« 2012オールスター第2戦 | トップページ | 都市対抗野球 JFE東日本圧勝でベスト4進出! »

2012/07/22

選手会がWBC不参加を決議!今のままのWBCなら出場しない方がいい

選手会は、WBC(ワールドベースボールクラシック)出場しない決議を行いました。
日本プロ野球選手会は、7月20日、大阪市内のホテルで組合臨時大会を開催。第3回以降のワールドベースボールクラシック(WBC)への参加を討議の結果、第3回のWBCに参加しないことを決議いたしました。
選手会はかねてより野球の国際大会の意義・必要性を十分に認め、真の国際大会を通じ、世界の野球先進国が、共に野球の国際普及も視野に入れた発展を行っていくことを切望してまいりました。
しかしながら現況のWBCは、実質的な運営主体であるMLBの利権拡大のために大会であり、日本などの主要な参加国の当然の権利、利益を犠牲にして運営される大会となっています。このような状況のまま、我々の世代が、安易な妥協のもと、参加することは、将来の日本の野球に負の遺産を相続するという、禍根を残すことになりかねないというのが理由です。
なお、野球の国際大会において“侍ジャパン”の名の元に行う日本代表による、独自の国際試合への参加については積極的に協力していく所存です。
決議に至った経緯
私たちはWBCを、真の世界一を決める大会として尊重しようと努め、全力で協力してきました。その結果、日本代表は過去2回の大会でいずれも優勝を収めることができました。大会にはMLBに偏った収益分配の不平等や、利益重視の結果から日本と韓国が多数にわたって対戦するなどの参加国の対戦方式、その他さまざまな問題がありましたが、初期段階では、大会の価値を高めることを優先し、主催者であるWBCインク(MLBとMLB選手会の共同設立の会社。以下WBCI)の定める通りに従ってきました。
しかしながら現在、WBCは、第1回、第2回大会とも、約1800万ドル(日本円の当時のレートで約16億円~20億円)にも及ぶ多額の利益をあげ、興行的にも十分に成り立つ大会に成長しています。したがって、現在では、興行リスクの高い未成熟の大会であるという前提で特別扱いすべき理由はなく、オリンピックやFIFAワールドカップのような、国際スポーツイベントと同様の参加国平等を認めていくべき段階に来ているといえます。
にもかかわらず、WBCIでは、かつてのオリンピック野球日本代表では、参加国の固有かつ当然の権利として認められていた、代表チームのスポンサー権、ライセンシング権を、全てWBCIに譲渡することを参加条件としています。その上、大会のスポンサー収入の半分以上は日本企業からの収入であるにもかかわらず、WBCの利益の66%は、アメリカのMLBとMLBPAが独占する形となっており、日本は、わずかな利益分配(13%)を受けるのみとなっています。
つまり日本代表の運営や練習試合に要する多大なコストなどを考えれば、優勝して多額の賞金が入ってこない限り、採算がとれない状況を強いられているのです。
サッカー日本代表が、毎年数十億のスポンサー収入があり、これによってチームの強化や育成に多くの費用が充てられ、将来の代表チームの発展につなげることができているのと大きな違いです。
私たちは、WBCの過去2大会の会計資料を検討した結果、日本代表にスポンサー権やライセンシング権を戻しても、WBCは十分、採算のとれる大会になることを試算し、すでにWBCIに証明済みです。しかしWBCIは、代表チーム固有の権利であるはずのスポンサー権、ライセンシング権を、交渉において一切認めない姿勢を貫いています。
このような姿勢に対し、改善を迫るべく、選手会では昨年7月の臨時大会において、通常の国際スポーツイベントにおいて、参加国の当然の権利として認められている代表チームのスポンサー権、ライセンシング権(日本代表グッズのライセンシング権)を、参加国に認めないという参加条件を、主催者であるWBCIが変更するまでは、WBCには出場しないことを決議しました。
しかしながら現在に至るも、根本的な部分において、選手会が主張する問題点是正への回答はなく、よって我々があらためて参加を視野に入れた討議は行えませんでした。
繰り返しになりますが、選手会は、世界の野球普及のために、野球の国際大会は不可欠であると考えますし、オリンピックから野球がなくなった今、その必要性はさらに高まっています。 もちろん選手自身も飛躍のための大きな舞台であると考えています。WBCが、真の国際大会ではなく、参加各国の公平性を無視した大会として進んでいくことが誠に残念でなりません。
このような状況の中、本当に残念ではありますが、選手会は未来の日本の野球のことを考え、WBCに参加することはできないとの判断を下しました。
応援して下さっているファンのみなさまには、本当に申し訳ありませんが、長年にわたってプロアマ全体で作り上げて来た日本の野球の価値の集積である「日本代表」というものを今後永遠にMLBに奪われるということはできないと判断してのことだということ、選手にとっても非常に苦渋の決断だったということをご理解いただけると嬉しいです。(日本プロ野球選手会公式サイトより)
「不参加は苦渋の決断」 阪神・新井貴浩会長の一問一答(以下、共同通信など)
日本の3連覇がかかる来年3月の「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)への不参加を決議した労働組合・日本プロ野球選手会の新井貴浩会長(阪神)は「苦渋の決断だった」と厳しい表情で語った。
―決断理由は
「スポンサー料、(グッズの)ライセンスは本来、日本の権利であるにもかかわらず、日本に戻ってこない。それに尽きる」
―出たいという声は
「出場したいという選手、意見はあったが、最終的には全会一致で決めた」
―ファンは3連覇を期待していた
「ファンも楽しみにしていたし、選手も楽しみにしていた。ただ、5年後、10年後、これからの世代を考えたときに、苦渋の決断をせざるを得なかった」
―最終決定なのか
「そう決まった。1年前から(主催者に)要望を出しているのに、1年たっても何にも返ってこない。今の段階で(主催者から)アクション、アプローチがあるとは考えられない」
―アプローチがあった場合に再考の余地は
「仮定の話は、今この場では正確なことをお伝えできない。ただ、主催者側にボールを投げている。投げたボールが返ってこない状態が1年続いて、苦渋の決断をした」
ファン賛否両論、WBC不参加決議

