« プロ入り初先発阿部和成 素晴らしいピッチングだったよ! | トップページ | 晋吾背信投球で勝てた試合を落とす(怒) »

2011/09/18

高橋慶彦二軍監督までが退任!

高橋慶彦2軍監督が退任!チーム若返りへ首脳陣大幅刷新(スポーツ報知)
ロッテの高橋慶彦2軍監督(54)が、今季限りで退任することが17日、分かった。最下位に沈むチームは、オリックスに敗れてリーグ優勝の可能性が完全に消滅。来季の巻き返しを図る上で、フロントは1、2軍を含めた首脳陣を大幅に刷新する方針を固めている。
現役時代、俊足好打のスイッチヒッターで鳴らした高橋2軍監督は、04年7月にロッテの1、2軍巡回コーチに就任。当時2年目だった西岡剛内野手(現ツインズ)のスイッチ転向を後押しし、素質を開花させるなど高い技術指導には定評があった。1軍打撃コーチなどを歴任した後、昨季から2軍監督として若手の底上げに力を入れた。
だが、球団はチームの若返りには首脳陣のテコ入れも必要と判断。高橋2軍監督の手腕を評価しつつも、球団は来季の契約を更新しない考えで、このまま退団となる可能性もある。後任の2軍監督候補には、青山道雄1軍総合コーチ(51)を起用する案などが検討されている。
また、フロントは打撃陣の不振を理由に金森栄治1軍打撃コーチ(54)と来季の契約を更新しない方針だ。リーグ3位から“下克上”で日本シリーズ制覇に輝いた昨季は、リーグトップのチーム708得点を挙げていたが、今季は17日までの120試合で356得点と、1試合平均3得点未満と大きく低下。最下位低迷の一因となった、攻撃陣の責任を取る形になる。
今季で2年契約を満了する西本聖2軍投手コーチ(55)に関しても、来季以降の契約は結ばない方向。昨季は1軍投手兼バッテリーコーチを務め、今年は2軍に配置転換されていた。熱血指導で投手陣の底上げに尽力したが、契約を終えての退団が濃厚とみられる。
◆高橋 慶彦(たかはし・よしひこ)1957年3月13日、東京都出身。54歳。城西高から74年ドラフト3位で広島入団。79年に33試合連続安打のプロ野球記録を達成。79年からの2年連続を含めて盗塁王3度獲得。90年はロッテ、91年からの2年間は阪神でプレーし、92年限りで現役引退。95~97年にダイエーコーチ。現役通算成績は、1722試合出場で打率2割8分、163本塁打、604打点、477盗塁。
ロッテ 日本ハムの福良ヘッドを招へいへ!(スポーツニッポン)
ロッテが今オフ、日本ハムヘッドコーチの福良淳一氏(51)をヘッドコーチ格で招へいすることが16日、分かった。昨季日本一のチームは今季、最下位に低迷。来季まで契約が残る西村徳文監督(51)の意向に従い、若手の育成、指導力に定評がある福良氏を招く方針を固めた。
QVCマリンで報道陣に対応した石川晃球団運営本部長は「人事に関してはノーコメント」としたが、堅守と機動力野球を掲げる指揮官の参謀役として福良氏はうってつけの存在だ。ともに宮崎県出身で気心が知れた間柄。同監督が1学年上だが、同じ60年生まれ。現役時代のプレースタイルも機動力、堅実な守備が売りと共通点が多い。
西村監督にとっては3年越しのラブコールだ。自身が監督に就任した09年オフも水面下で打診したが、当時は梨田監督の続投が決まったばかり。08年の同監督就任時からヘッドコーチを務めてきた福良氏の引き抜きは困難と判断、断念した経緯がある。今回は15日に梨田監督が退任を発表。福良氏の退団も確実で、招へいに向け障害はない。
ロッテは日本一になった昨オフ、西岡がツインズ、小林宏は阪神に移籍したことが低迷の一因となっている。若手の底上げによるチーム再建を福良氏の手腕に託す。
◆福良 淳一(ふくら・じゅんいち)1960年(昭35)6月28日、宮崎県生まれの51歳。延岡工―大分鉄道管理局を経て84年ドラフト6位で阪急(現オリックス)入団。93~94年に連続守備機会無失策836の二塁手プロ野球記録を樹立した。97年に現役引退。通算成績は1240試合で打率.279、50本塁打、372打点、106盗塁。88、94年にベストナイン。オリックス2軍コーチを経て05年から日本ハムで2軍監督など歴任。08年に1軍ヘッドコーチに就任、翌09年から打撃コーチを兼任している。
今岡“若手育成担当”来季コーチ兼任へ(デイリースポーツ)
ロッテ・今岡誠内野手(37)が来季、コーチ兼任となることが17日、明らかになった。既に非公式ながら球団サイドから要請されており、今岡は受諾する方向。主に2軍で若手選手の育成を担当することになりそうだ。
阪神から移籍して今季2年目の今岡。その存在は、もはやチームにとって欠かせないものとなっている。6月8日以降、2軍暮らしが続いているが、阪神時代に培った豊富な経験や、野球に真摯(しんし)に取り組む姿勢は、ファームの若手選手たちにとって貴重な財産となっている。
西村監督をはじめ現場首脳陣は、そんな今岡の指導者としての資質を高く評価。03年に首位打者、05年に打点王を獲得した打撃技術も卓越している。球団関係者は「ファームを中心に、打撃、守備ともに、育成を主眼とした指導をやってもらいたい」と話した。
球団への正式な回答はシーズン全日程終了後となる。今岡は「これまでも、西村監督やフロントからも、2軍でプレーするときは指導の方もしてほしいと言われていたので、それを踏まえてやってきた」と話しており、快諾する方向だ。
現在、再び1軍の舞台に立つことを目指し、汗を流している今岡。あくまで現役を続行しながらも、若手育成へチームのために尽力する。阪神で一時代を築いた天才打者が、指導者としての第一歩を踏み出すことになりそうだ。
----------------------------------------------------------
そういえば、日本一から一転最下位は二軍=浦和マリーンズもなんですね。
ヨシヒコさんといい、西本さんといい、金森さんといい、
情熱を持って指導したひとたちが何で詰め腹を切らされるのか?
昨季のイースタン制覇・ファーム日本選手権制覇もヨシヒコさんの
厳しさかつ攻めの采配も情熱もあってこそのものだったし、
ほんの一瞬だけ浦和マリーンズが輝いて見えただけに、
来季へ向けてどんなチームづくりをするのか?展望は?
よく見えませんが。でも今岡さんは残してほしいよ!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!ツイッターも好評です!

|

« プロ入り初先発阿部和成 素晴らしいピッチングだったよ! | トップページ | 晋吾背信投球で勝てた試合を落とす(怒) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/52760743

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋慶彦二軍監督までが退任!:

« プロ入り初先発阿部和成 素晴らしいピッチングだったよ! | トップページ | 晋吾背信投球で勝てた試合を落とす(怒) »