« 週刊西岡剛VOL.24 ひとまず今季は終了! | トップページ | Kスタ宮城球場はどっちも打てんから雨天中止? »

2011/09/19

瀬戸山球団社長&石川本部長も退任!いったい、どうなってしまうのか!?

ロッテ球団トップ2辞任…生え抜き選手の放出で食い違い(スポーツニッポン)
最下位に沈むロッテに激震が走った。瀬戸山隆三球団社長(58)が18日、今季限りで辞任することを明らかにした。石川晃球団運営本部長(50)も辞任する。ともに後任は未定。リーグ3位から日本一に上り詰めた「史上最大の下克上」からわずか1年足らず。補強面で重光昭夫オーナー代行(56)サイドとの意見の食い違いなどから、球団トップ2が入れ替わる異例の事態となった。
オリックス戦前に会見した瀬戸山球団社長は西村監督の来季続投を正式発表した後、自らの去就について口を開いた。
「私は今季で退任します。8年もやったらくたびれる。去年は日本一になった。一回ゆっくりさせていただきたい」
瀬戸山社長はダイエー(現ソフトバンク)の球団代表を経て04年にロッテ球団代表に就任。06年から社長を務めてきた。05年、昨年と2度の日本一に輝き、経営面でも昨年は前年比13億円減の約20億円まで赤字を削減。また08年オフにダイエー時代からの腹心である石川本部長(当時球団副代表)を招くと、練習量不足で低迷していたバレンタイン体制を一掃し、二人三脚でチーム強化に努めてきた。日本一となった昨季から1年も経過しない時期に突然の辞任表明。背景には補強面で重光オーナー代行サイドとの意見の食い違いがあったと指摘する声がある。
事実上の現場トップである石川本部長は「チーム強化には血の入れ替えが必要」と積極的にトレードを行ってきた。久保や清水ら生え抜きの主力も放出。本社サイドから赤字削減を厳命されており、高額年俸のFA選手の引き留めにも消極的にならざるを得なかった。
昨オフは主力投手のトレード話を進める球団に選手が反発。今年6月には選手会長だったサブローが巨人にトレード移籍した。ある主力選手は「次は誰が出されるのか心配で仕方ない。みんなそう話している」という。選手間の不満の声はオーナーサイドの耳にも入った。加えて最下位低迷。球団経営をフロントに一任してきた重光オーナー代行も不信感を抱き、蜜月関係に亀裂が生じたようだ。
瀬戸山社長は「組閣に関しては白紙」としたが、西村監督の強い意向で日本ハムのヘッドコーチ・福良淳一氏の招へいは決定済み。また、金森打撃コーチ、高橋2軍監督、西本2軍投手コーチは退団する。昨季の日本一チームは嵐のオフに突入しそうだ。
◆瀬戸山隆三(せとやま・りゅうぞう)1953年(昭28)9月18日、大阪市生まれの58歳。大阪市立大出身。77年ダイエー入社、88年福岡ダイエー球団へ出向。93年同常務取締役代表、02年パ・リーグ理事会理事長、04年3月に千葉ロッテ球団取締役代表。同年の球界再編問題の際には、選手会側との交渉役を務めた。06年から現職。
ロッテ・石川晃球団運営本部長「社長とは二人三脚でやってきた。当然、私も退任する意向を固めました。(任期は)短かったがフロントとしてある程度、基盤はつくれた」
ロッテ瀬戸山球団社長辞任「くたびれた」(日刊スポーツ)
昨季の日本一ロッテのフロントが刷新される。ロッテ瀬戸山隆三球団社長(58)は18日、今季限りで辞任することを表明し、チーム編成の指揮を執ってきた石川晃球団運営本部長(50)も辞任することが発表された。後任は未定。18日現在、チームは首位から25ゲーム差離れた最下位に低迷する。コーチ人事を含めて、大幅テコ入れを強いられる。
