« 田中将大、中田翔、菊池雄星、そして斎藤佑樹フィーバー・・・ | トップページ | 成瀬&吉見両左腕も始動! »

2011/01/17

1/17 ミニニュース

ロッテ伊志嶺 金森塾入りたい(日刊スポーツ)
ロッテのドラフト1位伊志嶺翔大外野手(東海大)が16日、金森打撃コーチへの弟子入りを志願した。ロッテ浦和球場での新人合同自主トレに参加した伊志嶺は「金森さんの理論にすごく興味がある。ぜひ聞いてみたい」と、数々の強打者を育てた敏腕コーチからの指導が解禁される2月1日を心待ちにした。
金森理論に興味を抱いたのは昨年1月、東海大で自主トレをしていたロッテ大松との会話からだった。さらに、大学日本代表として戦ったNPB選抜投手陣の投球から、ポイントを近くしないと、手元で曲がる変化球に対応できないと感じた。「だから、金森さんの理論を吸収したいんです」と真剣なまなざしで訴えた。
商売道具のバットもプロ仕様に整えた。大学で使っていたローリングス社製の900グラムのメープルのバットを同じ形のまま10グラム重い910グラムのものに変えた。「プロの球威に負けないようにするためです。出塁できる選手になりたい。それがチームのためになると思うので」と説明する。当面の目標は「開幕1軍」。今は、金森理論をじっくり身につけるための体づくりに没頭している。
右膝に「違和感」荻野貴 キャンプ2軍スタートも(スポーツニッポン)
ポスト西岡の期待がかかるロッテ2年目の荻野貴にキャンプ2軍スタートの可能性が出てきた。
昨年5月に手術した右膝の回復具合はまだ70%。この日千葉市内で行われた少年野球教室に参加し「状態は上がっているし、キャンプインに間に合わせたい」と話す一方「多少の違和感がある」とも語った。外野からの遊撃コンバートもあって首脳陣は1軍帯同を望んでいるが、右膝の状態も懸念。最終的な結論は1、2軍メンバーを振り分ける22日のスタッフ会議で決定する。
今年も日本一を 香取後援会発足、ロッテ応援7カ所目(毎日新聞・千葉版)
昨シーズン5年ぶりに日本一となったプロ野球千葉ロッテマリーンズの「香取後援会」
(高橋英敏会長)が16日、発足した。成田や鴨川、柏などに続き、香取市の有志による7カ所目の後援会。
茨城県神栖市内で開かれた発足式には宇井成一市長など約320人が出席。冒頭、高橋会長が「2年連続の日本一を目指して応援していきたい」とあいさつ。式には、松本幸大投手、唐川侑己投手、神戸拓光外野手の3人も駆けつけ、神戸外野手が「今年もチーム一丸となって千葉で胴上げできるよう頑張ります」と決意を述べた。その後、発足を記念して鏡開きが行われ、松本投手の音頭で乾杯した。【斎川瞳】
貯蓄なしが10% プロ野球若手の意識調査(共同通信など)
日本野球機構(NPB)は17日、現役の若手選手を中心に行った現役引退後のセカンドキャリアについてのアンケート結果を発表した。「貯蓄があるか」の問いに「いいえ」の回答が10%、「分からない」も19%いることが分かった。
アンケートは昨秋の教育リーグに参加した238選手(育成選手を含む、平均年齢23・9歳、平均在籍年数3・4年)に実施した。貯蓄がある、と答えた選手のうち「100万~399万円」が最多の25・8%。NPBは「引退直後に新しい道を模索していく上で必要な金額としては多くはない」と結論付けた。
72%が引退後の生活に不安を感じている、とした。「引退後に一番やってみたい仕事」の最多は高校野球の指導者で26%。いずれも昨年の調査と同じ傾向だった。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« 田中将大、中田翔、菊池雄星、そして斎藤佑樹フィーバー・・・ | トップページ | 成瀬&吉見両左腕も始動! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/50615737

この記事へのトラックバック一覧です: 1/17 ミニニュース:

« 田中将大、中田翔、菊池雄星、そして斎藤佑樹フィーバー・・・ | トップページ | 成瀬&吉見両左腕も始動! »