« プロ野球新人研修会2012 | トップページ | オープン戦だから笑って済ませられる大敗 »

2012/03/06

グライシンガーいまひとつも、根元・中後に及第点

マリーンズ  102200001 6
ファイターズ 201000002 5
M:○グライシンガー-中後-益田-松本-カルロス・ロサ-服部-S中郷
F:●ケッペル-木田優夫の落ちないフォーク-増井-宮西-谷元
観衆 8504人

福岡からひとっ飛びしてきょうあすは札幌ドームでファイターズとの
オープン戦。ガンちゃん(岩本勉さん)引退試合以来5年ぶりじゃね?
北海道&東日本パス持参でけさ6時にはまなすで札幌に着いた
マリサポ率はいかに?ダルビッシュが抜け、菅野智之入団拒否で
きょう投げたケッペルをはじめ斎藤佑樹・武田勝・ウルフと残された
ファイターズの先発ローテだが八木・吉川・多田野あたりが入れば
面白いかも。リリーフ陣・打線は困らないだけに、スケールズと入れ替わりで
ベイスターズからスレッジが復帰したことも好材料。鶴岡・大野両捕手の
越えられない壁もあるが大嶋匠は話題性だけで終わるかも。
グライシンガー先発だったが、1回稲葉のライトへの打球をサブロー目測
誤りツーベースにしてしまうと、糸井・スレッジタイムリー、
3回にもスレッジタイムリーで7安打3失点。
「セットポジションからの投球が思い通りにいかず、球が真ん中に集まった」
むしろ4回5回登板したルーキー中後はよかった。
5回糸井に左中間へのツーベースを打たれたものの、
中田翔セカンドフライ、スレッジレフトフライに打ち取る!
「任されたところで一生懸命やる。短いイニングだと全力でいける」
中継ぎとしては内容がよかっただけに、左の中継ぎへ!
グライシンガー以上に調子悪いケッペルを攻略!
1回根元・井口連打のあとホワイトセル犠牲フライで先制すると、
3回Y-岡田の足を直撃するデッドボール、伊志嶺送りバントを稲葉悪送球、
根元サードタイムリー内野安打、井口タイムリー!
4回大松、Y-岡田とセンター前安打、伊志嶺デッドボール、
またしても根元!センター陽岱鋼の頭上を越す2点タイムリーツーベース!
4安打3打点だけに、ショートレギュラーポジション盗りへ一歩前進したようだ。

---------------------------------------------------------
開幕投手争う 成瀬&唐川11日“直接対決”!(スポーツニッポン)
開幕投手を争う成瀬、唐川の両投手が、11日のソフトバンク戦(ヤフードーム)で「競演」する。 札幌市内の日本ハム室内練習場で全体練習を見守った西村監督は「11日に成瀬と唐川を投げさせる。開幕までに登板する回数は3回ぐらいになるでしょうね」と言及。唐川はキャンプ終盤に背中を痛めて調整が遅れているため、現時点で開幕投手は成瀬が最有力だが、指揮官は「まだ開幕投手は伝えていない。投げたい人間が何人かいるだろうしね」と当面は競争心をあおる方針だ。
人模様:「一生懸命」を応援し続ける吉田由季子さん(毎日新聞)
プロ野球パ・リーグの熱烈なファンの集まり「純パの会」が4月、結成30年を迎える。代表で医療ジャーナリストの吉田由季子さんは「パのファンは、セ・リーグのファンとはひと味違う気がします」。かつてパの球場には閑古鳥が鳴いていた。「セとの格差是正」などを旗印にファンが82年に会を結成した。
自身は西本幸雄監督が率いた時代の近鉄バファローズを愛する。「やんちゃな選手と監督の魅力が合わさって、魅力的なチームでした」。代表就任は一昨年4月。「(会の)良いことはいろんな人の観戦談を聞けることです。野球を楽しんでいる人の、生の声を聞ける喜びは表現しようがない」
その後「パ・リーグは人気、実力ともにセをしのぐ」との見方も出るようになった。だが最近、ダルビッシュ投手が「真剣勝負」を求めて渡米したことには、「パの選手に必死さがなくなっているのでは」と危惧する。「一生懸命プレーしてほしい。そんなパ・リーグを応援する会でありたい」と語る。【小野博宣】

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!ツイッターも好評です!

|

« プロ野球新人研修会2012 | トップページ | オープン戦だから笑って済ませられる大敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/54159705

この記事へのトラックバック一覧です: グライシンガーいまひとつも、根元・中後に及第点:

« プロ野球新人研修会2012 | トップページ | オープン戦だから笑って済ませられる大敗 »