« 2016 マリーンズ選手の駅 | トップページ | マリーンズ・勝ち星&ホームラン ランキング 部門リーダーズ2016 »

2016/01/03

2016年のマリーンズを占う

週べ新春合併特大号に各球団の戦力分析が掲載されていますが、
今江がイーグルスにFA移籍、クルーズがジャイアンツに移籍するなど
来シーズンをどうやって戦えるかどうか疑問符がつくが、
いっぽうでスーパールーキー・平沢大河、
ホークスとタイガースで実績じゅうぶんのスタンリッジ獲得など
明るい話題もあり、今季のマリーンズを筆者は考えてみた。
投手…先発ローテションは、パ・リーグ最多勝の涌井を筆頭に、
石川・大嶺祐・スタンリッジ・イデウン・チェンに加え、唐川・藤岡・古谷が
ローテ入りを狙う。中継ぎは大谷、益田、香月良、松永で。
ドラフト2位関谷もチャンスはある。
クローザーは昨季34セーブをあげた西野と盤石。
捕手…田村が正捕手になったところへ、吉田・江村が追う。
内野手…今江のFA流出は確かに痛いが、無風だった内野も
福浦・井口の両ベテランに中村、キャプテン鈴木大地。
スーパールーキー平沢をいきなり抜擢もありうる。
クルーズの代わりになりうる新外国人は、
韓国プロ野球の三星ライオンズのヤマイコ・ナバーロを獲得する
動きが停滞したままだがどうか?
外野手…レフト・角中、センター・荻野、ライト・清田で固く、
岡田、伊志嶺も捨てがたく、サブローは代打の切り札か。
デスパイネはズバリ指名打者で!
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

|

« 2016 マリーンズ選手の駅 | トップページ | マリーンズ・勝ち星&ホームラン ランキング 部門リーダーズ2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87609/62996917

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年のマリーンズを占う:

« 2016 マリーンズ選手の駅 | トップページ | マリーンズ・勝ち星&ホームラン ランキング 部門リーダーズ2016 »