« 松永に指名あいさつ/菅野、そして大谷翔平・・・ | トップページ | 新コーチ続々と決定/鴨川キャンプスタート »

2012/10/28

“田澤ルール”なんかいらない!見直しへ

大谷余波…現行3年ルール見直しも「別のいいものがあれば」(スポーツニッポン)
日本野球機構(NPB)の理事会と12球団代表者会議が27日、都内で開かれ、花巻東・大谷翔平投手が大リーグ挑戦を表明したことを受け、ドラフト指名を拒否した高校生は帰国後、3年間は12球団と契約できないとする現行の申し合わせについて、見直しも含め今後議論していく方針を確認した。
大谷は25日のドラフト会議で日本ハムから1位指名を受けたが、現時点で大リーグ挑戦の意思を変えていない。代表者会議では、当該球団である日本ハム・島田利正球団代表が「もし大谷が大リーグで苦労して23歳で戻ってきた時、日本の球界は獲らなくてもいいのですか」と発言。広島・鈴木清明球団本部長からは私見として、将来的に大谷が帰国した場合は1位指名した日本ハムに優先交渉権を与えては、といった問題提起もあったという。鈴木氏は「3年(の申し合わせ)をやめようじゃなく、別のいいものがあればそうしていけばいいということ」と話した。
さらに一部の球団から「日本のスカウト活動は規制されているが、米国のスカウトは実質規制がない」と不満の声も噴出。楽天・井上智治オーナー代行は「選手の流出を抑制しようとするなら大リーグ機構と話し合う必要がある」と訴えた。
---------------------------------------------------------
当時、弊プログにて
「田澤問題に関する個人的意見としては、日本のプロ野球に興味を喪失し、
メジャー挑戦する以上、逆輸入しなくて結構!といいたいけど、
これほどまでに縛りつけるというのか!?」と異議を唱え、
ドラフトでの指名を拒否して海外のプロ球団と契約したアマチュア選手に対し、
海外球団を退団後も、高校生は3年間、大学・社会人は2年間、
プロ入りできないという“田澤ルール”に反対の姿勢に変わりはない。
メジャーへ行くのであれば止めはしないというのが筆者の基本的スタンスであり、
ただ、大谷についてはファイターズで実績を積んでからメジャーへ行くのが現実的と
考えるので、山田GM・栗山監督にとってここらへんが落としどころだろうが、
大谷の鉄の意志はそう簡単に揺らぐものではないだろう。
「サッカーだと、日本サッカー界のために世界に出て行けが一般的な意見に
なるところ、野球だと、日本球界のために国内でやれ、という真逆な意見」
というツイートがあったが、筆者も同意見で、海外のプロリーグに挑むことが
サッカーではそうではなくて、野球でなぜ流出と決めつけるのか。
けさのサンデーモーニングの喝&あっぱれで、
「張本が槙原とともに大谷を強行指名したおハムにあっぱれ!しかし田澤ルールは
存続すべきだと。これに反対してる者は野球を知らない奴ばかりだと!」
そこへ、きのうの読売新聞の社説で「プロ野球改革 選手の希望かなうドラフトに」。
「菅野投手のケースは希望球団に入りたくても入れないドラフト制度の問題点を
浮き彫りにした」。大谷のメジャー挑戦を
「米球団は獲得したい日本選手と自由に交渉が可能だ。ドラフトで交渉権を獲得しない限り選手と折衝できない国内球団よりも、有利な立場にある。日米の球団が対等な条件で獲得を競えるルールが必要な時代になったと言える。大谷投手は今後、日本ハムに指名されたことに拘束されず、複数の米球団との交渉を進められる。自分の意思で球団を選ぶことができるわけだ」としながらも、
「これに対し、国内のドラフト制度は、選手が球団を選択できる仕組みにはなっていない。有望選手が国内でプレーしたいと思うように、プロ野球をより魅力的なものにしなければならない。それと並行して、選手の希望が、ある程度は反映される制度へと改善していくことが求められているのではないだろうか」
さすがはドラフトをいつまでも骨抜きしたがる読売思想!
古くは江川・桑田・元木にはじまり、逆指名ドラフトでは高橋由伸・阿部慎之助・
上原・二岡など。逆指名が無くなってからも長野・澤村・菅野智之などと、欲しい
選手を自分たちの思い通りに獲ってきたからで、ドラフトを骨抜きするジャイアンツを
許してはならないと日本シリーズではファイターズ応援を呼びかけるわけで。
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 松永に指名あいさつ/菅野、そして大谷翔平・・・ | トップページ | 新コーチ続々と決定/鴨川キャンプスタート »

コメント

田沢ルールはドラフト上位候補には全く意味が無く(向こうで活躍できるなら日本球界に戻ってくる必要はなく、また1A,2Aで終わる程度ならよくあるハズレドラ1と同じで日本に呼び戻す価値が無い)
当落線上の候補にはきついものなので撤廃した方がいいでしょう
少なくともNPBのドラフトで指名されなかった選手は対象外とするべきでしょう
あとサッカーと違って流出と言われるのは誰もが価値を認める国際大会が存在しないからでしょう
サッカーの場合は栄冠を勝ち取るための修行として理解されてますが、野球ではそれがないですから

投稿: ノット | 2012/10/29 14:39

>ノットさん
今晩は。返事遅くなりました。
おっしゃることは同感でして、
NPBは今回のキューバ戦もそうですが、
侍ジャパンを常設化して毎年国際試合を戦って
WBCにつなげようという戦略を打ち出していますが、
国際試合経験を積ませるよりも、
NPBが増収することが狙いでして…。
今回のキューバ戦をきっかけに、
より多く国際試合を戦うという貴重な経験を
今後の野球人生に生かしてほしいですものね。

投稿: マリンライナー | 2012/11/11 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “田澤ルール”なんかいらない!見直しへ:

» 呆れた読売、社説で「ドラフト逆指名」復活を主張!? [世事熟視〜コソダチP]
原監督の甥っ子・菅野智之投手(東海大)を1年浪人させたことを悔やむ読売グループは、2012年10月27日付け読売新聞で『プロ野球改革 選手の希望かなうドラフトに』と銘打った社説を掲載。 社説で曰く『伸び盛りの時期に実戦から遠ざかった影響は、決して小さくないだろう。(中略)菅野投手のケースは希望球団に入りたくても入れないドラフト制度の問題点を浮き彫りにした。』 『国内のドラフト制度は、選手が球団を選択できる仕組みにはなっていない。  有望選手が国内でプレーしたいと思うように、プロ野球をよ... [続きを読む]

受信: 2012/10/29 15:47

« 松永に指名あいさつ/菅野、そして大谷翔平・・・ | トップページ | 新コーチ続々と決定/鴨川キャンプスタート »