« 6月2日現在の一軍登録メンバー | トップページ | あぁせっかくのハマスタでニャルセ見殺し、高濱タイムリーエラー・・・ »

2011/06/02

週刊西岡剛VOL.9

西岡実戦復帰も走塁、守備まだ不安(日刊スポーツ)
左脚腓骨(ひこつ)骨折のため故障者リスト(DL)入りしているツインズ西岡剛内野手が28日、フロリダ州で若手主体の練習試合に「1番遊撃」で先発し、4月7日以来の実戦復帰を果たした。「実戦に進んだことは大きな収穫。明日につながる」と充実の表情を浮かべた。
第1打席に鮮やかな中前打を放ち、満塁で迎えた第2打席には、相手守備の乱れも手伝って二塁内野安打で1打点。いきなり3打数2安打1打点と打撃面での不安要素は見当たらない。だが、プロテクターをあてた患部が全快していないのは明らかだ。全速力での走塁はなし。守備でも「こういう打球が飛んできたら、飛びついて捕れないな、と考えていた」と、不安感を完全にぬぐえていない。
メジャー復帰まで一進一退を繰り返す持久戦となるが、「自分との闘い。そこで気持ちが折れるようであれば、メジャーに挑戦しなかった」と、どんな障害も乗り越える覚悟はある。29日は休養し、30日に再び練習試合に出場する予定だ。メジャー復帰の確実な日程は見えていないが、実戦を積み重ねながら、自分の感覚を取り戻していく。
西岡3の0も全力疾走、守備で併殺も
左すねの腓骨骨折で故障者リスト(DL)入りしているツインズ西岡剛内野手が30日、フロリダ州リーカウンティで行われたマイナーの練習試合に「1番・二塁」で出場し、3打数無安打だった。
第1打席は遊ゴロだったが、一塁まで全力疾走を見せた。その後は投ゴロと空振り三振に倒れた。守備ではゴロを処理し、併殺も完成させた。5回で退いた。
4月7日以来の実戦復帰となった28日の練習試合に比べ、動きは良かった。走塁について「今の状態を試合の中で確かめたかった。まだ違和感があった」と話した。
31日は練習試合には出場せず、球団施設でリハビリと練習を行う予定。
西岡、球団施設で調整 下半身強化に励む
左すねの骨折で故障者リスト(DL)入りしているツインズ西岡剛内野手は31日、フロリダ州リーカウンティの球団施設で調整した。
守備や打撃練習のほかに、目印のコーンを配置して左右や後ろへの動きを確認するなど下半身強化に励んだ。5月30日の練習試合では負傷後初めて全力疾走を見せた。患部の状態について「違和感がまだある。痛みもそうだし、気になる。これがなくなるまでは上(メジャー)に行くことはない」と話した。
6月1日(日本時間2日)は練習試合に出場する予定。
-------------------------------------------------------
西岡剛 まずは練習試合から実戦復帰!
まだまだ慎重なところはありますが、メジャー復帰を果たさないことには
NHKBS1のMLB中継を見る気を無くしていることもあり、
剛の血沸き肉躍る雄姿をふたたび見られる日を!
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 6月2日現在の一軍登録メンバー | トップページ | あぁせっかくのハマスタでニャルセ見殺し、高濱タイムリーエラー・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊西岡剛VOL.9:

« 6月2日現在の一軍登録メンバー | トップページ | あぁせっかくのハマスタでニャルセ見殺し、高濱タイムリーエラー・・・ »