« 俊介VSまさおの緊迫した投手戦も継投ミスで台無し | トップページ | きよたん復活弾&里崎激走&薮田神ナイス火消しで会心の勝利! »

2011/08/14

初の西武第二球場観戦も、喝入れまくり!

P8141607
M:●石田淳也(3)-坪井俊樹(2 0/3)-秋親(2/3)-服部泰卓(1/3)
-山本一徳(1)-西野勇士(1)
L:○野上亮磨(5 1/3)-江草仁貴(2/3)-田中靖洋(1)-岡本洋介(1)
-長田秀一郎(1)
球審:工藤和樹 一塁:大和貴弘 二塁:山崎夏生 三塁:市川貴之
観衆 354人

(中) 定岡卓摩 三振     三直  三振     三振  
(二) 角 晃多 三振     右安  二ゴ      一ゴ
(三) 青野 毅 三直     左安     中飛      左安
(指) 神戸拓光   三振     三振   中安      左飛
(左) 大松尚逸   右飛     一ゴ   一併      二ゴ
(捕) 金澤 岳    二ゴ     投ゴ     左飛
捕 田中雅彦                          三ゴ
(一) 蔡 森夫      三振     左安   遊ゴ
(遊) 高濱卓也      中安     中飛  左飛
(右) 吉田真史      三振     遊安     左飛
         1回 2回 3回 4回 5回6回7回8回9回

(中) 石川 貢 左安一ゴ       投ゴ右2   二ゴ
(二) 林崎 遼 三ゴ   遊ゴ    二ゴ三振   三振
(指) 石井義人 三振   中安    中安   四球 二ゴ
打指 梅田尚通
(左)G.G.佐藤  四球   四球    左安   三振
左 斉藤彰吾
(一) 大島裕行 左安   右安    四球   三ゴ
(右)大崎雄太朗 中安  三ゴ    右飛   中安
(遊)鬼崎裕司    中安  二ゴ    遊安中2
(捕) 岳野竜也    四球  中飛    投ギ遊失
(三) 美沢 将    二併   投ゴ    左飛二直
(画像は一部除きをクリックすると拡大します)
P8141602
P8141603
(上=浦和マリーンズ、下=所沢ライオンズのベンチ入り選手=赤丸つけ)
P8141591
P8141606
P8141593
P8141598
P8141599
首都圏でのイースタン・リーグ常打ち球場は、ロッテ浦和球場、
鎌ヶ谷ファイターズスタジアム、ジャイアンツ球場、ヤクルト戸田球場、
横須賀スタジアム、ベイスターズ総合練習場と行ったことはあるが、
唯一行ったことがなかったのが西武第二球場で、行ってきました!
(ちなみにウエスタンは阪神鳴尾浜球場・ナゴヤ球場・神戸サブ球場のみ)
11時15分頃に西武球場前に着き、西武ドームのチケット売り場の横から
駐車場を横断し、画像一枚目の階段を上ったところが西武第二球場の入場口。
外野で練習見学ができ、試合開始1時間前までにならないと開門してくれないが、
まさか女性のライオンズファンから「きょうは野上くんが投げる」などと、
ライオンズの先発ピッチャーを教わるとはおもわなかった(苦笑)。
開門後バックネット裏まで歩き、若干数ベンチが置いてあるほか、
立ち見スペースも結構あり、衝立につかまりながらの観戦となった。
場内放送のスピーカーの感度がよいのでスコアもつけられたし。
(少しは見習えロッテ浦和球場)選手との距離も近過ぎるし。
斎藤佑樹が登板した時のデイリースポーツの記事によれば、狭くて暑く、投手にとっては酷な環境。吉井投手コーチいわく「プロが使う球場の中で、アジア一環境が悪い球場。マウンドもぼこぼこだし。その中でいい経験ができれば」と話すくらい。
浦和マリーンズは石田淳也、所沢ライオンズは野上亮磨が先発。
石田は育成選手ながら登板機会が増えて来ている。
1回裏。石川レフト前安打、林崎サードゴロが進塁打となり、
石井義人見逃し三振も、G.G.佐藤フォアボール、
ゲッチュ大島にレフトへ2点タイムリー、レフト大松の打球処理がまずく
ワンヒットワンエラー。大崎にセンター前安打を打たれたものの、
センター定坊から好返球でゲッチュ大島をホームクロスプレーアウト!
石田は3回まで走者を出しながら要所を締めたピッチングだったが、
ボールストライクがはっきりしておりいただけなかった。
4回裏から坪井が登板し、三者凡退!5回は2アウトから石井義人・G.G.佐藤
連打、ゲッチュ大島フォアボールで満塁のピンチも大崎ライトフライ。
6回裏。鬼崎ショート内野安打。このとき打球が坪井の足に当たったらしく、
秋親に交代。岳野送りバント、美沢レフトフライ。ここで服部登板も、
石川ライトオーバータイムリーツーベース、中継プレーが悪送球で石川が
ベース一周ホームインしたものの審判に二塁へ戻され、
エンタイトルツーベースとして試合再開。林崎三振。
7回裏は山本一徳が登板。2アウトから大崎センター前安打、
鬼崎センターへのタイムリーツーベース、岳野ショートゴロを
高濱がトンネルタイムリーエラーで2者生還が痛かった。
P8141604
8回裏は西野が三者凡退ナイスピッチング!
坪井とともに褒められるようなピッチング内容だった。
マリーンズの打線は7安打放ったものの点に結びつかず、
ライオンズの5人のピッチャーの前に8三振無四球と封じこまれ、
正直喝を入れたくなる試合内容で浦和マリーンズは5連敗となった。
二軍の試合にまで野球ダイヤが適用されるわけがないので、
西武球場前15時57分発池袋行き準急に辛うじて間に合った。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズ参加3周年を迎えました。ひと押しお願いします!ツイッターも好評です!

|

« 俊介VSまさおの緊迫した投手戦も継投ミスで台無し | トップページ | きよたん復活弾&里崎激走&薮田神ナイス火消しで会心の勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/52475629

この記事へのトラックバック一覧です: 初の西武第二球場観戦も、喝入れまくり!:

« 俊介VSまさおの緊迫した投手戦も継投ミスで台無し | トップページ | きよたん復活弾&里崎激走&薮田神ナイス火消しで会心の勝利! »