« 俊介に不安あり!3位で交流戦突入 | トップページ | 2011パ・セ交流戦プレビュー »

2011/05/15

週刊西岡剛VOL.6

守り、走った!リハビリ3時間…西岡、驚異的回復(スポーツニッポン)
左すねの腓骨を骨折して故障者リスト(DL)入りしているツインズの西岡が、フロリダ州リーカウンティの球団施設で3時間のリハビリを行った。
復帰後は二塁だけではなく遊撃での出場も見込まれるだけに、守備練習では遊撃の位置でノックを受け、逆シングルでゴロをさばくなど軽快な動きを披露。締めくくりのランニングでは、両翼ポール間2往復を一度も歩かず完走した。「まだ全然動けていない。(ランニングで)筋肉が張った」と話したが、リハビリを連日見守るコーチやトレーナーは「きょうの動きはとても良かった」と回復を認めた。
ロン・ガーデンハイアー監督は「まずは痛みがなくなり、健康な状態に戻す」と、あくまで完治を待つ方針。メジャー復帰は早くても5月下旬になる見込みだが、今週末には患部の精密検査を行い、回復次第では来週にもダッシュやより実戦的な練習を行う方針だ。
西岡、精密検査…OKなら5月末にもメジャー復帰
ツインズ・西岡は12日、ランニング後、室内で筋力トレーニング。午後からは病院で精密検査を受けた。
今月3日からキャンプ地で行う練習では、フリー打撃とともに守備もこなす。左足の患部を保護する特製ソックスを着用しているが、逆シングルでさばき、ノーステップで一塁に送球する動きも出ている。ただ、ダッシュをしての急停止など控えている動きもあり、今回の検査結果を受け、次のステップに進むかどうか判断される。全ての動作に不安がなくなれば、数試合のマイナー戦出場を経て、5月末か6月初旬にメジャー復帰となりそうだ。
西岡精密検査で新たな異常なし
西岡が12日に受けた精密検査の結果が分かり、新たな異常は見当たらなかった。 左すねの腓骨骨折で故障者リスト(DL)入りしているが、リック・マクウェイン球団トレーナーは「いい形で良くなってはいるが、まだ完全には治りきっていない」と説明。西岡も「ズキズキしている」と話すなど痛みが残っており、ダッシュなどのメニューを控えている。マイナーの実戦復帰は今月下旬となりそうだ。
西岡“復帰プラン”マイナーで最低10試合
左腓骨骨折で故障者リスト入りしているツインズ・西岡の今後の方針が明らかになった。
ロン・ガーデンハイアー監督が、ブルージェイズ戦前に明言。実戦復帰まで10日から2週間ぐらいかかる予想だが、調整試合に関しては「最低でも(マイナーで)10試合必要」と話した。現在リハビリ中のフロリダ州リーカウンティで数試合に出場後、傘下3Aロチェスターで最終調整を行う見通し。
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 俊介に不安あり!3位で交流戦突入 | トップページ | 2011パ・セ交流戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊西岡剛VOL.6:

« 俊介に不安あり!3位で交流戦突入 | トップページ | 2011パ・セ交流戦プレビュー »