« 紅白戦その1 荻野貴ショート守備に不安 | トップページ | 紅白戦その2 唐川がシュート投げた! »

2011/02/17

プロアマ解禁 いちはやくマリーンズが乗り出す!

ロッテ、慶大などと対戦へ プロアマ解禁で、8月に(共同通信など)
16日に日本野球機構(NPB)所属のプロ球団が大学野球の単独チームと試合を行うことが認められたことを受け、ロッテが慶大、青学大、東洋大に対戦を申し入れることが17日、分かった。8月の開催を目指す。
3月からQVCマリンフィールドと名称変更する本拠地、千葉マリンスタジアムの日程を既に確保しており、2軍チームで臨むなど詳細を詰めた。球団幹部は「入場料は発生しなくても、千葉の野球振興に貢献するために2軍のロッテ浦和球場ではなく、多くのファンに見てもらえるマリンにした」と画期的な交流の意義を強調した。
NPBのチームが大学と試合を実施できるのは3、8月だけ。この幹部は「3月にも他の大学と試合をできないか、検討したい」と話した。
大学野球はプロと試合可能 3月と8月限定で実施
日本学生野球協会は16日、東京都内で評議員会を開き、日本学生野球憲章の改正で大幅に緩和されたプロ、アマ交流についての運用規則を承認し、3月1日から大学チームとプロの練習試合が認められた。高校は対象から外れた。
試合の実施時期は3月と8月に限定。大学の対戦相手は日本野球機構(NPB)所属チームとし、独立リーグは対象としない。観戦者から入場料を取ることは認めない。
プロ選手がオフに母校で練習する際の規則は「原則として母校の施設においてのみ練習を行う」との条文に変えて弾力的な運用を可能にした。自分の母校での練習に他校出身の別の選手を同行できる。
また、元プロ選手が高校野球の指導者になるには教諭として通算2年以上の在職が条件だったが、臨時講師の経験も教諭に準じる扱いとした。非常勤講師については通算年数に加えない。
---------------------------------------------------------
「野球は一つであるべきだと思っていた。野球が一つになり始めたことはうれしい」
(新井貴浩・日本プロ野球選手会会長)。
筆者はかねがね「日本国憲法=護憲、日本学生野球憲章=改憲」論者ですが、
奥島孝康・日本高野連会長がいうように特待生制度などを出すまでもなく
「プロとの交流について、必要という認識はわれわれにもあるが、特定の高校ばかり
利益を得る」ことを危惧するように無秩序状態ではかえって困るわけで、
一定の制約は必要ですが、毎年スカイ・Aでオンエアされているプロ野球現役選手
による高校球児向けシンポジウム「夢の向こうに」など地道な活動もよいでしょうし。
マリーンズはいちはやく育成選手制度を活用しての独立リーグからの選手獲得、
ジャイアンツとのコラボで育成選手中心のシリウスゲームをおこなうなどこの分野では
最先端を行っており、慶大は元ヘッドコーチの江藤省三監督が率い、ドラフト候補の
伊藤隼太外野手がいることと、近年青学大・東洋大からのドラフト指名もあるので、
ねぇ…。ふじきせきさん!
3チームとの、しかもマリンでの対戦になったのでしょうし、近場の大学であれば、
国際武道大、城西国際大など千葉県大学野球連盟リーグとの対戦もありうるでしょうし。
あとは日本野球機構・日本プロ野球組織(NPB),JABA日本野球連盟、
日本学生野球協会(=日本高野連、全日本大学野球連盟)などバラバラに
分かれている野球組織の一本化でしょうが、少年野球もリトルリーグ、
ボーイズリーグ、学童野球などバラバラだし、野球だけですね。
ニッポンのスポーツ団体で統括組織がないのは。
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!

|

« 紅白戦その1 荻野貴ショート守備に不安 | トップページ | 紅白戦その2 唐川がシュート投げた! »

コメント

60年以上も憲法を変えないという、
世界から見て異常な国とはどこでしょう?

投稿: マリーンズ優勝 | 2011/02/18 14:01

いつもありがとうございます♪
 
ではまずお返事を・・・“ハイ♪同感です!”
 
ちなみに慶應の伊藤選手の打撃が好きで、我が家では打撃のみ大注目してます(六大学では現時点で1番の打撃技術だと)。
 
社会人のチームが減り、東都も練習試合を申し込むのに苦戦しているようです。
ファームと言えど、プロとの試合は大変勉強になりレベルアップに繋がると楽しみにしております。

投稿: ふじきせき | 2011/02/18 14:32

>マリーンズ優勝さん
今晩は。
憲法など諸法律・諸法規はともかく、
日本学生野球憲章といい、野球協約といい、長年
抜本的改正をしてこなかったのも異常ですけどね。
戦前の野球統制令に端を発するとはいえ、
教育の一環というアマチュア野球とのあいだに
立ちはだかっていたベルリンの壁が事実上崩壊したという点では
特筆に値するとおもいます。

投稿: マリンライナー | 2011/02/19 00:24

>ふじきせきさん
今晩は。
この話題が出てきたとき、すかさずふじきせきさんを
おもいだしました。
2度にわたり大学野球選抜vsプロ若手選抜の試合が
ありましたが、
学ぶべき姿勢が感じられたというか、
ふじきせきさんもいろんな大学野球の試合を
見てこられましたが、なんといってもプロの最高の技術と
一戦相まみえるのはいいことだとおもいます。
もちろん、栄養費など越えてはいけない一線を
遵守しなくちゃいけないんですけどね。

投稿: マリンライナー | 2011/02/19 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/50900174

この記事へのトラックバック一覧です: プロアマ解禁 いちはやくマリーンズが乗り出す!:

» 515 ロッテ対慶応なんて、ワクワクしますね [まりんずちゃん2010]
今日はこのニュースでいってみましょう。スポニチからの引用です。 プロアマ解禁で…ロッテ、慶大などと対戦申し入れへ  16日に日本野球機構(NPB)所属のプロ球団が大学野球の単独チームと試合を行うことが認められたことを受け、ロッテが慶大、青学大、東洋大に対...... [続きを読む]

受信: 2011/02/18 22:18

» マリーンズ対慶大!青学大!東洋大! 〜どんどんプロアマの交流を! [BaseBall Journey]
16日、日本学生野球協会の評議員会で大学とプロの練習試合が認められました。 これについては今日エントリーを立てようかと思っていたのですが、マリーンズが先陣を切って動きを見せました。 プロアマ解禁で…ロッテ、慶大などと対戦申し入れへ(スポニチ)  16日に日本野球機構(NPB)所属のプロ球団が大学野球... [続きを読む]

受信: 2011/02/18 23:41

« 紅白戦その1 荻野貴ショート守備に不安 | トップページ | 紅白戦その2 唐川がシュート投げた! »