« 藤岡貴裕&鈴木大地仮契約 | トップページ | ナベツネが清武ジャイアンツ代表に反論! »

2011/11/11

清武ジャイアンツ代表 ナベツネに反旗を翻す!

清武代表が渡辺会長を告発「人事介入は人権侵害」(毎日新聞)
巨人の清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM)は11日、文部科学省内で会見し、巨人軍の渡辺恒雄球団会長(読売新聞グループ本社会長・主筆)が球団人事に介入し「球界で生きる選手、コーチ、監督の基本的人権をないがしろにした」として内部告発した。
清武代表によると、岡崎郁1軍ヘッドコーチとの契約が内定しているにもかかわらず、今月9日、渡辺会長から「1軍ヘッドコーチは江川卓氏とし、岡崎コーチは降格させる」と告げられたという。
清武氏は会見趣旨を説明する文書の中で「巨人にもコンプライアンス(法令順守)が要求される。それを破るのが、渡辺氏のような最高権力者であっては断じてならない」と痛烈に批判した。
声明文
私は一昨日、11月9日、読売新聞社の主筆であり、読売巨人軍の取締役会長である渡辺恒雄氏から、「巨人軍の1軍ヘッドコーチは江川卓氏とし、岡崎郁ヘッドコーチは降格させる。江川氏との交渉も始めている」と言われました。
すでに、桃井恒和オーナー兼代表取締役社長や原監督と協議して、ヘッドコーチは岡崎氏と内定しており、その旨を岡崎氏や監督に伝え、オーナーが決定した年俸で今日11日に契約書を取り交わすことになっていました。ご本人やチーム首脳もそのつもりで、宮崎で秋季キャンプに入っていたにも関わらず、渡辺氏はそれを覆し、江川氏をヘッドコーチにするというのです。
江川氏は私も尊敬する優れた野球人です。しかし、私と桃井オーナーは10月20日に読売新聞本社の渡辺会長を訪れ、岡崎氏がヘッドコーチに留任することを含む、コーチ人事の内容と構想、今後の補強課題を記載した書類を持参して報告し、渡辺氏の了承も得ていたのです。にもかかわらず、渡辺氏は11月4日夜、記者団に「俺は何にも報告聞いていない。俺に報告なしに、勝手にコーチの人事をいじくるというのは、そんなことありうるのかね。俺は知らん。責任持たんよ」という発言をされています。
しかし、それは全く事実に反することです。もし、私と桃井オーナーが書類を持参して報告したことに対し、自分が了承したことを全く忘れておられるということなら、渡辺氏は任に堪えないということにもなりかねません。忘れておられていないというのならば、渡辺氏は自分も報告を受けて了承し内定し、さらに一人一人の意思も確認され、契約書締結にも着手されていた人事を、オーナー兼代表取締役社長を飛び越えて、鶴の一声で覆したことになります。コーチたちにはプライドもあり、生活もかかっているのです。
これはプロ野球界におけるオーナーやGM制度をないがしろにするだけでなく、内示を受けたコーチや彼らの指導を受ける選手を裏切り、ひいてはファンをも裏切る暴挙ではないでしょうか。ことは、コーチや選手との信頼関係を基盤とする球団経営の原則、プロ野球界のルールに関わることです。それが守られないのでは、球界で生きる選手、コーチ、監督の基本的人権をないがしろにした、といわれかねません。
巨人軍も読売新聞グループの一員であることは十分承知しているからこそ、渡辺氏に丁寧に報告をし、意見をうかがってきましたが、巨人軍は子会社といえども独立した会社でもあります。渡辺氏が酔ったうえで「俺に報告なしに、勝手にコーチの人事をいじくっている」と事実に反する発言を記者団にすることは経営者としても許されないことです。
一方、11月7日、桃井オーナーは渡辺氏から次のような内示を受けています。
桃井オーナー兼代表取締役社長をオーナーから外し、清武は「専務取締役球団代表・オーナー代行・GM兼編成本部長」から「専務取締役球団代表・オーナー代行兼総務本部長コンプライアンス担当」とする。「常務取締役総務本部長コンプライアンス担当」の原沢敦を、「常務取締役GM兼編成本部長」とする、などという内容です。
さらに、私は11月9日、直接渡辺氏から「1、2年後に君を社長にする。今後君の定年は68才まで延びる可能性もある。すべてのことを受け入れて、専務、球団代表・オーナー代行として仕事を続けてくれ。」と要請されました。
野球は人々に夢や希望を与えてくれる国民的スポーツです。中でも巨人は日本のプロ野球で最も歴史のあるチームであり、とりわけ責任の重い球団でもあります。巨人軍の代表取締役でもない取締役会長である渡辺氏が、その一存で代表取締役社長である桃井氏からオーナー職を突然、剥奪するというのは、多くのファンを集める伝統球団の名誉を貶めるだけでなく、会社の内部統制、コンプライアンスに大きく反する行為であると思います。
