« 侍ジャパン 中国を下し東京2次ラウンド進出確実! | トップページ | マリーンズオープン戦初勝利!俊介好投など収穫あり »

2013/03/04

プロ野球新人研修会2013

大谷、藤浪ら心得学ぶ=プロ野球新人研修会(時事通信)
プロ野球の新人研修会が4日、東京都内で行われ、大谷(日本ハム)、藤浪(阪神)ら79選手が約4時間の講義に耳を傾けた。
内容は今後必要な知識となる反ドーピング(禁止薬物使用)、暴力団対策など。メディア対応の講義では大谷、藤浪、菅野(巨人)、東浜(ソフトバンク)が講師から模擬インタビューを受けた。大谷は質問に答える声は多少小さかったが、講師には「言っていることは文句ない。人の目を見て話すところがいい」と褒められた。
最終の講義では昨季限りで引退した金本知憲氏(元阪神)が登壇。後輩たちに「選手が一番楽しいのは、野球で成績を残すこと。地道に(努力を)続けたことが基礎になる」とプロの心得を説いた。
大谷、藤浪らが受講 プロ野球新人研修会(共同通信など)
プロ野球の新人研修会が4日、東京都内で開かれ、日本ハムの大谷(岩手・花巻東高)、阪神の藤浪(大阪桐蔭高)、巨人の菅野(東海大)ら参加79選手が昨季限りで引退した金本知憲氏の講演などに聞き入った。
金本氏は「センスだけでやっている人は長続きしない。ちょっとずつ努力を積み重ねたらいい」と助言した。阪神のOBでもある同氏の話に藤浪は「結果が出なくてもやるべきことをしっかりやらないといけない」と話し、大谷は「自分を見詰めながらやっていきたい」と意気込んだ。
取材対応の講義では大谷、藤浪らが指名された。人の目を見て話すことを褒められた大谷だったが「僕は声が大きくない。もうちょっとはっきりしゃべらないと」と反省も忘れなかった。
研修会は4時間以上行われ、暴力団対策や納税などについての講義を受けた。
大谷&藤浪、異口同音「子どもたちの目標にされる選手に」
日本ハムの大谷は、取材対応の講義で目指す選手像について聞かれると「子どもたちの目標にされる選手」と答えた。阪神の藤浪も同様の返答だったことには「プロ選手として目指すところは同じ。頑張っていきたい」と言葉に力を込めながら言った。
注目の新人2人が直接会話を交わす場面は、会場内では見られなかった。大谷は「お互い気を使っていた。藤浪もそう思っていたのでは」と苦笑しながら説明した。
藤浪に“しっかり口を開けなさい” 講師の指摘に苦笑
阪神の藤浪は、インタビューへの対応で、講師に口の開きが小さいことを指摘され「言われたのは初めて。しっかり口を開けて話したい」と苦笑いだった。休憩中には高校日本代表でチームメートだったロッテの田村(青森・光星学院高)と談笑し、リラックスした表情も見せた。
元阪神の金本氏の講演などに聞き入った長身右腕は「役割を果たしながらやっていきたい」と気を引き締めていた。
菅野 鉄人の話に感銘受ける 「反骨心を持ってやる」
巨人のドラフト1位、菅野は元阪神の金本氏の話に聞き入った。「反骨心を持ってやるのが大事。今後、つらい時、うまくいかないこともある。きょうの講義を生かしていきたい」と気持ちを新たにしていた。
3日のソフトバンク戦では4回4失点と崩れた。この苦い経験もばねにすると誓い「力で見返すしかない。次の試合を見てろ、と強い気持ちを持って頑張りたい」と力を込めた。
金本氏 「地道な努力を」「ふてくされるな」繰り返す
元阪神の金本氏は講演で「地道な努力を続ける」と「ふてくされてはいけない」の2つの言葉を何度も繰り返した。
決して野球エリートではなかったが、反骨心と不断の努力で一流選手へと上り詰めた。1492試合連続フルイニング出場のプロ野球記録を持つ鉄人は「(試合で)使ってもらえないとふてくされるより、見返す気持ちを持つことが大事。地道に(練習を)積み重ねて基礎になる。極めた、というのはこの世界にはない」と助言を送った。
---------------------------------------------------------
松永昂大・川満寛弥投手、田村龍弘捕手、加藤翔平外野手のマリーンズルーキーズのみなさん、プロ野球新人研修会に出席された感想はいかがでしたか?
アニキ金本さんの講演をはじめ、暴力団対策といい、アンチドーピングといい、メディア対応などどれをとってもプロ野球選手として生きていくうえでためになる講義なので、これからの野球人生に役立つようであればとおもいます。
にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

|

« 侍ジャパン 中国を下し東京2次ラウンド進出確実! | トップページ | マリーンズオープン戦初勝利!俊介好投など収穫あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球新人研修会2013:

« 侍ジャパン 中国を下し東京2次ラウンド進出確実! | トップページ | マリーンズオープン戦初勝利!俊介好投など収穫あり »