« 紅白戦その1 “アジャ”井上ランニングホームラン! | トップページ | 石垣初のオープン戦を沖縄カルテットが盛り上げる!! »

2014/02/14

紅白戦その2 “アジャ”井上2戦連続弾/ドラ1石川に輝きが

紅組 20100000 3
白組 00000071 8

◆紅組      打安点   ◇白組      打安点
(二) 根元俊一 410    (中) 加藤翔平 621    
二  角 晃多 000    (遊) 鈴木大地 520        
(左) 荻野貴司 420    (指) クルーズ  200    
(右) 角中勝也 310     指   ハフマン  311    
打指  GG佐藤 100    (三) 今江敏晃 310    
(一) 井上晴哉 432     三   塀内久雄 100     
(遊) 細谷 圭  311    (右) 清田育宏 200    
(指右)神戸拓光 400    (一) 大松尚逸 210
(三) 大嶺翔太 410     一   青松敬鎔 112
(捕) 吉田裕太 210    (二) 高濱卓也 411
捕   肘井竜蔵 100    (捕) 川本良平 000   
捕   江村直也 000     捕   小池翔大 100
捕   金澤 岳 100      捕   田村龍弘 101
(中) 岡田幸文 200    (左) 伊志嶺翔大411
   
累計       33103    累計        35107
        回打安責            回 打安責
石川 歩   2 710     藤岡貴裕  2  1152
南 昌輝   1 400     上野大樹  2  411
藤谷周平  2 820     黒沢翔太  2  820
岸 敬祐   2 1554     金森敬之  2  820
カルロスロサ 1 521     吉原正平  1  300
ホームラン:井上
(強調フォントは当ブログ注目の選手です。)

きのうランニングホームランを放った“アジャ”井上が
今度は正真正銘のサク越え弾を放った!
つぎの実戦が16日のオープン戦・合併球団戦@石垣島。
(17日22:00~18日1:00 FOXスポーツ&エンターティメント=
BS238ch=にて録画中継。22日オープン戦・ファイターズ戦@名護
GAORAにて12:30より生中継。19:30,翌日0:30より録画中継)

今後の練習試合など対外試合でプロの洗礼を浴びることになることを考えると
ここで3戦連続弾を放てば本物だ。おなじルーキーでももっと注目されなければ
いけないドラフト1位の石川歩も2イニングを3奪三振!
先発ローテも成瀬・涌井・唐川の新三本柱をはじめ、
西野・古谷・グライシンガー、そして石川と、ひしめきあう超激戦区。
イーグルス、ライオンズなど5球団のスコアラーが視察するなか、
「フォームと球のギャップがいい。開幕2カード目(4月1~3日ライオンズ戦@千葉マリン)に投げるのはやめてほしい」(ライオンズ・亀井猛斗スコアラー)。
Ws000059
アジャ井上 ランニング弾→サク越え「次はバックスクリーンに」
(スポーツニッポン)
今度は「正真正銘」の本塁打だ。紅組4番で出場したロッテドラフト5位・井上(日本生命)が、3回1死から上野が投じた初球の直球を強振。少し詰まりながらも左翼席に運んだ。
12日の紅白戦初戦で放ったランニング本塁打に続く、2戦連発のプロ2号。前日に「次は柵越えを打ちましょう」と話していた通りの有言実行。「初球から見送るようなことはしない。宣言通りになってて、自分でもびっくり」と白い歯をのぞかせた。
初回1死一、三塁では右前適時打、5回の第3打席は左前打で3安打2打点。紅白戦2試合で7打数5安打4打点の大当たり。安打も左、左中、右中、右と広角に打ち分けており、「ある程度は自信がついてきた」と手応えを口にした。16日のオリックスとのオープン戦(石垣島)でも4番で起用される可能性があり「次はバックスクリーンにいきますか」とノリノリだった。
ロッテ新人当たり年 ドラ1石川 伊東監督ベタ褒め3K (画像も)
初回2死一塁で4番今江を外角低めの直球で見逃し三振に仕留める。即戦力右腕が、ベールを脱いだ瞬間だった。紅組の先発として実戦初登板したロッテのドラフト1位・石川(東京ガス)が、2回を投げて打者7人に対して1安打。3三振を奪う圧巻のデビューを飾った。
「緊張はしなかったけど、力が入った。納得いったのは2、3球ですね。でも直球とスライダーは良かった」
常時セットポジションから力のある球を投げ込む。その秘密は1メートル86の長身から左足をやや三塁側に踏み込んで投げ下ろすインステップ気味の独特のフォームにある。直球がシュート回転するマイナス面もある一方で、右打者へは威圧感を与えられる。2回も主力の右である清田から見逃し三振を奪った。
最速151キロだが、初実戦で早くも147キロを計測。西武・岸にも似たしなやかな腕の振りに、今江が「後ろ(テークバック)が小さいから差し込まれる」と言えば、加藤も「いきなりピュッと球が出てくるのでタイミングが取りづらい」と評した。
昨秋ドラフトで巨人と1位指名競合の末に獲得した伊東監督も「実戦向き。かなり期待できる」と、開幕ローテーション入りに着実に歩を進める右腕にご満悦。普段は「僕なんてプロでは通用しませんよ」が口癖だが、マウンドに立てば別人。「腕が振れれば、ある程度の結果は出る」。今年のロッテは新人の当たり年だ。
青松 鷲巣あやのと結婚発表「何とか1軍で…」
青松が昨年12月21日にタレントの鷲巣あやの(30)と結婚したと発表した。知人の紹介で出会い、12年6月から1年半の交際を実らせてのゴールイン。この日の紅白戦では7回に代打で出場し、中前適時打。「守るべき大事な存在ができ、もう一人ではない。何とか1軍で活躍している姿を見せられるように頑張りたい」と、さらなる飛躍を誓った。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

|

« 紅白戦その1 “アジャ”井上ランニングホームラン! | トップページ | 石垣初のオープン戦を沖縄カルテットが盛り上げる!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/59131948

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白戦その2 “アジャ”井上2戦連続弾/ドラ1石川に輝きが:

« 紅白戦その1 “アジャ”井上ランニングホームラン! | トップページ | 石垣初のオープン戦を沖縄カルテットが盛り上げる!! »