« あぁぁぁぁ82日間守り続けてきた首位陥落・・・ | トップページ | 阿部好投、オギタカアーチ、鈴木大地起死回生同点タイムリーでも勝てない »

2012/08/01

WBC出場可否 選手会・NPBの話し合いに進展なし 

WBC出場問題は進展なし 12球団で対応策協議へ(共同通信など)
日本プロ野球選手会と12球団側は1日、東京都内での事務折衝で来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場問題について協議したが、選手会は不参加を決議した要因のスポンサー権などの譲渡をあらためて主張し、進展はなかった。大会への参加を表明している12球団側は、3日の代表者会議で対応策を話し合う。
12球団側は、日本代表の常設化で収益を確保する「侍ジャパンプロジェクト」の意義などを再度説明した。しかし、選手会は7月20日の臨時大会で、日本代表のスポンサー権などの譲渡が大会を主催するWBC運営会社に認められないことを理由に不参加を決めており、松原徹事務局長は「選手の意思が固いということを伝えた」と話した。
日本野球機構の選手関係委員長を務める広島の鈴木清明球団本部長は「(選手会の姿勢は)強硬で、このままだと(参加が)なくなる。アクションの方法を協議する」と危機感を口にし、12球団側が主催者側と再交渉することも含めた善後策を練る姿勢を示した。
WBC問題は進展なし=再交渉を検討(時事通信)
労組日本プロ野球選手会が来年3月の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の不参加を表明したことを受け、日本野球機構(NPB)は1日、東京都内で選手会に主催者との交渉経過などを説明して参加に理解を求めたが、進展はなかった。
選手会は代表チームのスポンサー料やグッズ販売の権利までWBC主催者が握っていることを問題視。7月20日の臨時大会で不参加を決議した。これに対し、NPBは常設した日本代表「侍ジャパン」の意義や、独自のスポンサー活動での収入があることなどを説明した。
選手会の松原徹事務局長は「選手の意思は固いことを伝えた」と語り、NPBの日本代表プロジェクト委員長を務める日本ハムの島田利正球団代表は「12球団で協議して対応したい」と、今後も参加を働きかける姿勢を示した。
NPBは3日に代表者会議を開き、主催者側との再交渉などについて検討する。
-----------------------------------------
選手会がWBC不参加を決議!今のままのWBCなら出場しない方がいい
からの続き。
新井貴浩選手会会長いわく「選手会の決断を理解してくれて、
向こうが対応を協議してくださるという報告を受けた。期待しています」

週ベ最新号で新井選手会会長のインタビュー記事を読みましたが、
スポンサー権利がMLBサイドにあるのは問題があるという主張に共感できる
ところはあって、張本さんがサンデーモーニングで「あっぱれ」と、
WBCのMLBに偏った利益分配システムに疑問があるとして、
選手会の決断に賛成していただけたのはうれしかったと。
しかし、WBCが野球世界一を決めるといいながらゆがんだ問題だらけの
大会であるのに、残念なことに一部ではそうした視点に欠けた報道もあったわけで、
「五輪に野球競技がない中、WBC不参加となれば、野球人気の陰りが際立つ」
「過去2回の優勝は日本の野球が世界に通用することを証明してくれた」と犠打や機動力を重視する日本の「スモールベースボール」を評価したうえで、「3連覇が懸かっているのに、参加しないのは残念としか言いようがない」
「誰が監督を務めるのか気になっていた矢先。ダルビッシュ選手の投球が見たかった」
「不参加という選択肢があるとは思いもしなかった。
純粋に世界最高レベルの試合を見たかった」などとWBCの本性を知らないまま
不参加を残念がるファンの声を一方的に取り上げながらも、
「彼らにもプロとしての誇りがあるし、苦渋の決断と思う。大会収益の配分など整備すべきところは次回大会までに見直さないといけないが、子供の夢は壊さないでほしい」
のコメントもあった。
あらためて、今のままのWBCなら参戦しない方がよいのでは!
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« あぁぁぁぁ82日間守り続けてきた首位陥落・・・ | トップページ | 阿部好投、オギタカアーチ、鈴木大地起死回生同点タイムリーでも勝てない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC出場可否 選手会・NPBの話し合いに進展なし :

« あぁぁぁぁ82日間守り続けてきた首位陥落・・・ | トップページ | 阿部好投、オギタカアーチ、鈴木大地起死回生同点タイムリーでも勝てない »