« 晋吾背信投球で勝てた試合を落とす(怒) | トップページ | 瀬戸山球団社長&石川本部長も退任!いったい、どうなってしまうのか!? »

2011/09/18

週刊西岡剛VOL.24 ひとまず今季は終了!

西岡3戦連続欠場 代走可能性も出番なし(日刊スポーツ)
<ロイヤルズ4-0ツインズ>◇13日(日本時間14日)◇カウフマンスタジアム
右脇腹痛を抱える西岡は3試合連続で欠場となった。
この日も打撃練習は行わず、軽めのノックを受けた程度だった。走塁は問題ないとトレーナーが判断。代走で起用される可能性はあった。結局、出番はなく「試合に出ていないのだから、何も変わらない」と表情は厳しかった。
西岡「何もないです」 復帰メド立たず
<ロイヤルズ7-3ツインズ>◇14日(日本時間15日)◇カウフマンスタジアム
右脇腹痛を抱える西岡はまたも欠場となり「何もないです」と言葉少なだった。
この5日間はバットを振れず、守備もノックを軽く受ける程度で送球は避けている。代走による出場は可能だが、チームは来季を見据えて若手を積極的に起用しており、なかなか出番はない。シーズンは残り2週間。復帰のめどがたたない状況が続く。
西岡今季のプレー終了「治療専念させる」
西岡が13試合を残して今季を終えることが16日(日本時間17日)決まった。8月下旬に痛めた右脇腹の状態が思わしくなく、9日を最後に欠場中。ガーデンハイアー監督はインディアンス戦の試合後、「今季はもうプレーさせない。トレーナー陣が治療に専念させることを決めた」と明かした。1年目は開幕直後に左すねを骨折するなど故障続きで、出場わずか68試合。西岡は「もうシーズンも終わるし来年に向けての準備ととらえている。今休んで10月に日本に帰って練習できる体づくりをする方がいい」と休養を前向きにとらえた。
Ws000006
偶然だぞ!福留孝介(左)いわく
「(西岡には)タフなシーズンになったけど、顔は元気そうだった」
(日刊スポーツより)。
開幕直後の左すねの骨折もあり、68試合で打率・226、0本塁打、
19打点、2盗塁。守備でも12失策。今季の成績はこれがすべて。
剛にとってメジャーとは甘いモノではなかったことはわかったのだし、
剛に足りないモノが何であったか。来季以降の活躍を祈りながら、
「週刊西岡剛」はひとまず休刊といたしますが、新たな動きがあれば随時掲載します。
今季はありがとうございました!最後に、
----------------------------------------------------------
田中V勝利(日刊スポーツ)
オリオールズ傘下1Aフレデリックの田中良平投手(元ロッテ)が、キンストンとのリーグ優勝決定シリーズ第4線に先発。5回を6安打3失点(自責2)、7三振を奪う力投で勝利投手。フ軍はこのシリーズを3勝1敗で制し、4年ぶりにカロライナ・リーグ優勝に輝いた。
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 晋吾背信投球で勝てた試合を落とす(怒) | トップページ | 瀬戸山球団社長&石川本部長も退任!いったい、どうなってしまうのか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊西岡剛VOL.24 ひとまず今季は終了!:

« 晋吾背信投球で勝てた試合を落とす(怒) | トップページ | 瀬戸山球団社長&石川本部長も退任!いったい、どうなってしまうのか!? »