« 荻野貴&伊志嶺“レギュラーポジションをつかもう” | トップページ | ハンカチ世代といえば・・・大嶺祐太を忘れるな! »

2011/02/03

佑ちゃんなんか何さ!ニャルセだ俊介だ清田だ!

俊介「こわもての嫌われ者」になる(日刊スポーツ)
ロッテ渡辺俊介投手が「こわもての嫌われ者」になる。優しい顔立ちで、外見は完全にベビーフェースのイメージだが「球も遅いから安心して打席に入られている。怖さを与えることも必要でしょう」とイメチェンを宣言した。
95球を投げたキャンプ初日に続き、ブルペン入り。投手陣で1人だけ打者を立たせ、89球を投げた。1球ごとに軌道を確認。肩をつくる段階の第1クールとは思えない細かい作業を繰り返した。統一球の曲がり方をチェックする目的とともに「打者からの見え方」を感じる狙いだ。
熱心に繰り返していたのが左打者の内角を突く変化球。内から外へ逃げるように落ちるシンカーや懐をえぐるスライダーを、プレートの踏み位置やコースを変え、投げ込んだ。「今までは自分がいいと思う球を投げて、打たれていた。打者が嫌だと感じる球を投げた方がいい」。投球パターンを読まれて打ち込まれた昨季の反省が、発想の転換を生んだ。
左打席に入った金沢は、シンカーにのけぞり「プレートの一塁ギリギリに立たれた球は怖かった。えぐいです」と震え上がった。「なめられたくない」。幕張のサブマリンが内角攻めで危険な男に生まれ変わる。
成瀬、3日連続ブルペン(共同通信など)
成瀬が3日連続でブルペンに入った。「体が疲れている時に投げてみたかった」と変化球を交えて72球を投げた。
途中からは打者を立たせ、内外角の低めに投げ分けた。「3日間で内容が一番良かった。思ったより順調に来ている」と充実の表情だった。
昨季は7年目で初めてシーズン200投球回を達成した。今季の目標は背番号と同じ17勝。到達すれば自己最多となる数字を掲げたエースは「去年以上の球を投げないと。もうちょっと下半身を使わないと」と反省も忘れなかった。4日は練習休み。
西村監督は手応え十分
西村監督は第1クールを終え「しっかり選手が準備をしてきたのが見えた。いいスタートが切れた3日間だった」と手応えを感じている様子だった。
「全員を見ようと思っていた」と、ブルペンや球場を動き回った。新人の伊志嶺(東海大)に直接走塁の指導をするなど、精力的だった。荻野貴、細谷、根元の遊撃手争いについては「(候補が)3人と決まったわけじゃない。(最終的に)決まらなければ、2人になるかも」と競争心をあおっていた。
ロッテ・清田、定位置に意欲(時事通信)
中堅の定位置を狙う2年目の清田が、岡田とともに約30分間の特守を行った。顔を動かさないように、長めのバットのグリップに顎を乗せた体勢からボールを追い、腕の振りを意識するため、グラブを両手に付けてノックを受けた。
昨年の日本シリーズで本塁打を放つなど長打力をアピールしたが、新人の伊志嶺(東海大)らとの争いに気を許すことはできない。「負けたくない。走攻守全部レベルアップして、レギュラーを取りたい」と力強く話した。
Gsi1102031913001p12011020200000018jijp000
成瀬や唐川ら若い世代が台頭してもやっぱりマリーンズ先発ローテの柱は俊介。
おととしサムライジャパンメンバーに選ばれたものの、2試合1イニングずつの登板と
優勝にほとんど貢献できなかったが貴重な体験を語り継いでほしいものだ。
梨田監督 早くも開幕投手に5年連続ダルビッシュ!
マリーンズはというと、2年連続成瀬で無競争のようだが、成瀬にとってみれば
マリーンズから初の沢村賞受賞するためにも「目標は背番号と同じ17勝」は
必須条件。
キャンプイン当日の時事通信の記事で、
「エースの成瀬がブルペンで約80球投げた。『立ち投げでやめようと思ったけれど、周りがいいボールを投げていたので』と途中から捕手を座らせたが、球が抜けるなど制球を乱す場面が見られた。今季から導入された統一球に苦慮している様子で『変化球はよく曲がるが、直球はちょっとずれるだけでシュート回転する』。球の感覚をつかむまでには、もう少し時間がかかりそうだ。」
ほんとうに“飛ばないボール”になるのか?滑るとか縫い目が拡がったとかで
賛否両論!?キャンプから使用される統一球に慣れるには時間がかかりそうだ。
清田もY-岡田、伊志嶺とのセンターのレギュラーポジション争いに
勝つためにも、もうひと押し何かアピールするものがほしい。
斎藤佑樹 ついにブルペン入り!38球!梨田監督とバッテリー組む!
「審判の方もいたのでストライクゾーンを意識してチェックしました。
(アマ時代に比べ)両サイドのコーナーはちょっと狭いかなと。ボール半個分くらいです」
いつになったら名護キャンプにスコアラー派遣するの?
まずまずの調子で第1クールを終えることができ、あすはスワローズ・ドラゴンズを除く10球団がキャンプ休日だが、どこの球団でも概ねルーキーたちは観光の予定が入っていて、おととしは泡盛造りの手伝い。昨年は女装して民俗舞踊
伊志嶺・小池・コバアツのルーキートリオはどこ行く?

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« 荻野貴&伊志嶺“レギュラーポジションをつかもう” | トップページ | ハンカチ世代といえば・・・大嶺祐太を忘れるな! »

コメント

昨年は成瀬、ホームランを打たれて試合を落とすというのが多かったので、
成瀬自身は少し喜んでるんじゃないでしょうか?(笑)

俊介と成瀬2人共
2007年の頃に戻ってくれたらなぁ~と思うばかりです。

投稿: 黒猫 | 2011/02/03 23:21

>黒猫さん
今晩は。
05年頃に低反発球と称して“飛ばないボール”が
登場したことはありましたが、こっそり“飛ぶボール”が
復活したりで、今度こそ“飛ばないボール”が使われていることを
信じたいのですが。

>俊介と成瀬2人共
2007年の頃に戻ってくれたらなぁ~と思うばかりです。

そうです!あの輝いていた頃をもう一度!

投稿: マリンライナー | 2011/02/04 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/50767278

この記事へのトラックバック一覧です: 佑ちゃんなんか何さ!ニャルセだ俊介だ清田だ!:

« 荻野貴&伊志嶺“レギュラーポジションをつかもう” | トップページ | ハンカチ世代といえば・・・大嶺祐太を忘れるな! »