« 石垣初のオープン戦を沖縄カルテットが盛り上げる!! | トップページ | 歴史的勝利から一夜明け・・・ »

2014/02/16

初の石垣島でのオープン戦逆転勝ち2年ぶりとなるオープン戦白星スタート!

合併球団  121000000 4
マリーンズ 00002032X 7
Bs:松葉-マエストリ-中山-山田-●森本-海田
M:大嶺祐-川満-上野-中後-○大谷-南-香月
観衆 2300人

史上初のオープン戦開催となるマリーンズキャンプ地・
石垣市中央運動公園野球場にてオープン戦開幕! 
満を持して地元出身・大嶺祐太先発!
2イニングピッチングも、5被安打3失点。

「2イニングとも2アウトからの失点。もったいなかった。
ボール自体は悪くなかったけど、コースが高くて甘くなった」
「石垣島では初めてですけど、ファームでは僕が登板している試合では
ほとんど(翔太も)出ているので、特に違和感はなかったです」
「たくさんの人が観に来てくれて、大きな歓声をもらえて嬉しかった」
あまりいい内容ではなかったようだが、先発ローテ争いに残ることを!
宮古島出身の2年目・川満寛弥が2イニング2被安打1失点。
センター加藤翔平、レフト伊志嶺、ショート鈴木大地、ファースト井上晴哉、
DHクルーズ、セカンド根元、ライト清田、サードが大嶺祐太の弟大嶺翔太、
キャッチャー吉田裕太というスタメンオーダーで臨み、
5回。根元フォアボール、清田ツーベースでノーアウト2,3塁のチャンスを作ると、
大嶺翔太左中間へ2点タイムリーで2点差に縮め、7回。
清田ツーベースのあと、またも大嶺翔太タイムリー内野安打!
途中交代の田村龍弘ライト前安打、ノーヒットだった伊志嶺フォアボールで満塁とし、
鈴木大地ライトオーバー2点ツーベースで逆転!!
8回にも細谷レフト線ツーベース、清田センター前安打のあと、
大嶺翔太だめ押し2点タイムリーと4打数3安打4打点と大活躍!! 
4番起用された井上も得点に絡まずも4打数3安打!!

上野が5回、中後が6回、大谷が7回、南が8回、香月が9回と
無失点リレーでつなぎ、初の石垣島開催は記念すべき勝利で飾り、
マリーンズにとって2年ぶりとなるオープン戦白星スタートとなった。

Ws000060Ws000061
大嶺兄弟、故郷で明暗=祐太3失点、翔太は3安打(時事通信)
故郷の石垣市で初めて行われたオープン戦に、ロッテの大嶺祐太、翔太の兄弟が先発出場。家族や恩師が見守る中、結果は明暗を分けた。
兄の祐太=画像左=は2回を投げ3失点で交代。制球を乱しカウントを不利にして1,2回とも2死から連打を浴びた。当然、大きな声援を受けた試合だが、「スタンドから声を掛けられても応える余裕はなかった。球が少し高かった」。ふがいない内容に肩を落とした。
対照的に、8番三塁で出場した弟の翔太=画像右=は3安打4打点。五回に左前へ2点打を放つと、7回と8回にも適時打。客席にいた中学時代の恩師と目が合い、力になったという。「最後のチャンスと思って打席に入った。最高の一日になった」。昨季まで1軍での出場機会がないだけに、アピールできて喜んだ。
沖縄・八重山商工高の伊志嶺吉盛監督は、教え子2人を観客席から見守った。「祐太が1軍に残るのは難しいのでは。翔太は球についていけるようになった」と複雑な表情だった。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

|

« 石垣初のオープン戦を沖縄カルテットが盛り上げる!! | トップページ | 歴史的勝利から一夜明け・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/59143573

この記事へのトラックバック一覧です: 初の石垣島でのオープン戦逆転勝ち2年ぶりとなるオープン戦白星スタート!:

« 石垣初のオープン戦を沖縄カルテットが盛り上げる!! | トップページ | 歴史的勝利から一夜明け・・・ »