« 2試合連続疲れる引き分け/ライオンズCS出場そしてドラコンズ優勝 | トップページ | あすマリン最終戦!/12月3日ファン感謝デー開催 »

2011/10/19

Kスタは今季も3勝8敗1分と鬼門に終わった

マリーンズ 100100000 2
イーグルス 10121000X 5
M:●上野-古谷-伊藤-吉見
E:○塩見
観衆 14152人

きょうはイーグルス的には本拠地・宮城球場最終戦。
くしくもあの「10.19」から23年。(暦の関係で当時と同じ水曜日!)
1回フォアボールで出塁した伊志嶺が30個目となる盗塁を決める!
「達成できたことは素直にうれしい。これからも最低限の目標に
していきたいが、打撃の課題を克服して、もっと盗塁数を増やしたい」
Y-岡田ファーストゴロが進塁打となり、井口犠牲フライで先制。

しかしその裏、内村フォアボール、ガルシアレフトタイムリーで同点、
3回内村レフトタイムリーで逆転されたものの、
4回Y-岡田レフト前安打のあと盗塁、井口センターフライタッチアップ
三塁へ。アチャサードゴロの間に同点のホームを踏んだのもつかの間、
その裏嶋ライトタイムリー、聖澤タイムリー内野安打で勝ち越され、
5回内村ライトへスリーベース、ガルシア犠牲フライで差を拡げられ、
6勝16敗2分。宮城球場にいたっては3勝8敗1分と
今季のイーグルス戦を象徴する試合だった。
伊志嶺翔大 打率2割6分 30盗塁
塩見貴洋 9勝9敗 防御率2.85
牧田和久 5勝7敗22セーブ 防御率2.61
パ・リーグ新人王争いは最後の最後までもつれ込む気配か。

試合終了後の星野仙一監督のあいさつ。
「大変な年に1年間、熱い応援大変感謝します。『東北を熱くする』ということから始まりやってきましたが、ぬるかったね(苦笑)。来年は本当に選手一丸となって熱く熱くなるようなシーズンを。そのためにわれわれは自分自身を変えていく気持ちを持ち、変えていこうと明日からスタートします。来年は皆さんの期待に必ずや応えられるようなシーズンを、という思いで選手もおります。どうも1年間、熱い応援ありがとうございました」
東北楽天ゴールデンイーグルスは東日本大震災で宮城球場が
被災するなどいばらの道を歩んできた今季。選手会長の嶋が
「見せましょう、野球の底力を!」と叫びマリンで開幕。
甲子園、GS神戸などを転戦したすえ東北新幹線が全線復旧した
4月29日に本拠地・宮城球場で第二の開幕。
田中将大19勝、塩見が新人王争いに参戦し、内村などの成長はあった
ものの、松井稼頭央がそこそこの活躍で岩村明憲は評判倒れ。
メジャー濃厚?の岩隈は心ここにあらず、山崎武司が後味の悪い引き際で、
「見せましょう、野球の底力を!」とは程遠い戦いぶりで、
ともに被災球団だがイーグルス5位、マリーンズ6位は残念であった。
個人的には22日休みが取れそうなので筆者自身マリンに行ける可能性が
出てきたこということ。
マリン最終戦は93年以降18年連続で観戦してきたので
今季であわやストップだったが。ただし前売り買わず当日券買うことになりそう。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!ツイッターも好評です!

|

« 2試合連続疲れる引き分け/ライオンズCS出場そしてドラコンズ優勝 | トップページ | あすマリン最終戦!/12月3日ファン感謝デー開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/53034278

この記事へのトラックバック一覧です: Kスタは今季も3勝8敗1分と鬼門に終わった:

» Kスタ最終戦はまったく見所なく終了 E5−2M [BaseBall Journey]
ひっどいなぁ・・・Kスタの最終戦は何も出来ずあっさりひっそり試合終了。 ニッカン式スコア 何も出来ずというよりは何もしなかった。 マリーンズは先頭伊志嶺の四球と岡田の2安打以外はひっとりもランナーが出ませんでした。余りにも塩見に無抵抗。ただ打つだけ、という典型的な今季の攻撃であっさりと負けました。 ... [続きを読む]

受信: 2011/10/20 00:10

» 東北 5−2 千葉@宮城〜閉幕〜 [KAMMY'S HOMEPAGE 写真館(livedoor移行中)]
 てなわけで、シーズン最終戦。昨日よりちょっと遅いくらいの時間で(それでも19時半の前には)宮城球場に着いたのだが、既に5回終了の学園天国が流れていた・・・残念(何) ... [続きを読む]

受信: 2011/10/20 00:18

» 伊志嶺・岡田vs内村・聖澤の俊足対決を制せず 上野は再び5回途中KO負け・・・10/19 vsE [PLAY THE GAME!]
イーグルスとの今季最終戦となった昨日の試合は、先週涙の5回途中降板を喫した上野大樹のリベンジを賭けた今季最後の先発も、イーグルスの俊足コンビの足を使った攻撃の前に足元をすくわれるなどして再度5回途中で5失点を喫する悔しいピッチングとなってしまいました・・・。... [続きを読む]

受信: 2011/10/20 06:50

« 2試合連続疲れる引き分け/ライオンズCS出場そしてドラコンズ優勝 | トップページ | あすマリン最終戦!/12月3日ファン感謝デー開催 »