« この男は何かを持ってる!伊志嶺翔大プロ入り初アーチ! | トップページ | 6月13日現在の一軍登録メンバー »

2011/06/13

あれから7年・・・ノーモア6.13!

8月15日の終戦記念日のごとく、毎年6月13日になりますと、
表題の発言をせずにいられないわけで。

ノーモア6,13!
いま一度、ノーモア6,13!
今年もノーモア6.13!
今年もまた、ノーモア6.13!
4たび、ノーモア6.13!
あれから5年・・・ノーモア6.13!
あれから6年・・・ノーモア6.13!

2004年6月13日。日本経済新聞の衝撃のスクープ
「近鉄、オリックスと合併へ」あれから7年。
ファン、選手会が決起しての署名活動、ストライキなどを経て、
いまおこなわれている交流戦の実施、観客動員数の実数発表などが実現した。
TBSが横浜ベイスターズを住生活グループに、日刊スポーツの飛ばし記事とはいえ、
ヤクルト本社がスワローズをサイバーエージェントにそれぞれ身売り未遂騒動が勃発。
選手会&ファンの共闘通った!パ&セ4・12同時開幕実現!で書いたが
東日本大震災による開幕時期問題でパ・リーグ4・12開幕繰り延べという決断に対し
セ・リーグは予定通り3・25開幕に固執したものの、紆余曲折のすえパ&セ4・12
同時開幕が実現したように、球界再編問題以降、何かやるにしても選手会&ファンの
顔色を窺わないことには独断専行することはできなくなったといえるのではないだろうか?
今季のNPBは、「覚悟~なぜ、あなたはここにいるのか~」「がんばろう!日本」
二本立てのスローガンで臨むこととなり、
ナイターをデーゲームに差し替えるなど観客動員減=収益減を伴っても、
「選手たちは開幕延期で厳しい日程になってもやり抜く気でいる」
「見せましょう、野球の底力を」と宣言した以上、
野球ができることを、お見せできることのよろこび、選手達も義援金を募ったり、
野球用具の寄付、避難所への慰問活動などできることをやっているのだから。
マリーンズのオープニングソング「野球があるから」にも、野球があることへの
よろこび、ありがたみがそこかしこに感じられる歌詞になっている。

お待ちかね!あの球団が阪急&近鉄復刻ユニ着用に踏み切る!
ひさびさのテギュンタイムリーなどで“甦る阪急”に勝利!

2つのエントリーでも書いたように、オリックス野球クラブの決断は、
パ・リーグファンにとって待ちわびたものであった。しかし、これらの球団を
応援してきたファンというか、野球難民の人々にとって賛否両論はあったろう。
筆者とて感情移入しかねる部分はあるものの、プロ野球史を実感してもらうためにも
やらないよりはやったほうがいいと感じるものはあった。しかしくどいほどいうが、
復刻ユニフォームで試合に臨んだとしても、ほんのわずか懐かしのひとときを
過ごすだけであって、身売り・球団消滅で失ったチームはもう戻らないのだから…。
重ねていう。ファンも「喉もと過ぎれば暑さ忘れる」のではいけないのだし、
「おかしいものはおかしい」と声をもっとあげるべきなのだから。
これからも、球界再編問題にこだわっていきます。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« この男は何かを持ってる!伊志嶺翔大プロ入り初アーチ! | トップページ | 6月13日現在の一軍登録メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/51929196

この記事へのトラックバック一覧です: あれから7年・・・ノーモア6.13!:

» 2004.6.13 あれから7年・・・ [KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中)]
 昨日の日記でも写真で触れたが。 Don’t forget  2011.3.11  1978.6.12  2004.6.13  2008.6.14  11,12,13 ... [続きを読む]

受信: 2011/06/13 22:40

« この男は何かを持ってる!伊志嶺翔大プロ入り初アーチ! | トップページ | 6月13日現在の一軍登録メンバー »