« 2015 マリーンズ選手の駅 | トップページ | 寺嶋寛大初売りに/石川が始動 »

2015/01/03

2015年のマリーンズを占う

山室社長発案「ファンサービス大賞」設置(スポーツ報知)
ロッテの山室晋也球団社長が2日、今季、「ファンサービス大賞」を設置する考えを明かした。サービス充実へ向けて、新選手会長の岡田幸文外野手らと意見交換をしている。みずほ銀行の元敏腕支店長で“リアル半沢直樹”の異名を持つ山室球団社長は「(ファンとの触れ合いに)最も貢献してくれた人を、表彰するのも面白いね」と話した。
2013年から2年連続で観客動員数が12球団最下位に沈んでおり、「選手にも協力してもらって(球団の)興行全体でいろいろと考えていきたい」とファンサービス改善を現状打破のきっかけにするつもり。今季から選手個人の評価に“ファンサービス査定”を導入する考えもある。
岡田は「選手とファンで壁を作りたくない。(喜ばれるファンサービスが)自然にできるようになれば、おのずと『球場に行こう』となると思う」とファンとの触れ合いの大切さを説いた。4月からは毎月、「ファン感謝デー」を開催する予定。山室球団社長はマスコットの改革を行うことも示唆しており“サービス改革”で今季はにぎやかになりそうだ
-------------------------------------------------------------
週べ新春合併特大号に各球団の戦力分析が掲載されていますが、
成瀬がスワローズにFA移籍するなど
来シーズンをどうやって戦えるかどうか疑問符がつくが、
今季のマリーンズを筆者は考えてみた。
投手…成瀬のFA流出は確かに痛いが、
先発ローテションは、パ・リーグ新人王の石川を筆頭に、
涌井・唐川・藤岡に加え、大嶺祐、新外国人右腕イ・デウン(李大恩)が
ローテ入りを狙う。中継ぎはカルロス・ロサ、大谷、益田ら右腕、
左腕は松永・服部で。話題の京大からの初のプロ入り選手
田中英祐はまだ無理か。クローザーは昨季31セーブ王をあげた
西野と盤石。
捕手…引退した里崎の後継者争いは吉田と田村の一騎打ちへ、
江村、ルーキー寺嶋が追う。
内野手…ファーストは井口、セカンドはクルーズ、ショートは鈴木大地
サードは今江と無風であるが、ルーキー中村をいきなり抜擢も。
外野手…レフト・荻野、センター・岡田、ライト・角中が一歩リード、
加藤翔平、伊志嶺、清田らも捨てがたい。
デスパイネはズバリ指名打者で!
サブロー、福浦、“アジャ”井上と代打の切り札が控える!
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

|

« 2015 マリーンズ選手の駅 | トップページ | 寺嶋寛大初売りに/石川が始動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/60916196

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年のマリーンズを占う:

« 2015 マリーンズ選手の駅 | トップページ | 寺嶋寛大初売りに/石川が始動 »