« 小林宏之にドジャースがオファー? | トップページ | 【単独TB企画】 史上最高の下剋上完成!~千葉ロッテマリーンズ2010~ »

2010/12/07

産経新聞記事蔵出し/千葉マリンネーミングライツQVCが決定的?

ロッテ日本一の勝因は「ボビー体制」からの脱却(産経新聞)
今季のプロ野球は、史上初めて3位から勝ち上がったロッテが日本一に輝いた。西村監督が掲げたチームスローガンは「和」。みんなが一つにまとまり、史上最大の下克上は完成した。日本一を決めた直後の会見。サブロー、井口、今江ら選手は口をそろえた。
「勝因は『和』です」
昨季は「怪文書」も
昨季の球団は、ばらばらだった。バレンタイン前監督の去就を巡り、フロント、選手、ファンが対立。フロントを狙った「怪文書」が出回るなど、球場外での騒動もあった。その影響もあってチームは2年連続のBクラスの5位に沈んだ。
「チームが違う方向に行ってしまった。正しい方向に持っていくため、基本は、まずはみんなで一つになることだと思った」と西村監督。選手から不満も出ていた「ボビー体制」から180度転換した。
練習量を増やし、早出練習や居残り練習を解禁。「日替わり打線」をやめて、打順を固定した。さらに、1試合100球がめどだった投手の投球制限も撤廃。登板予定のない中継ぎ陣も、試合中、ブルペンで投げ込んで肩が作れるようにもなった。犠打や盗塁など足を絡めた細かい野球も取り入れ、昨季までの淡泊な打撃がなくなった。
監督としてのキャラクターも個性が強かったバレンタイン前監督とは真逆。決して派手なことは言わず「やるのは選手」と何度も口にし、“黒子”に徹した。
開幕ダッシュに成功
チームはすぐに変わった。強力打線を武器に快進撃を続け、4月で首位に立つなど、開幕ダッシュに成功。好調なスタートを切った。しかし、5月に足でチームを引っ張っていた1年目の荻野貴が右膝を痛めて離脱。唐川や小野ら先発陣もけがで2軍落ちするなど、故障者が続出すると、懸念されていた選手層の薄さが露呈した。勢いは止まり、連敗も目立つようになった。
チーム再浮上のターニングポイントは8月5日の楽天戦だった。6連敗中。重苦しい雰囲気が漂う中、西村監督が判定を不服として審判と衝突し、退場処分を受けた。この試合は負けて7連敗となったが、普段は感情をむき出しにすることの少ない指揮官の姿はナインの心に響いた。
指揮官も動いた。翌日の試合前、選手を個別に呼んだ。「もう一回、みんなで一つになろう」。普段のミーティングでは「余計なことを言ってもこんがらがる」との思いから、自身は直接、口を開かずコーチを通じて考えを伝えている。指揮官の言葉に、大松は「監督から直接言われて重かった」と奮起した。チームはその日の試合から3連勝。どん底から抜け出した。
がけっぷちでの強さ
ロッテは、追い込まれてからの強さが目立った。負けられないシーズン最後の3試合で3連勝してクライマックスシリーズ(CS)進出を果たすと、ファーストステージではいずれも九回に同点に追いついて2連勝。ファイナルステージは、1勝3敗のがけっぷちから3連勝し、日本シリーズの切符をつかんだ。西岡は「3位のチーム。負けても失うものはない」と繰り返した。守りに入った上位チームとは違い、選手は伸び伸びとプレーしていた。
変化したのはチームだけではない。フロントも昨季とは違った。今季は、バレンタイン政権下ではあまり実施していなかったトレードなどの戦力補強を積極的に行った。金銭トレードで吉見を獲得し、7月には、先発候補としてペンを緊急補強した。ペンは日本シリーズで登板し、勝利投手となった。
「和」の浸透で勝利
心配されたファン離れもなかった。応援団は応援歌を変え、昨季のイメージを一新。オープン戦では声がそろっていなかったが、シーズンに入るころには一体感が生まれていた。チームが強かったこともあり、客足は途絶えなかった。
西村監督が「みんなで一つになって戦おう」との思いで、考えたスローガンの「和」。選手だけではなく、フロント、ファンにも浸透し、一つになってつかんだ「日本一」だった。
(神田さやか)
---------------------------------------------------------
西村監督 JSportsガンバレ日本プロ野球!?に出演!
(初回放送は11日23:30~@JSportsESPN。以後再放送多数!)
QVCは幕張新都心進出企業のひとつであり、マリーンズ戦を中継するトゥエルビでは
放送時間の大半をQVCテレビショッピング(新聞のテレビ欄では「お買物・生放送!」というタイトルで記載されており、QVC自体はスカパー!で無料視聴可能) をそのまま放送しており、マリーンズの球団事務所がWBGマリブウエスト、QVC本局スタジオがWBGマリブイーストと幕張新都心にてお隣同士なもので、QVCではかつてマリーンズグッズテレショップ番組があって、島村幸男さんが出ていたくらいなので現実的ですね。
署名活動まで展開していたゾゾタウンはさぞ落胆するでしょうな。
---------------------------------------------------------
「千葉マリン」命名権 地元のQVCジャパンと交渉(共同通信など)
千葉市は7日、プロ野球千葉ロッテマリーンズの本拠地、千葉マリンスタジアム(美浜区)の命名権を購入するスポンサー企業として、テレビショッピングを展開する地元企業のQVCジャパン(同)を交渉先に選んだと発表した。交渉がまとまれば、年内にも契約金額や期間、新しい球場名などを公表する。
同社は「契約期間は10年で『マリン』という言葉を残した球場名を提示した。地域経済の活性化に貢献したい」としている。
千葉市の熊谷俊人市長は「総合的な評価だが、金額を最も重視した。(球場名は)配慮ある提案で、ファンにも納得してもらえると期待している」と述べた。
同社は、テレビショッピングの24時間番組などを配信する米QVCと、三井物産が合弁で2000年に設立。国内では01年から放送を始めた。
市は11月、契約期間3年以上、金額は原則年間2億円以上などの条件でスポンサー企業を公募。応募した4社を対象に、地域貢献への提案なども踏まえて交渉先の選定作業を進めていた。
小野が3年総額3億円 渡辺俊は現状維持
ロッテの小野投手と渡辺俊投手が7日、契約更改交渉に臨み、小野が3年総額3億円プラス出来高払い、渡辺俊が現状維持の年俸1億4千万円プラス出来高でサインした。小野の来季年俸は500万円減の1億円。
小野は故障で戦線離脱するなど、5勝止まり。ただ、8月に1軍に復帰してからは中継ぎでフル回転した。35歳の右腕は「この年で3年契約は想像していなかった。身が引き締まる」と話した。
8勝8敗だった渡辺俊は来季から導入される統一球に触れ「強いボールが投げやすい。小さな変化が有効になる」と歓迎した。

29 小野 晋吾 10000←10500
31 渡辺 俊介 14000←14000
(金額は推定 単位万円)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« 小林宏之にドジャースがオファー? | トップページ | 【単独TB企画】 史上最高の下剋上完成!~千葉ロッテマリーンズ2010~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/50239424

この記事へのトラックバック一覧です: 産経新聞記事蔵出し/千葉マリンネーミングライツQVCが決定的?:

« 小林宏之にドジャースがオファー? | トップページ | 【単独TB企画】 史上最高の下剋上完成!~千葉ロッテマリーンズ2010~ »