« マリーンズ・勝ち星&ホームランランキング 部門リーダーズ2014 | トップページ | 2014千葉ロッテマリーンズ・年間各賞 »

2014/12/30

マリーンズ・私撰10大ニュース2014

毎年恒例の年末進行。
きょうは、千葉ロッテマリーンズ10大ニュースを。
2005年はこちら。06年はこちら。07年はこちら
08年はこちら。09年はこちら。10年はこちら
11年はこちら。おととしははこちら。昨季はこちら

1位  開幕戦で3タテ喰らったのがケチのつけはじめで
     3位ファイターズに7.5ゲーム差、最下位イーグルスとは
     3ゲーム差の4位に終わる。…まぁ、これに尽きるかな、と。
2位  浦和マリーンズ 2年ぶり10回目となるイースタンリーグ制覇
     ファーム日本選手権をも制しこちらも2年ぶり4回目となるファーム日本一。
3位  石川歩規定投球回数に達する2けた10勝をあげ、
     マリーンズから2年ぶりとなる新人王に輝く。
4位  フレッシュオールスターゲーム
     昨年の加藤翔平に続き
     “アジャ”井上晴哉MVPに輝く。
5位  長年左腕エースとして活躍し続けてきた
     成瀬善久FA宣言し、スワローズに移籍。
6位  西野勇士クローザーに転向し31セーブをあげ
     マリーンズから唯一侍ジャパンメンバーに選出され
     スズキ日米野球に出場。第3戦で史上初となる
     4人がかりのノーヒットノーランリレーをしめくくるなど活躍。
7位  里崎智也惜しまれつつ現役引退。
8位  ドラフト会議で早大・中村奨吾内野手を1位指名、
     京大から初のプロ野球選手となる田中英祐投手を2位指名、
     3位岩下大輝投手、4位寺嶋寛大捕手、5位香月一也内野手、
     6位宮崎敦次投手、7位脇本直人外野手と7人を指名。
9位  キューバからやってきたアルフレド・デスパイネ
     オールスター明けからの途中入団とはいえ12本塁打と大当たり
     逆にライオンズからFA移籍した涌井秀章
     8勝12敗 防御率4.21と大ハズレ。来季の巻き返しを図る。
10位 岡田幸文球団史上初となるジョージア魂賞受賞。
次点  10月31日より11月2日まで台湾・桃園へ遠征
     Lamigoモンキーズとの親善試合を3試合1勝2敗も
     スポーツニッポン以外の新聞報道は黙殺。
     ことしから就任の山室晋也球団社長
     月間ヒーローインタビュー賞創設など大アドバルーンをあげる。

というわけで、2015年は、里崎さんが言うところの5年に一度の
ゴールデンイヤーにあたるので「10年ぶりとなるパ・リーグ制覇」
が1位になるといいんだが…。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

|

« マリーンズ・勝ち星&ホームランランキング 部門リーダーズ2014 | トップページ | 2014千葉ロッテマリーンズ・年間各賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/60894205

この記事へのトラックバック一覧です: マリーンズ・私撰10大ニュース2014:

« マリーンズ・勝ち星&ホームランランキング 部門リーダーズ2014 | トップページ | 2014千葉ロッテマリーンズ・年間各賞 »