日本プロ野球選手会がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への不参加を決めた20日、オールスターゲーム第1戦の会場となった大阪市の京セラドーム大阪ではファンからの賛否両論が聞かれた。
選手会会長の新井貴浩選手(阪神)のユニホームを身に着け、親子3代で球場を訪れた40代の男性は「出た方がいいよね。みんなメジャーばっかり行って、いい選手がいない。(出場すれば)日本の野球のアピールになる」と残念がった。
姫路から来たという服部仁さん(68)は「盛り上がっているんだから参加したらいいのに」と話し、国際大会に出場することの意義についても「日の丸を着けているし、応援する気持ちは五輪と同じ」と力を込めた。
出場を望む声が多かった一方、選手会の決定に理解を示すファンも。長崎から足を運んだ32歳の女性会社員は「事情には詳しくないけど、いいんじゃないかなと思う。不満があるなら、参加しても力は出し切れない」と冷静にコメントした。
Ws000013
侍ジャパン 台湾に圧勝!岡田6回の守りから出場
3月の東日本大震災復興ベースボールマッチの時に、
「日本の取り分が少ないことに異議を唱えたことで出場するかどうか不透明なWBC」
と書いたのはこのことで、オーバーな表現かもしれないが、
NPBプロ野球&独立リーグプレイヤー、少年野球、中学・高校・大学・社会人など
アマチュア野球でプレーする選手、草野球など軟式野球、女子野球など
ニッポンの野球選手&ファンの代表として侍ジャパン=日本代表になるということは
あこがれの存在かつすばらしいことであり、NPBプレイヤーは皆が侍ジャパンの一員に
なりたくてがんばっていたはずだ。現状のWBC=ワールド・ベースボール・クラシックは
球数制限といい、前回韓国と5度も試合するなど同じ国と何度も対戦させられたり、
開催時期が開幕直前のオープン戦の時期だったり、主管組織がIBAF(国際野球連盟)
でなくMLBで、サッカーワールドカップをFIFAではなくセリエAやプレミアリーグ、
ブンデスリーガが取り仕切るようなもので、ゆがんだ問題だらけの野球大会であり、
野球世界一を決める大会たりえないのは明白で、
今のままのWBCなら参戦しない方がよいのではなかろうか?
NPBは日本代表「侍ジャパン」を組織かつ常設化しての親善試合をおこなうのだが、
選手会はそこまで否定するものではなく、問題だらけのWBCのやり方を変えることが
できないくらいなら出ない方がいいということのだけだ。
新井選手会会長は、ファームチームが大学チームとの練習試合が認められたことについて
「野球は一つであるべきだと思っていた。野球が一つになり始めたことはうれしい」
震災直後に開幕延期すべきだと東奔西走するなど行動で態度を示してきただけに
スポーツ紙各紙の読者アンケートでも選手会の主張を支持する声が多数を占めた。
選手の意見も、成瀬いわく「自分としては出場したい気持ちとそうでない気持ち」
マエケンが「1回も出ていないので、出たい」
ヨシノブが「オリンピックも野球はない。世界大会がないのは残念ですね」
もあるけれど、宮本慎也いわく「サッカーのようなというか、第三者機関が中心になって、MLBが中心じゃない本当の意味での世界大会ができることを願っています。最終決定ではないと思うし、選手会は交渉していくんだと思います」
稲葉の「将来WBCに出たいという子供たちもいると思うけど、そういう子供たちのことを考えても、今、やっておかないといけない」という意見に筆者も同感だ。
NPBとしてはすでにオーナー会議でWBC参加を表明しており、8月1日に選手会との
話し合いの場を持ついうことだが、WBCIは「2013年WBCへの日本選手の参加はNPBと日本プロ野球選手会の間の問題であり、しかるべき相手と連絡を取り合いながら、
NPB、日本プロ野球選手会とともに事に当たる」「第1、2回大会優勝者の日本が、
ファンが誇りにするチャンピオンにふさわしいチームをまた送ってくれることを期待している」
プロ野球ファンに納得のいく成果を期待するほかないのだから。
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 2012オールスター第2戦 | トップページ | 都市対抗野球 JFE東日本圧勝でベスト4進出! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選手会がWBC不参加を決議!今のままのWBCなら出場しない方がいい:

