« 5月13日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 痛快逆転勝ち巨倒!!交流戦初戦飾る! »

2013/05/13

2013パ・セ交流戦プレビュー

(昨季はこちら。おととしはこちら。2010年はこちら。2009年はこちら
2008年はこちら。2007年はこちら。2006年はこちら。)
8年間の通算成績112勝91敗13分と12球団では2位!
交流戦の達人というほどのことはあった千葉ロッテマリーンズだが、
今季は3年連続でセ・リーグ本拠地からスタートし、交流戦成績で
パ・リーグに圧倒されているのを悔しがるかのように、「セが制す!」
などと息巻くセ・リーグが交流戦試合数削減の策謀がなされるなど流動的で、
毎年のことであるがセ・リーグ各球団も年々戦力が大きく変わってきており、
チーム状態を交流戦で向上させるかどうか?セ・リーグの中継もある程度
見聞きしているのである程度の戦力分析はしたつもりなのですが、
事実誤認があるかもしれないので指摘があれば幸いです。
読売ジャイアンツ
(14~15日東京ドーム,31~6月1日千葉マリン
昨季2勝2敗,通算20勝13敗3分)
内海哲也・杉内俊哉・澤村拓一・ホールトン・宮國椋丞・菅野智之という、
盤石を誇る先発ローテ、山口鉄也&西村健太朗の勝利の方程式で、
阿部慎之助が不動の正捕手で、8本塁打と好調の新外国人ホセ・ロペス、
坂本勇人・脇谷亮太・村田修一の内野陣、長野久義・亀井義行・松本哲也の
外野陣、矢野謙次らが代打で控えるなど高橋由伸ら主力が離脱していても
層の厚さは群を抜くものがあり、相当の覚悟を以って臨まないといけないだろう。
東京ヤクルトスワローズ
(17~18日神宮,6月2~3日千葉マリン
昨季3勝1敗,通算18勝18敗)
由規右肩手術、館山昌平右ひじ手術、バーネット腹斜筋肉離れ、
相川亮二左肩亜脱臼、川端慎吾左足首手術、雄平右ひじ靱帯断裂、
そして川本良平と入れ代わりでマリーンズからトレードされた田中雅彦までもが、
本塁突入してきたマートンにやられ左鎖骨骨折など野戦病院ならぬ“ヤ戦病院”と
揶揄されるなど戦力不足に喘ぎ、石川雅規・村中恭兵・赤川克紀・八木亮祐の
左腕カルテットに“ライアン”ドラフト2位ルーキー小川泰弘の先発ローテ。
マリーンズ江村直也の兄・江村将也、ドラフト1位ルーキー・石山泰稚ら中継ぎ、
江村兄弟対決の可能性もあって楽しみ!バーネットの代役クローザー
山本哲哉につなぐ。畠山和洋・田中浩康・森岡良介・宮本慎也の内野陣に
川島慶三、7年ぶりに帰ってきた岩村明憲らが控え、三輪正義も捨てがたい。
ミレッジ&バレンティンの両外国人の豪打も健在!
広島東洋カープ
(19~20日千葉マリン,6月5日マツダスタジアム,6日尾道しまなみ
昨季1勝2敗1分,通算19勝15敗2分)
前田健太・野村祐輔・大竹寛・バリントン・久本祐一・中村恭平の先発ローテに、
今村猛からストッパーミコライオにつなぐ勝利の方程式。
栗原健太・東出輝裕・前田智徳・エルドラッドら主力を怪我で欠くも、
今や主力となった堂林翔太&丸佳浩に菊池涼介、松山竜平、安部友裕ら
ニューヒーローが出てきており、梵英心に連続出塁記録の廣瀬純も元気だ。
阪神タイガース
(22~23日千葉マリン,6月8~9日甲子園
昨季2敗2分,通算15勝17敗4分)
3勝と飛ぶ鳥落とす勢いのスーパールーキー藤浪晋太郎は肩から腰にかけての
張りで登録抹消もいずれ復帰するだろうし、能見篤史・岩田稔・榎田大樹の
左腕トリオにスタンリッジ・メッセンジャーの両外国人と先発ローテ、
藤川球児にかわる新守護神・久保康友も6セーブとマリーンズ時代末期に
中継ぎの実績がモノをいうようだ。新外国人コンラッドは不振で評判倒れも
マートンは好調で、なんといっても西岡剛の活躍につきるだろう。
西岡とともに補強の目玉となった福留孝介は腰痛で休みだがやってくれるだろう。
新井貴浩&良太兄弟、鳥谷敬、大和も打撃好調でチームの好成績をささえる。
横浜DeNAベイスターズ
(25~26日横浜スタジアム,6月11~12日千葉マリン
昨季3勝1敗,通算23勝12敗1分)
三浦大輔・藤井秀悟・高崎健太郎・小杉陽太に、ソトが外れたとはいえ
井納翔一&三嶋一輝のルーキーコンビ先発ローテ。
加賀繁・ソーサら中継ぎを経てストッパー山口俊につなぐ。
なんといってもソト・ソーサとともにドラゴンズからやってきたブランコの
豪打につきるだろう。2000本安打を達成したラミレス&中村紀洋、
石川雄洋・内村賢介・金城龍彦に荒波翔もようやく復帰。
中日ドラゴンズ
(28~29日ナゴヤドーム,6月15~16日千葉マリン
昨季3勝1分,通算17勝17敗2分)
エース吉見一起が右ひじの張りで戦列離脱も、
山内壮馬・大野雄大・岩田慎司・中田賢一・ブラッドリー・カブレラの先発ローテ、
田島慎二・岡田俊哉ら中継ぎを経て350セーブ!岩瀬仁紀につなぐ。
谷繁元信・森野将彦・井端弘和・荒木雅博・和田一浩・大島洋平・平田良介らで
構成された打線も侮れず、新外国人クラーク不振もルナが好調とはいうものの、
最下位と低迷しており、完成されたチームだけに落ちぶれてほしくないが…。

にほんブログ村 野球ブログ <br />
千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

にほんブログ村・千葉ロッテマリーンズひと押しお願いします!ツイッターも好評です!

|

« 5月13日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 痛快逆転勝ち巨倒!!交流戦初戦飾る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/57378689

この記事へのトラックバック一覧です: 2013パ・セ交流戦プレビュー:

« 5月13日現在の一軍登録メンバー | トップページ | 痛快逆転勝ち巨倒!!交流戦初戦飾る! »