« 藤岡「江夏さんになる!!」ジョニーもベタ褒め | トップページ | 駒田さんの熱血指導が結実するか?/鈴木もインフルエンザ »

2012/02/03

セ・リーグも予告先発導入へ!

セが予告先発導入を検討 一部球団は前向き(共同通信など)
プロ野球のセ・リーグが観客増を目的に今季から、投手の予告先発の導入を検討していることが3日、分かった。複数のリーグ関係者が明らかにした。現在は球団ごとに意見をまとめている段階だが、既に一部の球団は前向きな姿勢を示している。3月1日の理事会で話し合われる見込み。
セの理事長を務める中日の佐藤良平球団代表は「今季から導入する可能性は否定できない。(導入するなら)3月1日の理事会で決めないといけない。(意見を)集約して反対が多いようなら難しい」と話した。
予告先発はパ・リーグが1983年に開幕戦で導入し、94年からは全試合(2005年からの交流戦は除く)で採用している。セ・リーグによると、セでも94年に毎週日曜日と両者が同意した巨人と広島の試合で実施されたことがあるという。
セが予告先発検討=今季実施も(時事通信)
セ・リーグが公式戦全試合を対象に予告先発の導入を検討していることが3日、分かった。3月1日の理事会で協議し、決まれば今季から実施する。
理事長の中日・佐藤良平球団代表は「まだ意見交換のレベル」としているが、複数の球団が前向きで、ヤクルトの新純生球団常務も「うちは反対はしない」と語った。
予告先発は、パ・リーグが集客を狙って1983年の開幕戦で初めて実施。その後、日曜日の試合を対象にしたシーズンなどを経て94年から全試合で予告している。
セは94年に日曜日の全試合、巨人と広島の全試合に限って実施しただけで、2005年からのセ、パ交流戦でも行われていない。

ジャイアンツ・原沢敦球団代表兼GM「これから研究してみましょうという段階だという認識です。必要があれば現場にも意見を聞くことになるでしょう」
ドラゴンズ・高木守道監督「いいんじゃないですか。私はそういう駆け引きは得意じゃないので。(佐藤代表に)どっちでもいいよと言っておいた」
スワローズ・小川淳司監督「話は1月に球団から聞きました。観客動員につながるということであれば、やった方がいいという思いはあります」
タイガース・和田豊監督「去年までの打撃コーチの立場なら相手投手は分かった方がよかったけど、立場が変わって簡単に(賛否を)言えない」
カープ・野村謙二郎監督「いいんじゃないかと思いますよ。(ファンサービスで)誰が投げるというのはセ・リーグでも必要と思う。反対する理由は特にありません」
ベイスターズ・高木豊ヘッドコーチ「強いチームは得だけど弱いチームにとってはいじめ。ファンには勝負の駆け引きや情報戦も楽しんでほしい。セ、パの独自性がある方が面白いと思う」
合併球団・岡田彰布監督「珍しいわな。セがパのやることに合わせていくというのは。(セ導入で)交流戦も予告先発になると、おもんないわな。あんまり賛成じゃない。相手投手の右、左でツープラトン打線を持っているチームが有利やわな。そのうち打つばかりのチームは、次はDH制にしたいというんちゃうか」
イーグルス・星野仙一監督「俺もパに来て最初は違和感があったが、慣れの問題。賛否両論ある。ファンにアンケートを取ってもいい」
---------------------------------------------------------
(2/4 大幅に加筆しました)
参考エントリー:予告先発について考える
筆者は予告先発に賛成なのは上記リンクを参照していただくとして、
「94年に毎週日曜日と両者が同意した巨人と広島の試合で実施されたことがある」
というのは、当時の長嶋茂雄・三村敏之両監督が乗り気だったことから実現したわけで、
昔から指名打者制度=DH制などパ・リーグが考え出したものは、
セ・リーグはやらないという風潮が強かったんだが、プレーオフ=クライマックスシリーズ
などセ・リーグも同調するケースもあって、当然パ・セ交流戦も予告先発でやるだろうね?
ここまできたらセ・リーグも指名打者制度=DH制導入という大英断がなされるのも
そう遠くないだろう。ピッチャーの打席なんて誰が見たいものか?
日刊スポーツに、同紙評論家の落合博満前ドラゴンズ監督の私見が。
あぁ、あのお方の辞書にはファンサービスなどなかったわけで(笑)。
-----------------------------------------
―引用はじめ―
予告先発にはメリットとデメリットの両方があると思う。観客動員の面で賛成する意見が多いのかもしれない。右投手なら左打者を、左投手なら右打者を並べればいいと単純に考える監督は賛成するだろう。投手の左右に応じて2種類のオーダーをきちっと組めるところは予告先発があった方がいいのかもしれない。逆に言えば、投げる選手によって観客が減る可能性だってある。賛否両論あるだろう。
パ・リーグがやっているからセ・リーグでも混乱なく導入できるだろうと安易に考えないことが大事。新しいルールができると、必ずと言っていいいほど、あとになって「聞いてないよ」とか「想定外だった」と言うケースが出てくるものだ。極端な例を挙げれば、右投手が打者1人だけ投げて、すぐに左に交代させる。そういう起用をする監督が出てきてもおかしくないわけだ。それで誰も文句は言わないのか、といったことも考えないといけない。そうやって、あらゆる状況を想定して問題点を洗い出す必要がある。導入に至る過程で、ルールを決める人間と現場の人間の意思疎通がしっかりできているかどうかが重要になる。細かいところを確認しないまま、いきなり今年から導入しようというのなら、時期尚早という気もする。
現場は決められたルールに従うしかない。でも、どちらか選べと言われれば、個人的には予告先発じゃない方が好き。戦う前の心理戦や情報戦は、セ・リーグならではの醍醐味だと思うし、そういう意味でも野球の面白さは半減すると思う。新聞記者だって仕事がなくなっちゃうだろ。結局、日本の野球はアメリカに右へならえ、ということなのかな。セはDHと予告先発だけはやらない、というのが今までの流れだったんだろうけど。そのうち、予告先発だけじゃなくてDH制も、なんて話が出てくるのかもしれない。
―引用終わり―
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 藤岡「江夏さんになる!!」ジョニーもベタ褒め | トップページ | 駒田さんの熱血指導が結実するか?/鈴木もインフルエンザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セ・リーグも予告先発導入へ!:

» セ・リーグはパ・リーグの二番煎じになるのか [FREE TIME]
先週、セ・リーグが今季から予告先発を導入する案が出ている事が報じられましたが、その他にもDH制の導入や、レンタル制なども検討しているようです。 [続きを読む]

受信: 2012/02/07 22:51

« 藤岡「江夏さんになる!!」ジョニーもベタ褒め | トップページ | 駒田さんの熱血指導が結実するか?/鈴木もインフルエンザ »