« 高濱卓也への期待 | トップページ | 井口同点アーチもお寒い打線は相変わらず »

2011/03/08

プロ野球における私語禁止について・・・考える

対戦相手同士の私語談笑の禁止を通達(毎日新聞)
プロ野球の実行委員会は7日付で、対戦相手同士のグラウンド内での親睦的態度について、12球団の監督、コーチ、選手と審判員に禁止を徹底するよう通達した。1日の実行委で決議されていた。通達によると、球場を開門して観客が席に座った後や、出塁した際の塁上、試合中のグラウンド内などでの私語談笑を禁止し、野球規則の厳格適用を求めている。 .
-------------------------------------------------------
…のこころだぁー(by小沢昭一の小沢昭一的こころ
理由とされる大相撲のはっぴゃくながは、携帯メールでどうのこうのだっただけに、
スパイ行為とまぎらわしいことはやめようと申し合わせたかもしれないが、
公認野球規則では以下の通り禁じられているはづ。
------------------------------------------------------
野球規則3・09 ユニフォーム着用者は、次のことが禁じられる。
(1)プレーヤーが、試合前、試合中、試合後を問わず、観衆に話しかけたり、席を同じくしたり、スタンドに座ること。
(2)監督、コーチまたはプレーヤーが、試合前、試合中を問わず、いかなるときでも観衆に話しかけたりまたは相手チームのプレーヤーと親睦的態度をとること。
【注】アマチュア野球では、次の試合に出場するプレーヤーがスタンドで観戦することを特に許す場合もある。
------------------------------------------------------
故・海老沢泰久さんの「プロ野球が殺される」の「野球は歌謡番組じゃねえんだ」から。
「昔の野球選手は無闇に他チームの選手と親しくしたりはしなかった。私生活ではどうだったのか知らないが、たとえば長嶋茂雄と村山実、王貞治と江夏豊が試合前のグラウンドでにこにこ笑いながら話をしている姿などは見たことがない。昭和40年代のセ・リーグを代表するピッチャーだった、堀内恒夫と江夏と平松政次の三人もそうだった。彼らがたがいにはげしい敵愾心を燃やしていたことは知っているが、仲よしだったなどという話はきいたこともない。だから、彼らの対決にはつねに糸をぴんと張りつめたような緊張感があり、ぼくらもたがいに敵と見さだめた者同士の死闘をそのまま信じて、息をのんで見つめた。殺伐だったかもしれないが、それが昔の野球だった。しかし、いつごろからだったか、昭和40年会だの45年会だのという同年生まれの選手同士の集まりをつくるのがはやりになってから、それが変わった。なんだ、彼らは敵同士ではないのかとわれわれが思うようになったといったほうがいいかもしれない。いまはそれらのつながりがさらに拡大し、試合前のグラウンドでこれから戦うチームの選手同士が笑ってふざけ合ったりするのはあたりまえになり、ちがうチームの選手同士が自主トレを一緒にすることさえ珍しいことではなくなった。見ていて勝負の緊張感に欠けることおびただしい。(後略)」
プレーボール前に、体育会系の習慣といいますか。高校・大学の先輩後輩にあたる監督・コーチ・選手同士であったり、対戦相手である古巣の首脳陣やチームメイトがあいさつを交わすシーンはほほえましいものがあるのでその程度は許してやっていいではないかと個人的にはおもいますが、珍プレー集でよく見られる一塁ベース上で走者と野手が私語を交わしたり談笑するシーンはいくらなんでも御法度でしょう。
闘将・星野仙一イーグルス監督もそうおっしゃっているではないか。
「一塁で相手に『ナイスバッティング』とか言うてるヤツを見ると腹が立つ。俺はピッチャーの立場やからな。『何がナイスバッティングじゃ!』って腹が立つわ。グラウンドで(敵同士が)話すのも良くない。グラウンドはリングや、戦場や!」「本当に真剣勝負をすれば、そういうのはファンにも伝わる。ガチンコは当たり前。ガチンコの中でニコニコはいけない。あいさつなんか、会釈かアイコンタクトでええんや。うちの選手にそういう指導はする」
(スポーツ報知より)
ネット上では反対意見が多いようですが、筆者は条件付き賛成です。ただし、試合時間短縮の特効薬というべき15秒ルール厳格適用とかサイン交換の簡略化、ポスティング撤廃、FA資格取得年数短縮などNPBとして他にもっとやるべきことがあるでしょう。
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 高濱卓也への期待 | トップページ | 井口同点アーチもお寒い打線は相変わらず »

コメント

初めてコメントさせていただきます。恥ずかしながらこのような規定があることを知りませんでした。私は大のロッテファンですが、同時にプロ野球のファンでありたいとも思っています。ですので「程度の問題」こそあれ、チームの垣根を越えて選手が交流している姿に違和感は覚えません。違うチーム選手との自主トレ等もただの「慣れ合い」ではなく、切磋琢磨の一環で、プロ野球全体のレベル向上につながるものであれば、積極的に取り入れるべきと思っています。 ただし、管理人様の仰る通り、試合中の相手チーム選手との私語はいただけません。確かにある国技の疑惑からこのような通達が出たのかもしれませんが、グラウンド上の「多少の私語談笑」がガチンコ勝負に水を差したりするものではないと信じています。

投稿: かんいち | 2011/03/08 17:10

>かんいちさん
今晩は。
確かにおっしゃる通りで、試合前のあいさつ程度なら許してやってもいいとおもいますが、マリンなどで生観戦していてよくみかける、一塁塁上で両チームの選手が私語談笑しているのを見て興ざめすることが多々あり、チームの機密事項漏洩してるんじゃないかと勘繰られて仕方ないですね。
だからこそ、一定の規制は必要だとおもいますね。

投稿: マリンライナー | 2011/03/08 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球における私語禁止について・・・考える:

« 高濱卓也への期待 | トップページ | 井口同点アーチもお寒い打線は相変わらず »