オリックス戦前、異例とも言える球団トップ2人の辞任会見が行われた。瀬戸山社長は「球宴の時、オーナー代行と本社に話をし、意志が固いということを了解していただいた。8年もやってきて、くたびれた。少しゆっくりしたい」と、経緯を説明した。最下位に低迷する責任を取るものではなく、以前から腹は固まっていたとはいえ、試合前の時点で24試合も残す中での辞意表明は唐突な印象は否めない。「来季に向けての報道が先行する状況は、チームにとっても良くない」と説明した。自らの辞任表明で事態の沈静化を図る意図を明かしたが、最下位に迷走するチーム状況同様、ドタバタ感は否めなかった。瀬戸山社長に請われる形で08年に入団した石川本部長も「私と社長は二人三脚でやってきたから」と同じく辞任する。
瀬戸山社長はダイエーの球団代表を経て、04年にロッテの球団代表に就任。06年から社長を務め、05年と10年に日本一を達成した。そんな球団改革の功労者でもあるフロントトップとチーム編成の中心的存在だったNO・2の辞任という異例の事態にあって、来季も契約が残る西村監督の続投が改めて発表された。同社長は「9月10日に監督に続投のお話をさせていただき、了解をいただいている」と話した。水面下で進行している来季の組閣については「新体制がスタートしてから速やかに決める」と白紙を強調したが、金森打撃コーチら今季限りで契約が満了するコーチを中心に顔ぶれを一新する方向性に変わりはない。そのためにはフロントの再編成を迫られる。
ロッテ赤字削減も弱体化であつれき/解説
昨季の日本一ロッテのフロントが刷新される。ロッテ瀬戸山隆三球団社長(58)は18日、今季限りで辞任することを表明し、チーム編成の指揮を執ってきた石川晃球団運営本部長(50)も辞任することが発表された。
突然の辞任が球団改革の難しさを改めて浮き彫りにした。瀬戸山社長は就任以来、チーム強化とともに、球団の赤字体質からの脱却を陣頭指揮してきた。就任時に37億円あった赤字も昨季は20億円まで軽減に成功し、石川本部長とのタッグで取り組んできた改革は順調と思われていた。
一方で「強化」と「赤字削減」という両立困難な命題の中で、壁にぶつかっていたのも事実だ。改革のためには荒療治も必要。行ってきたのが、経費を押し上げる要因となっていた高額年俸選手の放出だった。09年オフにはエース清水を横浜へ、昨オフは西岡(現ツインズ)のポスティングシステム(入札制度)行使を容認し、小林宏が阪神にFA移籍。今季はシーズン中に選手会長のサブローを巨人へトレードした。ビジネスに徹した手法が「生え抜き軽視」と批判を浴びることも少なくなく、周囲とのあつれきを生むこともあった。
チームが好成績を残している間は強引な手法でも不満が噴出することは少ないが、最下位に低迷する今季は、チーム関係者からも編成方針に対しての疑問の声が上がることもあった。同社長は「任期満了」の円満退社を強調していたが、今回の辞任劇にはそうではない一面も含んでいる。【ロッテ担当・鈴木良一】
M160
(左…瀬戸山球団社長 右…重光昭夫オーナー代行
2005年鹿児島キャンプにて。筆者撮影)
赤字体質を改善、よりいっそう地域密着に力を入れるなど
強いマリーンズを創り上げた功績は称えたいが、
おととし石川氏を連れてきたあたりから怪しくなり、
サブロー不当放出にいたっては私物化以外の何物でもなかった。
恐怖政治が終焉するかとおもえば、重光オーナー代行はこれを機に
しっかりと地についたチームづくりに踏み切ってほしいとおもうよ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!ツイッターも好評です!

|

« 週刊西岡剛VOL.24 ひとまず今季は終了! | トップページ | Kスタ宮城球場はどっちも打てんから雨天中止? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/52770367

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸山球団社長&石川本部長も退任!いったい、どうなってしまうのか!?:

« 週刊西岡剛VOL.24 ひとまず今季は終了! | トップページ | Kスタ宮城球場はどっちも打てんから雨天中止? »