« 対スワローズ戦@神宮は19日に順延 | トップページ | 成瀬完投勝利でG倒!交流戦優勝に望みつなぐ! »

2012/06/10

JFE東日本 2年ぶり都市対抗野球出場!!

JFE東日本   000000310 4
かずさマジック 100000000 1
【JFE】杉本、鹿沼―岡崎、中野
【かずさ】久保、中根、山川、岡本―山縣

第83回都市対抗野球大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)2次予選の南関東大会は7日、埼玉県営大宮公園野球場(さいたま市)で県勢同士による第3代表決定戦が行われ、鹿沼圭佑投手の10連続三振を奪う好投などでJFE東日本(千葉市)が、かずさマジック(君津市)に4−1で勝利し、2年ぶり20回目の本大会出場を決めた。最優秀選手賞には桜田裕太郎投手(ホンダ)。優秀選手賞に金森宏徳(JFE東日本)と榎篤久(日本通運)の両選手、敢闘選手賞には島影竜馬選手(かずさマジック)がそれぞれ選ばれたほか、首位打者賞は沢村幸明選手(日本通運)、特別賞に鹿沼投手が輝いた。本大会は7月13日に東京ドームで開幕する。【荻野公一】
JFEは、1点を追う七回1死一、三塁から金森が右中間を破る2点適時二塁打で逆転すると、木村の犠飛で貴重な3点目を挙げる。投げては、先発杉本が5回1失点と役割を果たすと六回から登板した鹿沼が11奪三振の快投で相手打線の勢いを封じた。
かずさは一回に佐々木の適時打で先制。エース久保も毎回安打を許しながら要所を締めたものの、七回に力尽きた。
エースの自覚
序盤から苦しい展開が続いた久保貴広投手。一、二回には失策が絡み2死満塁のピンチ。三振で切り抜けたものの、その後も毎回安打を許し、リズムを作れない。そして、七回1死一、三塁のフルカウントで迎えた121球目。「満塁にしたくなかった」と甘いコースを痛打され、逆転二塁打で降板した。勝負どころを常に任された今大会。「厳しい展開でも勝ち越されない強さが必要。球速を上げ、変化球も磨きをかけたい」とエースの自覚に目覚めた大会だった。
逆転呼び込む快投−−JFE東日本・鹿沼圭佑投手
九回2死走者なし。力を込めスライダーを投げ込むと、最後の打者のスイングが空を切った。鹿沼圭佑投手(23)は思わずガッツポーズ。チームメートが駆け寄り、喜びを爆発させた。「昨年出場を逃しているので『今年こそは』というみんなの思いがあった」
東洋大卒の2年目。初優勝した今春の東京スポニチ大会ではピンチで無失点に抑え、「立ち姿が堂々としていた」(青野達也監督)と中継ぎ、抑えとして起用されるようになった。失点が許されない役割に「先発にない緊張感が楽しい」と度胸も満点だ。
この日は1点差で負けている六回から登板。制球重視の投球スタイルだが、スライダーを中心に球が走っていると判断した中野大地捕手は「追い込んだら三振を取りに行った」。10連続を含む11奪三振の快投で、逆転劇を呼び込んだ。
スポニチ大会優勝で前評判が高いJFEだったが、今大会はベテランのエース、三橋尚文投手が不調で苦しんだ。そんな中、制球に球威が加わる成長をみせ、チームを救った鹿沼投手。青野監督は「将来のエース」と期待を膨らませる。
滑り込みの代表決定だったが、悲願の日本一に向け、得るものは大きかった。
JFE東日本・青野達也監督「本当に(本大会出場が決まって)ほっとしている。私が選手として都市対抗に初出場してから20回目の節目ということでぐっとくるものがあった。悲願の日本一を目指して戦いたい」
かずさマジック・鈴木秀範監督「何も選手は悪くない。監督の力不足。力を出し切ってくれた。胸を張って君津に帰ってほしい。久保の球数も増え負担をかけてしまった。課題についてはこれから考えたい」
------------------------------------------
以上、毎日新聞より引用。
南関東準決勝でかずさマジックは日本通運に1-5,JFE東日本は
ホンダに1-5と敗れ、ホンダが日本通運を5-3で破り第1代表、
敗者復活1回戦でJFE東日本は所沢グリーンクラブに9-0と圧勝、
かずさマジックは千葉熱血MAKINGに3-2と競り勝ち、
敗者復活2回戦で5-3とJFE東日本を破ったかずさマジックは、
第2代表決定戦は日本通運に5-6と惜敗していただけに、
ことしから南関東の出場枠が2から3に増え、
両チームにとって第3代表決定戦はラストチャンスだけに、
どちらが勝ってもよかったが、東京スポニチ大会で初優勝していた
JFE東日本が第3代表を勝ち取った。特例で大阪ドームで11月開催だった
昨年は別としておととしまでは8月下旬から9月上旬にかけて開催されてきた
都市対抗野球本大会だが、ことしから2001年まで以来となる7月開催!
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 対スワローズ戦@神宮は19日に順延 | トップページ | 成瀬完投勝利でG倒!交流戦優勝に望みつなぐ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JFE東日本 2年ぶり都市対抗野球出場!!:

« 対スワローズ戦@神宮は19日に順延 | トップページ | 成瀬完投勝利でG倒!交流戦優勝に望みつなぐ! »