« 12/18 ミニニュース | トップページ | 渡辺俊介更改/サブロー復帰決定が後送り »

2011/12/19

今岡が更改/エースナンバーにも格というものが

今岡“ロッテのアニキ”になる(デイリースポーツ)
ロッテ・今岡誠内野手が18日、千葉のQVCマリンフィールドで契約交渉に臨み、現状維持の1500万円で更改した。来季から打撃・守備コーチを兼任する今岡は「いろんな角度で良き兄貴分としてアドバイスしていきたい」と決意表明し、“ロッテのアニキ”になることを誓った。
口調は熱を帯びた。「このチームは最下位になるようなチームじゃない。みんなが同じ方を向かずバラバラになると、こうなる。他のチームより、勝ちたい気持ちが足りないところがあるような気がする」。昨季日本一から今季最下位に転落したチームに再び「和」を取り戻すべく、兄貴分として献身する覚悟だ。
その一つとして、対話路線で士気を高める役割を担う。「若手中心に積極的に話して、チーム内で野球の話をいっぱいするような環境をつくっていきたい」。活発なコミュニケーションを図り、チーム改革につなげる。
もちろん、選手としての輝きを失うつもりはない。「現役としては代打と言われているので、戦力としていつでも呼ばれるよう練習していく」と今岡。今季出場13試合、打率・130からの復活へ、1月は今年と同様に原点の安芸で始動する予定だ。

2  今岡  誠 1500←1500
(金額は推定 単位万円)

ロッテ・藤岡、年末年始も無休トレ
ロッテからドラフト1位指名された東洋大の藤岡貴裕投手は18日、年末年始、無休でトレーニングする意向を明かした。
何かと忙しい時期でも体を緩めることはない。昨年までも、正月返上で練習を続けてきたが「今年も休まずにやりたい」と話した。本格的なトレーニングは難しくても、キャッチボールやランニングなど軽めの練習は継続して行う。
この日は都内で行われた東都80周年記念祝賀会に出席。「勝つのが厳しいリーグだったが、そんな中で優勝を経験できた。自分にとっては充実した4年間だった」。先発ローテ入りが期待される即戦力左腕は、多くの大学OBから励ましの言葉を受け「プロでもがむしゃらにやっていきたい」と闘志を新たにした。
ロッテ2軍、薩摩川内で春季キャンプ 2月1日から(南日本新聞)
プロ野球千葉ロッテの林信平球団運営本部長が19日、薩摩川内市役所を訪れ、来年も同市で2軍の春季キャンプを実施することを伝えた。同市でのキャンプは9年連続9度目。
キャンプは2012年2月1~23日、同市総合運動公園であり、選手やスタッフら約60人が参加する。期間中は韓国ロッテとの練習試合も予定している。
林本部長は「施設が充実している同市で次世代を担う選手を育て、チャンピオン奪回のスタートとしたい」とあいさつ。岩切秀雄市長は「心待ちにしていた。再び優勝してもらえればうれしい」と話した。
一方、市民も鹿児島からチームを支えようと、11月には「千葉ロッテマリーンズ薩摩川内後援会」(宮司保会長)が発足し、日本一奪還を後押しする。現在、会員を募集中で、同席した宮司会長は「マリーンズを盛り上げ、地域活性化につなげたい」と話している。
-------------------------------------------------------------
今岡さんは、二軍コーチ兼任かつ代打の切り札と両立できるかどうか。
日刊スポーツによれば、東洋大の後輩、藤岡には「ルーキーはチームのことは
考えなくていい」とがむしゃらにプレーすることを勧めたという。
この時点で未更改選手は井口、今江、唐川、里崎、伊藤、渡辺俊介、薮田。
藤岡といえば、各球団のエースナンバー背番号18。

マリーンズ 藤岡貴裕 ドラゴンズ 伊藤準規
ホークス  新垣 渚   スワローズ (不在)
ファイターズ 斎藤佑樹 ジャイアンツ 杉内俊哉?
ライオンズ 涌井秀章  タイガース 二神一人
合併球団 岸田 護   カープ 前田健太
イーグルス 田中将大  ベイスターズ 三浦大輔

ここまで書けばエースナンバーにも格というものがあるだろう。
オリオンズからマリーンズにかけて、成田文男・石川賢・伊良部秀輝・
清水直行ときて、斎藤佑樹獲得のあかつきには付けるつもりだったが
かなわず、藤岡が付けるにふさわしいとなれば異論はないだろうが、
中尾碩志・藤田元司・堀内恒夫・桑田真澄らが背負った大名跡ともいうべき
ジャイアンツの背番号18を杉内獲得の取引材料にしていいものか?
「FAを取っても必要とする球団はない」「手を挙げる球団がありますか?」
などと罵倒された以上、(ちなみに、発言した小林至編成育成担当取締役は、
孫オーナーの「厳しく処置したく思います」ツイートにより解任された)
「やって上がる、やらないで下がるのは当然だけど、いきなり交渉の場で
大幅ダウンは愛がない。僕の条件というより、若い選手のことも思うと…」
ホークスから年俸固定制にするからと泣きつかれても時すでに遅しで、
心ここにあらずといった心境の杉内がジャイアンツに行くのはしのびないが…。
-------------------------------------------------------
サンケイスポーツコラム甘口辛口(12月19日付け)
―引用はじめ―
巨人・渡辺球団会長の高笑いが聞こえてきそうだ。「見たか清武。俺が乗り出せばざっとこんなもんだ。ワッハッハッ…」。横浜の主砲村田、ソフトバンクで今季パ最多勝のホールトンに続き、同じソフトバンクでFA宣言した杉内も巨人移籍で決まりらしい。退団したラミレスの後釜の外国人外野手も狙いが定まったとか ▼清武前GMが反旗を翻し解任された後、バタバタと決まった大型補強。「優勝できなかったのは補強の失敗もある」と前GMは糾弾されたが、今度は金に糸目をつけず、まさに巨人ならではの感がある。これで来季も優勝を逃したら、原監督の進退などひと騒動は避けられそうにない ▼心配なのはソフトバンクで、今季16勝の和田がFAでオリオールズに移籍し同19勝のホールトン、8勝の杉内と合わせレギュラーシーズン88勝のチームから43勝分が抜ける。チームとして成り立つのか。メジャー挑戦の和田や自由契約のホールトンはともかく、福岡県出身の杉内まで去っていくのは見るに忍びない ▼95年(当時ダイエー)に王監督が就任すると福岡の人たちは温かく迎え、支えてきた。相撲では地元出身の大関魁皇(浅香山親方)への声援が熱かった。情が深く一度惚れ込んだらとことん後押しする土地柄なのに、8年ぶりに日本一になった途端「ハイ、さようなら」。博多っ子の心中は察してあまりある ▼巨人は藤田元司、堀内恒夫、桑田真澄と受け継がれたエースナンバー「18」を杉内に用意するとか。「生え抜きが付ける伝統の背番号を…」と巨人ファンも面白くないだろう。ファンの“共有財産”である「18」まで持ち出すこと自体、私物化の象徴といえまいか。(今村忠)
―引用終わり―

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!ツイッターも好評です!

|

« 12/18 ミニニュース | トップページ | 渡辺俊介更改/サブロー復帰決定が後送り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/53523229

この記事へのトラックバック一覧です: 今岡が更改/エースナンバーにも格というものが:

« 12/18 ミニニュース | トップページ | 渡辺俊介更改/サブロー復帰決定が後送り »