また、私は「総務本部長コンプライアンス担当」であるにも関わらず、GM編成本部長の権限である、補強、とりわけFA交渉と外国人選手獲得を直接担当しろ、との指示も、渡辺氏から受けています。それならばなぜ、FA交渉や外国人獲得交渉が目前に迫ったこの時期に、混乱を招く人事を内示するのでしょうか。
私は読売新聞記者から巨人軍に入団しました。渡辺氏が巨人軍オーナーを退くに至った不祥事の直後に建て直しを期待され、7年間、巨人軍のため、プロ野球界のため、まっとうな経営をやらねばならぬとの信念で、一生懸命取り組んできました。必要なことは、監督、コーチ、選手、スタッフらと相談し、桃井オーナー、渡辺氏にも報告、相談し、了解をえてことを進めてきました。
巨人軍GM編成本部長の仕事は、巨人が闘う人的物的環境を整え、また新たな思想のもとで、常勝の巨人軍の実現に貢献することだと思い定め、補強一辺倒の強化策からの脱皮をはかって来ました。育成制度や選手練成システムを充実させて若者の力を生かしながら、補強とバランスをとった永続的なチーム整備に力を尽くしてきました。
全ての会社にそれが求められるように、読売巨人軍にも内部統制と健全な企業体質、つまりコンプライアンスが要求されると思います。それを破るのが、渡辺氏のような最高権力者であっては断じてならないのではないでしょうか。大王製紙やオリンパスのように、企業の権力者が会社の内部統制やコンプライアンスを破ることはあってはならないことです。私は11月9日に渡辺氏とお会いした際、これらのことにつき翻意を求めましたが、聞き入れられませんでした。そこでやむなく本日の会見に至ったものです。
私は、ジャイアンツというチームにも、読売巨人軍という会社、そして私を育ててくれた読売新聞社にも深い愛着があります。選手、コーチ、監督を心から敬愛しています。そして、何よりも多くファンの方々を愛しています。私には彼らを裏切ることはできません。不当な鶴の一声で、愛する巨人軍を、プロ野球を私物化するような行為を許すことはできません。
これからどのような立場になろうとも、巨人軍、プロ野球界、プロ野球ファンの皆様に寄り添う存在でありたいと願っています。
2011年11月11日 読売巨人軍 清武英利
--------------------------------------------------------
…んー、マリーンズとは関係ないニュースであるが、
軽々しくコメントできる話ではないことはわかっているが、
他球団のファンである者として敢えて書く。
ナベツネ爺様が一場栄養費問題でオーナーを退いた後、清武さんが
ジャイアンツ球団代表に就任され、FAなどで他球団の主力を引き抜く路線から
一転、「育成の巨人」路線を掲げ、若手選手に場数を踏ませるため
イースタンリーグ混成チーム・フューチャーズ、シリウスを立ち上げ、
育成選手を大幅に増員した今季はシリウスにかわるものとして「第2の二軍」
を立ち上げるなど若手選手育成に理解を持つ数少ないプロ野球人であり、
その戦略がテレビ東京・BSジャパン「ルビコンの決断」で紹介されたくらい。
その一方で震災直後に3・25開幕強行に「プロ野球には人を鼓舞する力がある」
などとナベツネ爺様に同調、新井貴浩・日本プロ野球選手会会長の説得に
折れる形で結局4・12開幕繰り延べと相成ったわけだが、重光オーナー代行の
「今年出て行った人で呼び戻せる人は呼び戻したい」とサブロー呼び戻しに対し
「大村君はウチの大事な選手。(発言に関しては)知りません。聞いていません。
大事な戦力であることは変わりない」などとけんもほろろに拒否。ナベツネ爺様も
「(今年は)補強に大失敗した。(外国人選手)10人はいらないのを取った。
あれじゃだれが監督になっても負ける」などと現場介入は相変わらずで、
DeNAの横浜ベイスターズ買収にイチャモンをつけ続けたことも。
ジャイアンツファンのあいだでもチームは好きだがナベツネは嫌いというのが多く、
2年連続V逸も実力というよりも震災直後に3・25開幕強行を主張したことに対し
心ある野球ファンの怒りを買った天罰が下ったものと考えます。
これを機にクーデターというか球界から永久追放を!
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 藤岡貴裕&鈴木大地仮契約 | トップページ | ナベツネが清武ジャイアンツ代表に反論! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清武ジャイアンツ代表 ナベツネに反旗を翻す!:

