« 金澤先制犠牲フライ、福浦2点タイムリーも最後は冷や汗勝利 | トップページ | 6月27日現在の一軍登録メンバー »

2011/06/27

週刊西岡剛VOL.12

西岡、試合後に安打+打点ゲット(日刊スポーツ)
<SFジャイアンツ5-1ツインズ>◇22日(日本時間23日)◇AT&Tパーク
ツインズ西岡剛内野手が記録員の公平な判断のおかげで、安打と打点を手に入れた。3点を追う7回2死一、三塁の場面で、西岡の打球は遊撃手のグラブをはじいて転がり、その間に三塁走者が生還した。当初は失策だったが、試合後に、デュカ記録員が再考。遊撃手が捕球して一塁へ送球しても西岡の足の方が早かった、と判断し、内野安打に変更となった。西岡は「記録がヒットに変わって、ラッキーだなと思います」。チームの連勝は「8」で止まった。
西岡が2年ぶり代打で空振り三振
<SFジャイアンツ2-1ツインズ>◇23日(日本時間24日)◇AT&Tパーク
ツインズ西岡剛内野手が7試合ぶりに先発を外れたが、8回先頭で代打出場し、空振り三振に倒れた。ツ軍ダンシング、ジ軍リンスカムの両先発が投手戦。1点を追う8回、代打で出場。ジ軍2番手左腕ロペスに空振り三振に倒れた。代打は約2年ぶりだったが「万全な準備はできていた。結果が伴っていないだけです。ま、いつか結果は出るでしょう」と前を向いた。太もも裏に軽い張りを感じているようだが、24日(同25日)のブルワーズ戦には先発予定。結果が出るまで気持ちを切らずに戦い続ける。
西岡が初の3三振「内容も良くない」
<ブルワーズ4-3ツインズ>◇24日(日本時間25日)◇ミラーパーク
ツインズ西岡剛内野手の打撃が上向かない。メジャー初の1試合3三振を喫するなど、4打数無安打で打率を1割8分4厘に落とした。「甘い球を見逃して、甘くない球を振りにいってしまった。結果も出ないし、内容もよくない」と神妙な面持ちだ。試合前にはバブラ打撃コーチと会談。コーチは「そろそろ結果を求めたい。西岡と互いに理解を深めるために、何を考え、どうアプローチしているのか聞いた」とし、日本時代のビデオを取り寄せて分析し、サポートしていく。
西岡、途中交代も「監督の考えは常識的」
<ブルワーズ11-1ツインズ>◇25日(日本時間26日)◇ミラーパーク
ツインズ西岡剛内野手が「7番遊撃」で先発したが、4回途中で投手交代に伴い、ベンチに下がった。この日はブ軍先発ガヤルドの前に、2度の遊ゴロに倒れた。ツ軍先発リリアーノが打ち込まれ、4回途中で投手交代する際に、打順の巡り合わせを考慮して、前の回に打席に立った西岡がベンチへ下げられた。
けがを除く途中交代は初めての出来事だったが、「僕の結果と打順の巡り合わせを見れば、誰が監督をしていても代えるだろう。監督の考えは常識的なこと」と話した。
試合は、ツ軍投手陣が総崩れして、1-11で大敗。4連敗となってしまった。
-------------------------------------------------------
6/22 左飛 遊ゴロ 遊安適時打 中飛
6/23 空振り三振
6/24 空振り三振 投ゴロ 空振り三振 見逃し三振
6/25 遊ゴロ 遊ゴロ

8連勝の反動か?ここにきてツインズは4連敗。
きのう20時からJSportsPLUSでブルワーズvsツインズ戦録画中継を
見ようかとおもったが、2度のショートゴロの結果を知らされ見なかった。
チームも不振なら剛も打撃不振に陥ったのか!?
「剛が実戦に復帰するまでの間、
“週刊西岡剛”は毎週ではなく随時掲載とします」としてきましたが、
実戦復帰を果たしたため毎週月曜日に掲載します。
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 金澤先制犠牲フライ、福浦2点タイムリーも最後は冷や汗勝利 | トップページ | 6月27日現在の一軍登録メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊西岡剛VOL.12:

« 金澤先制犠牲フライ、福浦2点タイムリーも最後は冷や汗勝利 | トップページ | 6月27日現在の一軍登録メンバー »