« 中後が2日またぎで6連続奪三振!! | トップページ | 今年初マリンはラッキーエイト逆転劇で虎狩りからはじまる »

2012/03/15

ジャイアンツ 主力選手入団時の契約金超過発覚!

巨人、6選手に契約金36億円 球界申し合わせ超過(朝日新聞)
プロ野球・読売巨人軍が、球界で申し合わせた新人契約金の最高標準額(1億円プラス出来高払い5千万円)を超える契約を多数の選手と結んでいたことが、複数の関係者証言と朝日新聞が入手した内部資料から明らかになった。14日現在で確認できたのは、1997~2004年度に6選手と結んだ計36億円の契約で、このうち計27億円が最高標準額を超過する内容だった。
読売巨人軍は朝日新聞の取材に対し、「個別の選手の契約は申し上げられない。標準額は07年までは上限ではなく、超えても構わないというのがプロ野球全体の理解のはず。ルール違反ではない」と話している。
超過額の契約が判明したのは、高橋由伸、上原浩治(現大リーグ)、二岡智宏(現日本ハム)、阿部慎之助、内海哲也、野間口貴彦の6選手。
プロ野球では93年のドラフトから、社会人と大学の選手が入団する球団を選べる逆指名制度を導入。これに伴い、球団間の争奪戦で契約金が高騰するのを避けるため、新人選手の契約金の最高標準額を1億円と12球団で申し合わせた(翌年から1億円プラス出来高払い5千万円)。
巨人軍の複数の内部資料や関係者証言によると、97~00年のドラフトの逆指名制度と、01~04年の自由獲得枠で入団した選手のうち6選手について、最高標準額を超過する契約金額となっていた。
最も高額なのは、阿部選手(00年ドラフトで入団)の10億円。野間口選手(04年)は7億円、高橋選手(97年)は6億5千万円、上原選手(98年)、二岡選手(同年)は各5億円、内海選手(03年)は2億5千万円となっている。このほか、上原選手には退団時の功労金1億2千万円、二岡選手には退団時の功労金7千万円と別の出来高払い3千万円も支払う契約となっていた。
6選手の契約では、1億5千万円を超過する金額について、複数年にまたがって分割払いするとし、各年の出来高条件の一部をクリアした場合に支払われるとされていた。複数の巨人軍関係者によると、巨人軍にとってこの出来高払いは税務上、契約金の分割払いとみなされ、通常の出来高払いとは違う会計処理をしていた。各選手も税務申告する際、契約金の一部であることを明らかにしていた。国税当局も税務調査などでこうした内容を把握しているという。
最高標準額を超過した契約金をめぐっては、横浜(現DeNA)が、04年に自由獲得枠で入団した那須野巧選手に5億3千万円の契約金を支払っていたことが07年に発覚。西武も同年、選手15人に対し最高標準額を上回り、計11億9千万円(超過額)を支払っていたと公表した。プロ野球を統括する日本野球機構は、これらの行為について厳重注意処分とした。今回判明した巨人軍の契約の中には、これらと同時期に結ばれていたものもある。
--------------------------------------------------------
だからこんなことに使うおカネがあればファンサービスとか、
「育成の巨人」に恥じないような選手育成に使うものべきだと
当ブログでは以前から言ってるでしょうが!
朝日新聞の記事は、野間口の契約金分割払いへと続き、
「巨人軍はあなたを来年から活躍できる即戦力として位置づけています」
にはじまり、「近年、高額契約金でプロ野球界に入った選手のほとんどが
この分割方式をとっています」と球界のルールを越えて契約金を受け取った
ことが判明してしまい不利になるとして契約金の分割払いを勧める件があって、
社会面において、桃井球団社長への一問一答のなかでつぎの通り釈明。
「大事なのは、標準額は上限ではないという理解。超えても構わない、
というのがプロ野球全体の理解のはず」「上限でなく拘束力がない」。