» プロ野球選手会、WBC不参加を表明 スポンサー料で対立 [ネット社会、その光と影を追うー]
労働組合・日本プロ野球選手会(新井貴浩会長)は20日、大阪市 [続きを読む]

受信: 2012/07/22 11:43

» 日本プロ野球選手会WBC出場を拒否!最悪日本代表は大リーグ及び独立リーグ所属選手で構成してでも出場すべきだ [オールマイティにコメンテート]
20日労働組合・日本プロ野球選手会は来年3月の第3回ワールド・ベースボール・クラシックに 日本代表のスポンサー権などの譲渡を大リーグ機構などで構成される主催者側に求め ... [続きを読む]

受信: 2012/07/22 15:45

» これで良いのか?プロ野球選手会 WBC不参加方針を決議 [kintyres Diary 新館]
労組・日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)は、大阪市内で臨時総会を行い、来年3月に開催される第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に不参加の方針を全会一致で決議した。選手会は主催者のWBCインク(WBCI)に、代表チームのスポンサー権及...... [続きを読む]

受信: 2012/07/22 17:09

» 【WBC】選手会が不参加を決議 [ぼけ〜〜〜っと人生充電記!]
 労働組合・日本プロ野球選手会は20日、大阪市内で臨時大会を開き、日本の3連覇が懸かる来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参加しないことを決めた。代表チームのスポンサー権などを日本野球機構(NPB)に譲渡するよう米大リーグ機構など...... [続きを読む]

受信: 2012/07/22 19:49

» 選手会が来春の第3回WBCへの不参加を表明 [あい ウオッチ baseball!!-敗戦処理。ブログ]
てっきり水面下で上手く丸め込まれて20日の選手会臨時総会を経てプロ野球選手会は第 [続きを読む]

受信: 2012/07/22 21:11

» プロ野球選手会、WBC不出場を決議 [にわか日ハムファンのブログ]
これから誰に何を言われるか分かりませんが、『にわか日ハムファンのブログ』は選手会の決定を支持します。 [続きを読む]

受信: 2012/07/23 06:43

« 2012オールスター第2戦 | トップページ | 都市対抗野球 JFE東日本圧勝でベスト4進出! »