« 遅ればせながら…2012マリンスタジアムチケット料金案内 | トップページ | 藤岡やるじゃん!レオ打線を4安打5奪三振! »

2012/02/28

プロ野球新人研修会に桑田真澄さんが

桑田氏がNPB新人研修会で講師(スポーツ報知)
スポーツ報知評論家の桑田真澄氏が3月5日に都内で開かれるNPB新人研修会で講師を務めることが27日、分かった。全12球団のルーキーにアスリートとしての心得を伝授するこの研修では、02年に堀内恒夫前巨人監督(スポーツ報知評論家)、09年にソフトバンクの王貞治会長らが講師に招かれてきた。講義時間は40分間を予定。豊富な経験に加えて、巧みな話術にも定評がある桑田氏が、後輩たちにどんな“金言”を授けるのか注目される。
今年の“ドラ1”は名より実!桑田氏が研修会の“目玉”
プロ野球12球団のキャンプも終盤。これが終わると、新人には日本プロ野球組織(NPB)主催の研修会(3月5日)が待っている。
『アンチドーピング運動について』『税の意義と役割』『薬物乱用防止について』『暴力団の実態と手口』『話し方、インタビューへの対応』『先輩プロ野球選手からプロ野球の後輩へ』。どれも重要な講義だ。ここ数年は“目玉新人”がいてマスコミ露出も高かった。昨年は日本ハム・斎藤佑樹投手が文句なしの主役。一昨年も、メジャー数球団まで争奪戦に加わった西武・菊池雄星投手がクロースアップされた。3年前はソフトバンク・王貞治球団会長が講師で注目を集め、巨人・大田泰示外野手が話題になった。
しかし、今年は注目されそうな新人が見当たらない。『先輩プロ野球選手からプロ野球の後輩へ』の講師を務める巨人OBの桑田真澄氏が、一番のビッグネームかもしれない。といって、新人不作の年というワケではない。
前出の3人が人気先行でまだ実力が追いついていないように、プロ野球の世界は結果がすべて。力がなければ人気はアッという間に落ち、実力があれば人気も上がる。むしろ、今年のドラフト1位には“名より実”の選手が多い。
即戦力ナンバーワンといわれるロッテの左腕・藤岡貴裕投手(東洋大)は、首脳陣がその実力に太鼓判。広島の右腕・野村祐輔投手(明大)も、ローテーション入りが確実視されている。西武の十亀剣投手(JR東日本)にいたっては、渡辺久信監督が先発と抑えどちらで使うか迷うほど。
注目度ナンバーワンだった、東海大・菅野智之投手が日本ハム入りを拒否し、確かに目玉は不在。新人研修会は盛り上がりに欠けるかもしれないが、開幕後は新戦力をタップリと楽しめるだろう。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)
(以下3/1追記)
今年を代表するルーキーはこの4人だ!野村、藤岡、高橋、武田
即戦力ルーキーはといえば、セ・リーグは広島・野村祐輔投手(明大)、パならロッテ・藤岡貴裕投手(東洋大)。将来のイチ押しなら中日・高橋周平(東海大甲府高)とソフトバンク・武田翔太(宮崎日大高)。
いずれもドラフト1位の面々、5日に都内ホテルで行われる『2012年新人選手研修会』で“ご指名”がかかっている。
日本野球機構(NPB)主催の同研修会で、名物となっているのが『話し方、インタビューへの対応』講義だ。講師は、巨人・長嶋茂雄終身名誉監督とも親交が深い元ニッポン放送アナウンサー、深沢弘氏。毎年指名した新人選手を壇上に上げ、模擬インタビューで受け答えの仕方を教えている。
昨年は日本ハム・斎藤佑樹、一昨年も西武・菊池雄星と“ビッグネーム”が選ばれた。今年は突出した知名度のある新人がいない。キャンプ期間中のメディア露出を見る限り、早大ソフトボール部出身の日本ハム・大嶋匠あたりになるのだろうが、深沢氏が指名したのが前出の4選手だ。
野村は六大学史上7人目の通算30勝、300奪三振。一方の藤岡も300奪三振、大学選手権連覇で連続MVPに輝いた。いずれも新人王有力候補にあげられている。
また高校生の2人も、甲子園出場がないため全国区の知名度はないが、高橋は昨年のドラフトでは3球団が1位で競合。いきなり1軍の沖縄・北谷キャンプで大器ぶりをアピールしている。武田は“九州のダルビッシュ”と呼ばれ、将来性が期待されるエース候補だ。
新人研修会で壇上に上がる4人は、今年を代表する大物ルーキーとして注目を浴びることになる。覚えておいて損はない。(夕刊フジ編集委員・江尻良文)
---------------------------------------------------------
プロ野球新人研修会は、プロ野球の新入団選手が社会人として良識のある行動を身に付けるための勉強会で、1963年から行われており、「都内ホテル」とあるが、ここ数年グランドプリンスホテル新高輪で、しかもドラフト会議やプロ野球コンベンションと会場が同じ!
藤岡貴裕・中後悠平・益田直也投手、鈴木大地内野手のマリーンズ
ルーキーズカルテットも当然出席するわけで、しっかり心して聴くように!

藤岡にとってみればかつての中田翔、大田、雄星、佑ちゃんみたく
騒がれるはずであったが、騒がれたのは言わずもがなソフトボール出身・
ファイターズのドラフト7位ルーキー大嶋匠捕手。

マリーンズは翌6,7日と札幌ドームでファイターズとオープン戦なので、
左対左とはいえ、藤岡vs大嶋の対戦はあるのか!?
その前に新人研修会でニアミスする可能性もありうることだし。
桑田さんは背番号18の大先輩なので聴くだけの価値はあって、
藤岡はこれまでのテレビ出演から受け答えは堂々としているので、
「話し方、インタビューへの対応」ではニッポン放送ショウアップナイターの
ベテラン実況アナだった深澤弘さんから好評価は得られるかも。
野村祐輔・伊藤隼太・十亀剣・小石博孝・安達了一・武藤好貴・比屋根渉ら
他球団ルーキーの野球に取り組む姿勢も見習うべし!
どれをとってもプロ野球選手として生きていくうえでのためになる講義ですから、
毎年おもうのだが、「アスリートとしての心得を伝授する」
というならば専門医を招いて野球選手は禁煙すべきだという講義もやるべき
なんだけどなぁ。それは球団が個別に行うべきものといいたいのか?
高橋周平・歳内宏明・松本竜也・北方悠誠・高城俊人・釜田佳直ら
未成年の高卒の選手も大勢いることも考えてね。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!ツイッターも好評です!

|

« 遅ればせながら…2012マリンスタジアムチケット料金案内 | トップページ | 藤岡やるじゃん!レオ打線を4安打5奪三振! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/54102481

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球新人研修会に桑田真澄さんが:

« 遅ればせながら…2012マリンスタジアムチケット料金案内 | トップページ | 藤岡やるじゃん!レオ打線を4安打5奪三振! »