俎上にあげられた選手全員がノーコメントは納得いかん。
「12球団が新人選手の契約金の最高標準額を申し合わせた当時から、今回の問題は指摘されていた。巨人だけでなく他球団でもやっていたこと。何を今更とも思うが、やはり巨額だ。契約金はあまりに額が大きいと、それに見合う働きがしづらい。活躍しないのに金だけは持っていて、頑張る意欲がなくなってしまっている選手もいた。働く前に金を出すという発想ではなく、頑張って活躍した人に5億円、10億円とあげるようなシステムが当然。メジャー流出も止まる。巨人だけでなく、球界全体で考えなければならない問題だ」
エモやんの御説ごもっとも。
契約金を安くするかわりにプロ入り後は
それなりの活躍をすれば大幅アップすべきではないか?
それ以上にタチがわるいのは、「球界挙げて震災復興を支援しようとする中で
10年以上前のことを蒸し返すのは理解できない」? ? ?
震災直後にナベツネ爺様いわく「この前の戦争に負けた後、3カ月で選手、
監督から試合をやりたいと声が出て、プロ野球をやった歴史がある」
清武球団代表(当時)も「プロ野球には人を鼓舞する力がある」
などともっともらしい理由をつけて3・25開幕強行しようとしたこと。
ジャイアンツは桃井恒和球団社長名で秋山耿太郎・朝日新聞社社長宛に
以下の通り抗議書を送付している。
--------------------------------------------------------
前略
貴社の発行する朝日新聞2012年3月15日付朝刊の1面で報じられた「巨人、6選手に契約金36億円 球界申し合わせ超過 97~04年度、計27億円分」との記事をはじめ、当球団と選手との契約にかかわる同日付朝刊の各記事は、読者をはじめファンや球界関係者らに対して重大な誤解を与えると同時に、各選手のプライバシーと名誉、当球団の名誉と営業上の秘密に関して極めて深刻な影響を及ぼすものです。厳重に抗議するとともに、当球団並びに各選手に対する謝罪と貴紙への謝罪文掲載を求めます。
当職と当球団常勤監査役の山口寿一は3月14日、当球団事務所で朝日新聞記者(原文では記者実名)の質問に約1時間半にわたって各種の資料等を示しながら詳細に説明を行いました。
2001年6月18日に日本野球機構実行委員会で申し合わせ、採択した内容を記した文書についても、お渡ししました。この文書は、新人選手の契約金の最高標準額を1億円とし、年俸の標準額を契約金の半額5000万円とすることのほか、この標準額が上限ではないということを申し合わせたものです。その中では、契約金などに上限額を設けることは独占禁止法に抵触する恐れがあるという1994年の公正取引委員会見解も紹介され、上限は設けないほうがよいというのが当時の判断であり、その判断は変わっていないことが明記されています。文書は実行委員会後、報道機関にも配布しています。当時の実行委員会議長は申し合わせにあたりこの文書を誤った報道があったとき正しく理解してもらうために使うのがよいとしており、朝日新聞記者(原文は記者実名)に渡したのは、まさに誤った報道がなされようとしていたからにほかなりません。にもかかわらず、2点の申し合わせ事項のうち契約金などの最高標準額が計1億5000万円となることだけを強調し、上限ではないことを無視するような報道は、極めて不公平です。この申し合わせを正しく理解していれば、「球界申し合わせ超過」などという見出しの記事には成りえないはずです。
貴社は当球団の主張の一部を掲載していますが、ご承知のように、報道にあたっては、相手方の主張を踏まえ、自らの取材結果の正当性を改めて吟味することが不可欠です。自らの取材結果と異なる場合、相手の主張を単に併記すれば足りるというわけではありません。
これらの記事は一般読者の普通の注意と読み方を基準にすれば、表現はもとより、見出しや扱い方等からして、当球団の行った契約には極めて問題が多く、社会的な批判を受けるのがあたかも当然であるかのように誤導するものであり、各選手や当球団の名誉を著しく貶めるものと言わざるを得ません。
また、個別の契約内容は、各選手にとっては外部には知られたくない高度にプライバシーにかかわる事柄であるだけでなく、当球団や他のプロ野球球団にとどまらず、およそプロスポーツを運営する企業にとっては極めて重要な営業上の秘密であり、これを記事に掲載することはそうしたプライバシーや営業秘密をも著しく侵害するものです。
本書面到達後、5日以内に誠意あるご回答のない場合は、法的措置を取らざるをえませんので、併せて通知いたします。
草々
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 中後が2日またぎで6連続奪三振!! | トップページ | 今年初マリンはラッキーエイト逆転劇で虎狩りからはじまる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャイアンツ 主力選手入団時の契約金超過発覚!:

» 巨人軍 6選手に闇契約金〜阿部10億、野間口7億円〜高っ! [世事熟視〜コソダチP]
我が巨人軍が、新人契約金の申し合わせ基準とされていた最高標準額(1億円プラス出来高払い5千万円)を超える契約を多数の選手と結んでいたことがあきらかに・・・。 朝日新聞が「1997年から2004年度に入団した6選手が最高標準額の1億円プラス出来高払いを超えた契約を結んでいた」と報道。 具体的には、97年の高橋由伸外野手が6億5千万円、98年の上原投手と二岡内野手(98年)が5億円プラスアルファ、00年の阿部捕手が10億円、03年の内海投手が2億5千万円、04年の野間口投手が7億円。 ... [続きを読む]

受信: 2012/03/16 13:11

» 読売の新人契約金は最高10億円もあった [虎哲徒然日記]
プロ野球・読売巨人軍が、球界で申し合わせた新人契約金の最高標準額(1億円プラス出来高払い5千万円)を超える契約を多数の選手と結んでいたことが、複数の関係者証言と朝日新 ... [続きを読む]

受信: 2012/03/16 19:10

» 読売巨人軍新人選手に最高標準額を超過する契約金支払発覚!不透明な経営実態が世間の不信を招いた報道だ! [オールマイティにコメンテート]
14日朝日新聞社は読売巨人軍が1997年から2005年頃に入団した 新人選手6人に最高標準額1億5千万円を超過する 契約金額総額約36億円を選手に支払っていた事をス ... [続きを読む]

受信: 2012/03/17 06:04

» 巨人が申し合わせ超える闇契約金、逆指名入団の主力選手も [ネット社会、その光と影を追うー]
逆指名制度を利用して入団した一部選手が球界で申し合わせた最高 [続きを読む]

受信: 2012/03/17 08:34

» 開幕間近というのに [FREE TIME]
プロ野球開幕まで2週間を切りましたが、先週から続いているグラウンド外でのゴタゴタが後を絶ちません。 本当に困ったものです。 [続きを読む]

受信: 2012/03/20 21:56

« 中後が2日またぎで6連続奪三振!! | トップページ | 今年初マリンはラッキーエイト逆転劇で虎狩りからはじまる »