« 9月12日現在の一軍登録メンバー | トップページ | からくりドームでのニャルセの一発病は見飽きた »

2011/09/12

週刊西岡剛VOL.23

西岡、大飛球も好守に阻まれる(日刊スポーツ)
<エンゼルス4-1ツインズ>◇4日(日本時間5日)◇エンゼルスタジアム
ツインズ西岡剛内野手が「8番遊撃」で先発し、5試合ぶりに無安打に終わった。エ軍先発は2度目の対戦だったピネイロ。1点を追う5回2死走者なしの場面で、センター深くへ大きなフライを飛ばしたが、好守に阻まれアウトになった。打席内容は、遊ゴロ、中飛、二ゴロで、3打数無安打。打率を2割2分5厘とした。
西岡は「2打席目が一番よかった。好調は続いているのかいないのか、9月が終わってみればわかると思う」と話した。試合は、1-4で敗れた。
エンゼルス高橋尚成投手の登板はなかった。
痛み引かない西岡に監督厳しい分析
<ツインズ0-3ホワイトソックス>◇6日(日本時間7日)◇ターゲットフィールド
西岡が右脇腹痛のため、3試合連続で先発を外れ、途中出場もなかった。「痛みはあまり変わらない。トレーナーの方から、ゆっくりリラックスしてくれと言われました」。試合前の練習ではストレッチと球拾いだけ。ガーデンハイアー監督は「これまで痛みを押して出場してくれた。無理をさせたくない」。かつて西武でプレーし、現在ラジオ解説を務めるダリン・ジャクソン氏は「負傷の不運も続いたが、そろそろメジャーに適応してもいい時期。しばらく苦労は続くだろう」と、厳しく分析した。
西岡3試合連続欠場 今季中の完治は困難
<ツインズ5-4ホワイトソックス>◇7日(日本時間8日)◇ターゲットフィールド
西岡は右脇腹痛のため、3試合連続で欠場となった。練習も軽めのダッシュを行った程度で、球団のトレーナーによると、患部は悪化していないが、シーズン終了までに完治するのは難しい状況だという。
8日は試合がなく、9日のタイガース戦の出場も当日の様子を見て決める。西岡は「野球選手だから当然、出たい気持ちがある」と復帰への思いを口にした。
西岡「今は試合に出ることに意義がある」
<タイガース8-4ツインズ>◇9日(日本時間10日)◇コメリカパーク
右脇腹を痛めている西岡が4試合ぶりに復帰した。「まだ右脇腹に痛みがある」と本調子でない中、できる限りのプレーをした。
右打席では思い切りバットが振れず、左腕シュレレスと対決した7回は三塁へのセーフティーバントを決めた。ただ、守備では正面のゴロを捕り損ねて失策を記録した。
痛みを抱えながら残り試合に臨む。「今は試合に出ることに意義があると思う。いい意味で開き直ってやっていきたい」と自らに言い聞かせた。
(四球、一ゴロ、三塁内野安打、二ゴロ=注)
西岡「監督は考えながら起用」
<タイガース3-2ツインズ>◇10日(日本時間11日)◇コメリカパーク
右脇腹痛を抱え、前日4試合ぶりに実戦復帰した西岡は、またもや欠場となった。
9日の一戦ではセーフティーバントを決めて3打数1安打だったが、ガーデンハイアー監督は「昨日の打撃を見て、続けて出場させるのは賢明でないと判断した」と説明。今季中の完治は難しい状況で、西岡は「監督は考えながら起用してくれる。感謝している」と素直に受け止めた。
9.11同時多発テロから10年、ヤンキース戦などで追悼セレモニー(ISM)
2001年9月に米国で発生した同時多発テロ事件から10年目を迎えた11日、メジャーリーグで追悼セレモニーが開催。カリフォルニア州アナハイムで行われたニューヨーク・ヤンキース対ロサンゼルス・エンゼルス戦をはじめ、この日の試合前に各地で行われた。
ヤンキース対エンゼルス戦での式典では、ニューヨークとワシントンで起きたテロの生存者らが始球式を行い、ヤンキースのデレク・ジーター遊撃手やホルヘ・ポサダ捕手ら生え抜き選手がキャッチャーを務めた。なお、事件当時にヤンキースの監督を務めていたジョー・トーレ氏もこのセレモニーに出席している。
西岡出場せず、新人恒例の仮装で力士に(共同通信など)
ツインズの西岡は出場しなかった。チームは1-2でタイガースに敗れた。
右脇腹を痛めているツインズの西岡は、2試合続けての欠場に「やれることをやっていくしかない」ともどかしそうに話した。
9日に4試合ぶりに復帰したが、首脳陣が打撃が十分でないと判断して10日は欠場。この日は練習もほとんど行わず、ガーデンハイアー監督は「まだ痛みがある。しばらく様子を見る」と説明した。
試合後、チームは次の遠征地のカンザスシティーに出発。西岡は、新人恒例の仮装で力士の姿となり「恥ずかしい」と苦笑いしていた。
----------------------------------------------------------
9.11から10年。3.11から半年。
苦難を乗り越えてまでも野球ができるよろこびは万国共通のもの!
剛とて右脇腹痛との戦いではあるものの、残り少ないシーズンを
過ごし、激動のシーズンを終えたい。2月に「メジャーでは仮装は
新人選手の登竜門となっていて西岡剛もその洗礼を浴びるのは確実」
と書いたが、その現物画像を早く見てみたい。
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 9月12日現在の一軍登録メンバー | トップページ | からくりドームでのニャルセの一発病は見飽きた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊西岡剛VOL.23:

« 9月12日現在の一軍登録メンバー | トップページ | からくりドームでのニャルセの一発病は見飽きた »