» 読売清武代表、渡邉恒雄氏を糾弾 [虎哲徒然日記]
文部科学省で会見するというから、何か野球界に激震の走る不祥事なのかと思ったら、なんと内紛だった。文部科学省を使ってするような話ではないが、ネタとしては非常に面白い。 ... [続きを読む]

受信: 2011/11/12 10:16

» 巨人・清武代表の内部告発 [FREE TIME]
日本シリーズ前日に球界を騒がすニュース。 巨人・清武球団代表が渡辺恒雄会長を批判する内部告発を起こしました。 [続きを読む]

受信: 2011/11/12 17:15

» もうろくじじいが、ごちゃごちゃゆうたゆうて記者会見すんな [とつぜんブログ]
 午前中、ネットのニュースで、巨人の清武代表が重大な発表がある、とのこと。なんぞいな、巨人が身売りでもするんかいな。と、思っていたら、ナベツネのじいさんが人事に口をさしはさむつうこった。  巨人はいまだに、自分とこが球界の盟主やと思うとんのんかいな。な...... [続きを読む]

受信: 2011/11/13 04:31

» 11/12 日本シリーズ第1戦【竜2-1鷹】の件をさらりと流して… [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
実は、諸般の事情により今日・明日と熊本に行ってます。 それが決まったのが10日(水)の夕方で、どうしても熊本に行かなくてはいけないのは月曜日だけだから、日曜日に福岡で日本シリーズ第2戦観戦可能かなと思いつつも、その時点では金曜日から発売開始の日本シリーズの…... [続きを読む]

受信: 2011/11/13 05:08

» 巨人代表 解任必至!? [王様の耳はロバの耳]
巨人代表“解任”必至!“自爆テロ”はこうして起きた(夕刊フジ) - goo ニュース 昨日12日早朝コンビニに寄るとスポーツ紙が清武氏の渡辺会長批判を一面に取り上げ「内部告発」「反抗」とかはては「自爆テロ」なんて過激な見出しをつけていました。 浜爺はTPPに関する...... [続きを読む]

受信: 2011/11/13 08:26

» <巨人>清武代表が渡辺会長を告発「人事介入は人権侵害」 [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
 プロ野球・巨人の清武英利球団代表兼ゼネラルマネジャー(GM)は11日、文部科学省内で会見し、巨人軍の渡辺恒雄球団会長(読売新聞グループ本社会長・主筆)が球団人事に介入し「球界で生きる選手、コーチ、監督の基本的人権をないがしろにした」として内部告発した...... [続きを読む]

受信: 2011/11/13 09:08

» 巨人清武英利代表クーデター!渡辺恒雄会長のプロ野球と巨人の私物化の実態を公表!渡辺恒雄会長には役職全てを退任し引退すべきだ! [オールマイティにコメンテート]
11日巨人の清武英利代表が午後2時に文部科学省の会見室で記者会見をを行い、 読売新聞社の渡辺恒雄会長に一軍ヘッドコーチは江川卓とし、 岡崎郁氏は降格とすると伝えた事に ... [続きを読む]

受信: 2011/11/13 09:50

» 読売グループのガバナンスに開いた一穴:巨人・清武球団代表、渡邊球団会長非難の声明発表 [にわか日ハムファンのブログ]
プロ野球界の問題というより、読売グループの問題のような気が。ただ、それはそれで決して見過ごしてはならない問題です。 [続きを読む]

受信: 2011/11/13 09:51

» 清武球団代表の反乱? [いい加減社長の日記]
さてさて、どうなることでしょう・・・ 巨人の清武英利GMが、渡辺恒雄球団会長に反乱(?)。 11日、都内の文科省記者クラブで記者会見を行い、渡辺会長が来季のヘッドコーチにOBの江川卓氏を招聘するプランを進めていることを暴露しました。 チームはすでに岡崎郁氏... [続きを読む]

受信: 2011/11/14 07:32

» 読売巨人の内紛 清武代表の自爆テロに渡辺恒雄会長が反撃 [マチルダベイビー!]
読売ジャイアンツの清武英利球団代表兼GMが渡辺恒雄球団会長を告発する会見を行い、読売のトップに喧嘩を売りました。 [続きを読む]

受信: 2011/11/14 11:51

» 清武代表が渡辺会長批判 [あれこれ随想記 ]
巨人の内紛が起こっています。 清武球団代表が、人事をめぐって渡辺会長を批判しました。 清武代表が渡辺会長批判=人事などで「球団私物化」―プロ野球・巨人(時事通信) - goo ニュース プロ野球巨人の清武英利専務取締役球団代表(61)は11日、文部科学省で記者会見...... [続きを読む]

受信: 2011/11/15 21:12

« 藤岡貴裕&鈴木大地仮契約 | トップページ | ナベツネが清武ジャイアンツ代表に反論! »