝を目標に掲げた。
65試合に登板した伊藤は2000万円増の5000万円でサインした。
ロッテ・伊藤“激渋”査定 エース成瀬との差に同情の声(夕刊フジ)
公式戦3位から日本一の座に成り上がったロッテの契約更改で、エースは本人もびっくりの大幅アップ。対照的に、大車輪の中継ぎ投手は意外な低評価で報道陣からも同情されるほどだった。
15日に契約更改交渉に臨んだのは、成瀬善久投手と伊藤義弘投手。
3000万円増の来季年俸1億3000万円(金額は推定、以下同)で1発サインした成瀬は、「今季は貯金が2個(13勝11敗)しかできていない。内容的にも、打たれて早い回に降板した試合が結構あった。(公式戦で)3位になった責任は自分にもある」と反省の弁を並べた。
11勝5敗で貯金6を稼いだ昨年に比べると、今季成績は地味。防御率も昨年3・28から今季3・31へと悪化した。ポストシーズンに入って5試合で3勝無敗と活躍し日本一に貢献したが、評価が難しい年だった。
一方の伊藤は、全国的な知名度は低いが、プロ1年目の2008年から3年連続50試合以上登板。今季の登板数65はパ・リーグ2位タイで、防御率3・48も上々だ。
それでも球団の提示は2000万円増の来季年俸5000万円どまり。1時間以上粘った交渉で「中継ぎ投手がシーズンを通して投げると体にどれほど負担がかかるか。結果的に登板しない試合でも、ブルペンで準備する苦しさ。特に、僕のように勝ちパターンでも負けパターンでも登板する投手のメンタル面の大変さ」を切々と訴え、出来高払いを加えることで渋々サインした。
ベテランの小林宏がFAで抜けるだけに、石川晃球団運営本部長は成瀬に対し、「来季はさらに引っ張ってほしい。ウチのエースですから、他球団のダルビッシュ(今季年俸3億3000万円)、岩隈(同3億円)、和田(来季年俸3億3000万円で更改済み)らが比較の対象になる」と絶賛。一方で伊藤については、報道陣から「倍増でもいいのでは?」との質問さえ飛んだが、「球団によって査定の仕方は違うが、ウチの方法でキチッと評価した」と突っぱねた。
支給されたボーナスの額を横目に、伊藤に同情するサラリーマン諸氏も多いだろうが…。
Gsi1012160503001p1
17 成瀬 善久 13000←10000
30 伊藤 義弘 5000←3000
(金額は推定 単位万円)
------------------------------------------
岡田 育成後輩に「下克上3カ条」(スポーツニッポン)
育成出身の岡田が後輩たちに「下克上3カ条」を示した。 日本シリーズで日本一を決める決勝打を放った岡田が勧めるのは(1)早期の支配下選手登録へ一日一日が勝負(2)あいさつ、世間話などで印象をアピールするのも大事(3)周囲に支えられて野球ができる感謝の気持ちを忘れない―の3点。今秋の育成ドラフトでは同い年でクラブチーム出身の石田ら3人が加入。「見ている人は見ている。絶対にチャンスは来る」とエールを送っていた
---------------------------------------------------------
(画像はサンスポより)この時点で未更改選手は今江、福浦。
成瀬は2年連続開幕投手、最多勝、チーム初となる沢村賞受賞、200イニング
以上登板、被本塁打を減らすなど来季の目標は山ほどあるんですがねぇ。
胴上げ投手となった伊藤は、「救援の成功率を上げてほしいということは
球団からも言われたので、そこが目標」だったが30ホールドの大台。
内竜也、新外国人?マクローリーと抑えの座を争うことになりそう。
(12/16 画像、夕刊フジの記事追加)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« マリン隣接地に室内練習場ができる! | トップページ | 西岡剛 ついに海を渡る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/50311438

この記事へのトラックバック一覧です: 成瀬&伊藤契約更改:

« マリン隣接地に室内練習場ができる! | トップページ | 西岡剛 ついに海を渡る! »