« 紅白戦その1 藤岡・中後まず結果出した | トップページ | グライシンガーの復活はあるのか? »

2012/02/13

紅白戦その2 大松がサヨナラアーチ!

紅組 10000000 1
白組 00100001x 2
◆紅組      打安点   ◇白組      打安点
(中) 岡田幸文 410    (中)伊志嶺翔大 410
(二) 根元俊一 420    (遊) 鈴木大地 300
(右) 清田育宏 300    (三) 今江敏晃 410
(指)ホワイトセル 310    (一) 大松尚逸 311 
(遊) 細谷 圭  410    (二) 塀内久雄 311
(一) 青野 毅  310    (右) 角中勝也 200
(三) 渡辺正人 310    (捕指)田中雅彦 310
(捕) 金澤 岳  300    (指捕)小池翔大 310
(左) 工藤隆人 300    (左) 早坂圭介 300
累計       3070    累計        2862
        回打安責            回 打安責
光原逸裕   2 920     吉見祐治  2  910
古谷拓哉   2 1020     小林 敦   3  1230
松本幸大   2 610     上野大樹  3  1130
服部泰卓 1 2/3 611
ホームラン:大松
(強調フォントは当ブログ注目&イチオシの選手です。)

NHKサンデースポーツ(画像は同番組より)でみましたが、
駒田さんの指導効果が早速出たというか、駒田さんから一本足打法を
教え込まれたのがよかったのか。ただし、ファーストの守備でエラー。
「たくさん受けるしかない」と試合後も特守を行った。(日刊スポーツより)
グライシンガー 初の打撃投手!
「感覚として悪くない。ボール球も狙った方向に行っていたし、
逆球もなかった。真っすぐはもっとよくなる、徐々によくなっていくよ」
目指せ先発ローテ5人目!
イーグルス戦などを中継してきたBS11 今季はプロ野球中継なし!
「一方、プロ野球については2012年シーズンは放送しないことを決定。これは、前述した想定視聴者層に対して明確な編成を行なうためで、『プロ野球は有力なコンテンツだが、プロ野球の視聴者層は、他の曜日には観にこない。どちらかというと、ゾーニングで視聴者が定着することを優先する』としている」
だそうだが、イーグルス戦放映権を得たJSportsのBS移行も一因あるかも。
P2122124
大松、一本足打法で復活ノロシのサヨナラ弾!(スポーツニッポン)
左の大砲が一本足打法で復活のノロシを上げた。同点の8回2死でロッテ・大松は打席に入ると右足を大きく、昨年よりも長く上げた。左腕・服部のスライダーを呼び込み、コンパクトに叩いた。8回打ち切りの特別ルールのため、右越えサヨナラアーチとなった。
「今は自分の間合いが取れている。一本足は体重をボールにぶつけたいから。立ち遅れしないように今は大げさに足を上げている」。08年に24発を放ったパワーヒッターだが昨季は不振で2軍落ちを経験。自慢のアーチもわずか2本だった。
「目指すところは長打で走者を還したり、一発で流れを変えること。そんな打順を任される打者にならないと」。まずは一塁レギュラー、その先には4番の座も見えてくる。
サブロー奮い立つ まとめ役ロッテ帰還(東京新聞)
ロッテ外野陣は精鋭ぞろいだ。岡田、伊志嶺、清田、荻野貴…。18年目のサブローは、激しい競争の渦中にいる。「いい選手が多いけど、負ける気はさらさらない。試合に出るためにロッテに戻ってきたのだから」と自らを奮い立たせた。
キャンプでは「けがをしない体づくり」に重点を置いている。技術的な部分は、オープン戦など実戦を通して仕上げていけばいい。むしろ今年のサブローは、チームのために何ができるかを今まで以上に考えている。
日本一から一転、最下位に沈んだ昨季。成績が急降下したのは、6月に選手会長だったサブローがトレードでチームを去ってから。あらためて分かったのが、チームをまとめていたサブローの存在だった。
10月にフロント陣を一新させた重光オーナー代行は、サブローを念頭に「呼び戻せる人は呼び戻したい」と発言。結局、移籍先の巨人で48試合の出場にとどまったサブローも、出場機会を求めてフリーエージェント(FA)権を行使。古巣に復帰した。
サブローは「去年は最下位だったけど、普通にやれば大丈夫。日本一から最下位、最下位から日本一。こんなチームがあってもいいんじゃないかな」と穏やかな表情で語った。
投手力には手応えを感じているという。藤岡、中後の即戦力新人、実績十分のグライシンガーが加入。昨季のチーム本塁打数は、西武・中村(48本)の1人分にも及ばない46本だったが、「それでもいい。投手力中心で、中日みたいな負けない野球ができたら」と話す。
主将の今江、選手会長の大松。今年は2人のまとめ役を買って出る。「選手がやりやすい環境づくり。そのために(球団に)意見していかないと」。精神的支柱が帰ってきたロッテの逆襲が見ものだ。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!ツイッターも好評です!

|

« 紅白戦その1 藤岡・中後まず結果出した | トップページ | グライシンガーの復活はあるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/53976734

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白戦その2 大松がサヨナラアーチ!:

« 紅白戦その1 藤岡・中後まず結果出した | トップページ | グライシンガーの復活はあるのか? »