« 後半戦再開もニャルセの一発病がぁ! | トップページ | 5回まで勝ちムードも、6回突如大谷炎上! »

2011/07/26

週刊西岡剛VOL.16

西岡4試合ぶり安打「疲れはピーク」(日刊スポーツ)
<ツインズ2-5インディアンス>◇第1試合
◇18日(日本時間19日)◇ターゲットフィールド
ツインズ西岡剛内野手が、ダブルヘッダー第1試合で4試合ぶりの安打を放った。3回の第1打席で外角のチェンジアップを引っかけたが三塁手が処理を焦り、俊足で内野安打とした。
第1試合は炎天下で行われ、地元ラジオ局によるとグラウンドの体感温度は42度以上あったという。第2試合を欠場した背番号1は「疲れはピークだと思う。監督は何も言わずに休みをくれた。それはプラスにしたい」と前向きにとらえた。
チームは、前日ア・リーグ中地区首位インディアンスとのゲーム差を5に縮めていたが、2連敗で7に広がった。
(第2試合には出場せず、試合は3-6で負けた。)
西岡「自分のスイングはできている」
<ツインズ2-1インディアンス>◇19日(日本時間20日)◇ターゲットフィールド
ツインズ西岡剛内野手は8回の第3打席でインディアンスの好投手マスターソンから遊撃内野安打を放った。
前日に続く内野安打。「狙って打てるものじゃない」と言うが、俊足を生かすのも西岡の武器の1つだ。三ゴロに倒れた5回の第2打席も打球に勢いがあり「自分のスイングはできている」と納得の表情だった。
ツインズは同地区首位のチームに逆転サヨナラ勝ちし、ゲーム差を6に縮めた。盛り上がる雰囲気の中で「この勝ちが明日につながればいい」と気分良さそうに話した。
西岡無安打、脱帽の剛腕
<ツインズ2-6タイガース>◇21日(日本時間22日)◇ターゲットフィールド
ツインズ西岡剛内野手が初対戦の剛腕バーランダーに圧倒された。タイガース戦に8番遊撃で出場したが、3度の対戦でいずれも凡退。7回2死の第3打席は96マイル(約154キロ)の速球に空振り三振を喫した。8回1失点で今季13勝目を挙げた右腕に「コントロールがよく、試合の組み立てもできるいい投手だった。タイミングの取り方も合わなかった」と脱帽した。チームはタ軍に対し昨年9月から10連敗となった。
西岡無安打「リズム崩しているのかな」
<ツインズ2-8タイガース>◇22日(日本時間23日)◇ターゲットフィールド
ツインズ西岡剛内野手のバットがまた沈黙した。タイガース戦に9番遊撃で出場し、連続三振と二ゴロで3打数無安打。2試合連続の無安打に「自分のリズムを崩しているのかなと思う。試合を重ねる中で何かを学びたい」と首をひねった。チームも2連敗で、昨年9月から続いているタ軍戦の連敗は11に伸びた。
西岡マルチ「いい結果が出て良かった」
<ツインズ4-1タイガース>◇23日(日本時間24日)◇ターゲットフィールド
4回の第2打席で3試合ぶりの安打を放ったツインズ西岡剛内野手は、7回にもヒットを打って複数安打を記録した。チームも首位タイガース相手の連敗を11で止めたとあって「いい結果が出て良かった」とほっとした表情を浮かべた。
1本目は俊足を生かしての遊撃内野安打。左打席から真ん中低めの速球を左前へ打ち返した2本目は「右肩が残って、いいバッティングだった。理想の形になる」と自賛できるものだった。
なかなか波に乗れない状況が続く。左前打のイメージを大切にしながら「自分のスイングをしようと努力している」と気持ちを引き締めた。
西岡「洗礼かな」全打席で三振
<ツインズ2-5タイガース>◇24日(日本時間25日)◇ターゲットフィールド
ツインズ西岡剛内野手は3打席すべてで三振を喫した。自信を持って見送ったうちの何球かが、ストライクと判定されたという。
試合後はコーチとビデオで確認し「ベースにもかすっていなかった。メジャーでやっていく上での難しさの1つで、洗礼かなと思う」と引きずる様子はなかった。
チームは首位タイガースとの4連戦で1勝3敗と負け越し、ゲーム差は7に広がった。連戦が続く中、25日から酷暑のテキサスでの4連戦に臨むにあたり、西岡は「また明日から頑張っていきたい」と気持ちを切り替えた。
-------------------------------------------------------
7/18 三塁内野安打 中飛 二ゴロ
7/19 二ゴロ 三ゴロ 遊安
7/20 中前打 三飛 空振り三振 左前打
7/21 投ゴロ 二ゴロ 三振
7/22 空振り三振 空振り三振 二ゴロ
7/23 空振り三振 遊撃内野安打 左前打
7/24 空振り三振 見逃し三振 空振り三振

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 後半戦再開もニャルセの一発病がぁ! | トップページ | 5回まで勝ちムードも、6回突如大谷炎上! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊西岡剛VOL.16:

« 後半戦再開もニャルセの一発病がぁ! | トップページ | 5回まで勝ちムードも、6回突如大谷炎上! »