« 伊東監督“なりすまし”優勝祈願絵馬に苦笑い | トップページ | 他種目のスポーツとも交流3題 »

2013/01/12

1/12 ミニニュース

里崎後継者育成へ「聞きに来たら教える」(日刊スポーツ)
里崎塾開講だ。ロッテ里崎智也捕手が11日、QVCマリンで自主トレを公開し、後継者育成に名乗りを上げた。若手の台頭が急務な現状に「聞きに来たら全部教える。来る者拒まず」と話し、プロ15年目の虎の巻を伝授する覚悟だ。中でもドラフト3位の田村龍弘捕手(光星学院)には「新人で一番大事なのは誰の下につくか」とアドバイス。若手時代は毎日2時間、福浦の打力を盗もうと一緒にビデオを見続けたという。昨年は自己3番目の120試合に出場し、今オフも個人トレーナーをつけて意欲的に強化。「教えたくらいで抜かれるようなことはやってきてない。それで抜かれたらやめるだけ」と自信を見せ、後輩にハッパを掛けた。
これに対し、新人合同自主トレ2日目を終えた田村は「もちろん里崎さんにつきたい」と入門を志願。普段から里崎のキャッチングをYouTubeで繰り返し見るなど、目指す捕手像に掲げてきた。「高校野球の感覚は通用しない。捕手目線でどういう意識で試合を見ているのか聞いてみたい」と目を輝かせた。
18歳と36歳。年齢差ダブルスコアの師弟コンビが、チーム再建の一端を担う。
里崎 弟子入り志願の田村に「聞きたいことがあるなら全部教える」
(スポーツニッポン)
ロッテ・里崎がQVCマリンで自主トレを公開した。今オフから個人トレーナーをつけて肉体改造に着手しており「今までと同じことをやっていても面白くない。自分自身に対する実験です」と説明した。ドラフト3位・田村(光星学院)が里崎への弟子入りを希望していることには「プロに入って大事なのはどの先輩についていくか。僕に聞きたいことがあるなら全部教える」と快諾。それを聞いた田村は「1軍に上がれたら、思い切っていろいろと聞いてみたい」と目を輝かせていた。
ロッテ社長「うちの翔平もいい」 推しメンはドラ4位
ドラフト4位・加藤翔平(上武大)が、同じ名前の日本ハムのドラフト1位・大谷に挑戦状だ。50メートル走5秒68の俊足と強肩が武器のスイッチヒッターは、中村家国社長も「ウチの翔平もいい。化ける可能性がある」と期待を寄せる逸材だ。加藤は「今は大谷君の方が知名度はあるかもしれないけど、いつか“翔平”といえば加藤と言ってもらえる選手になりたい」。同じルーキーでも大卒の加藤は大谷より「翔平歴」は4年も先輩。「プロになって最初に目標とするのは新人王のタイトルです」と威勢が良かった。
サブローらが自主トレ 石垣島でロッテ選手(八重山毎日新聞)
千葉ロッテマリーンズのサブロー選手や渡辺俊介投手、唐川侑己投手などが石垣島で自主トレーニングを行っている。11日に石垣島入りしたサブロー選手らは、午前中に軽めのウオーミングアップをした後、筋力トレーニングや各ポジションに分かれて練習を行った。唐川投手は「石垣島は気温も暖かくて体を動かしやすい。しっかりと調整して万全の態勢で春季キャンプに臨みたい」と話した。また、7日に石垣入りした渡辺投手は、ランニングやキャッチボールで調整し、投球フォームなどをチェックした。自主トレは22日までを予定しており、今月30日には春季キャンプに参加するメンバーが石垣入りし、2月1日からキャンプがスタートする。

にほんブログ村 野球ブログ <br />
千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!ツイッターも好評です!

|

« 伊東監督“なりすまし”優勝祈願絵馬に苦笑い | トップページ | 他種目のスポーツとも交流3題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/56523460

この記事へのトラックバック一覧です: 1/12 ミニニュース:

« 伊東監督“なりすまし”優勝祈願絵馬に苦笑い | トップページ | 他種目のスポーツとも交流3題 »