« 藤岡に打線の援護なし | トップページ | 6月25日現在の一軍登録メンバー »

2012/06/24

またしても勝てた試合を引き分け…

マリーンズ 02100000100 4 
イーグルス 00010200100 4
M:吉見-大谷-薮田-内-中郷
E:釜田-片山-ラズナー-ハウザー-青山
観衆 18107人

イーグルスの先発・釜田佳直は、金沢高からドラフト2位プロ入りした
高卒ルーキーにして3勝負けなし防御率1.14と飛ぶ鳥落とす勢い。
4勝で足踏みしているマリーンズのスーパールーキー・藤岡貴裕から
新人王を奪い取る勢いだけに、藤岡に新人王を取らせるためにも、
ここらへんでプロの厳しさを教えてやるがよい!
迎え撃つマリーンズの先発・吉見祐治は今季初先発!
東北福祉大時代に過ごした準地元において好投したかったが、
不振の井口にかわって鈴木大地が8番セカンドスタメン。
いっぽう、マリーンズから今季イーグルスに移籍、ベイスターズ戦で
プロ入り初安打となるツーベースを放っていた定坊こと、定岡卓摩
おとといきのうは出なかったものの7番レフトスタメンキタ━(゚∀゚)━!!
定坊といい、サトケン=佐藤賢治といい、マリーンズを出たとたん
一軍の試合に出るというのは何だかねぇ。
2回。サブローフォアボールのあと、角中が
レフトへタイムリーツーベースで先制!

「ファウルかなと思ったけど、風で戻されて、ヒットになってくれた。
ラッキーです。釜田君は同郷の石川で頑張って欲しいけど、
対戦となれば別。初対戦でいいヒットが打てました」
釜田の高校の先輩・大松ライトフライタッチアップで三塁へ、
里崎ピッチャーゴロの間隙をつき2点目のホームイン!
3回今江ピツチャー内野安打、サブローフォアボールのあと、
角中がライトへタイムリーを放つ!
吉見は、3回までノーヒットナイスピッチングだったものの、
4回松井稼頭央タイムリー、6回小山桂司レフト前安打、
松井フォアボールのあと、ホセ・フェルナンデスにライトへ
2点タイムリーツーベースで追いつかれマウンドを降りた。
「今季初登板、初先発だったが、立ち上がりはいい感じで入ることができました。調子自体も悪くなかった。最後は慎重にならなくてはいけない場面だが、より慎重になりすぎて、カウント不利で打たれてしまった。いい立ち上がりだっただけに悔しいです。チームの勝利に何とか貢献したかったのですが、踏ん張りきれませんでした」
大谷が、代打中村真人をレフトフライに打ち取り、
7回まで無失点好リリーフ!
8回ついに配置転換!薮田三者凡退でしのぐと9回。
岡田ライト前安打、根元送りバント、今江セカンドゴロで三塁へ、
サブローライトへタイムリーでついに勝ち越す!
その裏待望の守護神誕生!内竜也登板!
しかし、
ホセライト前安打、中村真人送りバント、草野ショートゴロを
守備固めに入っていたファースト塀ちゃん取り損ねタイムリーエラーで
まさかの同点、
鉄平ショートゴロゲッツーに打ち取り延長戦、
10,11回と中郷がおもいのほか好リリーフで引き分け。
開幕戦3タテと昨季までの鬼門を払しょくしたかにおもえた宮城球場だが、
またしても勝てた試合を引き分けというのは、ねぇ…。
鈴木大地は得点にはつながらなかったが3安打猛打賞だった。

1か月もの間待ってました!
ホークス・小久保裕紀2000本安打福岡ドームにて達成!
4回にファイターズ・ウルフから放ったセンター前安打。
「長かった…。長かったですね、ここまで。やっとこれからチームの優勝のために全力を尽くせるな、という気持ちでホッとしています。たくさんの人たちへの感謝と喜びの言葉があふれてきそうですが、試合後にゆっくり話しましょう。まずはこの試合、浮かれずにしっかり戦います」
青学大・ホークスと後輩だった井口、そして福浦が
あと2~3年で2000本安打達成は可能だが実現できるかどうか?
*7回代打で出て内野安打を放ったイーグルス・内村賢介は、
その数時間後にベイスターズ・藤田一也との交換トレードが合意。
内村は角中とともに独立リーグが生んだ数少ないスター選手で、
しかも内村は岡田とか山口鉄也らとともに育成選手上がり。

それだけになぜ不可解なトレードをするのかね?

にほんブログ村 野球ブログ <br />
千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!ツイッターも好評です!

|

« 藤岡に打線の援護なし | トップページ | 6月25日現在の一軍登録メンバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/55041769

この記事へのトラックバック一覧です: またしても勝てた試合を引き分け…:

» 勝てた試合をこぼすも、大地、角中の活躍にニヤける E4−4M  [BaseBall Journey]
勝てた試合、でしたよねえ・・・。 ニッカン式スコア さてさて。異例ではありますが、相手投手、釜田君から始めたいと思います。プロ初登板こそ味方に足を引っ張られ早い回で降板しましたが、そのあとは4試合続けてQS達成。結論から言うと今日もQS達成しました。高卒ルーキーで大したものです。唐川一年目はこうは行... [続きを読む]

受信: 2012/06/27 22:53

« 藤岡に打線の援護なし | トップページ | 6月25日現在の一軍登録メンバー »