« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018/01/04

2018年のマリーンズを占う

週べ新春合併特大号に各球団の戦力分析が掲載されていますが、
井口が現役引退→監督就任、涌井がFA宣言してMLB行きを目指しているものの
現時点では名乗りをあげた球団がなく(そうなればマリーンズ残留だが)
来シーズンをどうやって戦えるかどうか不透明な点はあるが
いっぽうでドラフト1位の安田をはじめ藤岡(裕)、菅野ら
有望ある野手を獲得するなど明るい話題もあり、
今季のマリーンズを筆者は考えてみた。
投手…先発ローテションは、昨季7勝をあげた二木を筆頭に、
石川・唐川に加え佐々木、酒居、関谷に再起を期す西野、
新外国人のボルシンガー、オルモスがローテ入りを狙うが
涌井、スタンリッジが残留すれば顔ぶれが変わる可能性がある。
中継ぎは右の大谷・有吉、左の松永・チェンで。
クローザーは内で。昨季シーズン通じてやれたことが自信につながるか。
捕手…田村が正捕手を確実なものとし、吉田・柿沼が追う。
内野手…鈴木大地、中村、三木、井上、平沢、ルーキーの藤岡(裕)がせめぎ合い、
2000本安打まで38本とした福浦がコーチ兼任になったことで代打の切り札か。
外野手…レフト・角中、センター・荻野、ライト加藤で固まり、
岡田、伊志嶺、ルーキー菅野にもチャンスあり。
指名打者はペーニャもしくは新外国人で決まりだがドミンゲスは確定ではないにしろ
パラデス、ダフィーのように助っ人の役目を果たさないようでは願い下げである。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 マリーンズ選手の駅

マリーンズの選手、コーチと同名の鉄道の駅を公表しますので、
当該選手のファンの方など、現地を訪ねて駅名標などを写真撮影したり
入場券を購入されれば幸いです。

0 荻野 (JR東日本 磐越西線)
4,18 藤岡 (東武鉄道 日光線)
*JR東日本八高線に「群馬藤岡」、JR東海御殿場線に「富士岡」駅がある。
5 安田 (JR東日本 信越本線)
6 井口 (北陸鉄道 石川線、広島電鉄 宮島線)
*「いのくち」。井口資仁監督は「いぐち」と読む。
8 中村 (土佐くろしお鉄道 中村線・宿毛線)
 9 福浦 (横浜新都市交通)
11 佐々木 (JR東日本 白新線)
12 石川 (JR東日本 奥羽本線)
14 大谷 (JR西日本 和歌山線、京阪電鉄 京津線)
22 田村 (JR西日本 北陸本線=琵琶湖線)
24 吉田 (JR東日本 越後線、弥彦線)
27 山本 (JR九州 筑肥線・唐津線、阪急電鉄 宝塚線)
28 松永 (JR西日本 山陽本線)
31 菅野 (京成電鉄 本線)
32 高浜 (JR東日本 常磐線、伊予鉄道 高浜線、一畑電鉄 大社線)
37 三木 (神戸電鉄 粟生線)
41 成田 (JR東日本 成田線)
43 黒沢 (JR東日本 北上線、由利高原鉄道)
47 田中 (しなの鉄道)
48 宮崎 (JR九州 日豊本線)
52 益田 (JR西日本 山陰本線・山口線)
56 原   (JR東海 東海道本線、名古屋市交通局 鶴舞線、
        高松琴平電気鉄道 志度線)
58 高野 (JR西日本 因美線、東京都交通局 日暮里・舎人ライナー)
59 細谷 (東武鉄道 伊勢崎線、天竜浜名湖鉄道 天竜浜名湖線)
62 金沢 (JR西日本 北陸本線)
63 種市 (JR東日本 八戸線)
66 岡田 (高松琴平電気鉄道 琴平線、伊予鉄道 郡中線)
72 的場 (JR東日本 川越線)
76 大村 (JR九州 大村線)
78 鶴岡 (JR東日本 羽越本線) 
79 小林 (JR東日本 成田線、JR九州 吉都線)
80 大塚 (JR東日本 山手線)
81,84 清水 (JR東海 東海道本線、名古屋鉄道 瀬戸線、
       大阪市交通局 今里筋線)
82 小野 (JR東日本 中央本線、JR西日本 湖西線、
         京都市交通局 東西線、神戸電鉄 粟生線)
89 川越 (JR東日本 川越線・東武鉄道 東上線)
98 根本 (JR東海 太多線)
122 和田 (JR東日本 奥羽本線)
123 森 (JR北海道 函館本線)
*=JR東海中央本線に「木曽平沢」駅がある。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/01

“和”でも“翔破”でもなく“マクレ”

井口ロッテ逆襲へ“マクレ”「練習しまくり打ちまくり勝ちまくりたい(スポーツニッポン)
ロッテは12月30日、来季のチームスローガンが「マクレ」に決まったと発表した。今季最下位から「まくる」、そして「〜しまくる」という意味を込めた。
カタカナの「レ」をチーム順位の折れ線グラフに見立て、昨季の3位から最下位に落ちたチームがジャンプアップすることを表現している。指で「レ」を描いてポーズを決めた井口監督は「練習をしまくり、チーム内で競争しまくり、打ちまくり、勝ちまくりたいと思います。17年は最下位。新たな一年は、この位置から一気に追い抜くという強い気持ちで臨みたい」と説明した。
カタカナのみとなるのは球団で初めてだ。昨年までの5年間は「翔破」、10〜12年は「和」、09年までのバレンタイン監督下では英語を用いていた。チームの再建を託された若き指揮官らしく、スローガンにもこれまでと変化を加えた。
前年最下位からのリーグ優勝は過去7度。「3→6→1位」の例はない。76年長嶋巨人が「2→6→1位」と近い軌道を描き、15年ヤクルトは「3→6→6→1位」だった。
「ファンの皆さま、期待してください。自分たちは“マクレ”の精神で応えたいと思います」。井口監督の表情に自信がみなぎっていた。
Iguchi
ロッテ井口流改革 本格始動へ ノックも「自主トレしておきます」
ロッテ・井口新監督は新年を迎え「すぐにキャンプが始まる。楽しみ」と胸を高鳴らせた。石垣島での春季キャンプは1、2軍枠の撤廃や初日からの実戦など「井口流」を掲げ、最下位からの巻き返しに向けて本格的に動きだす。自身も体づくりに着手。「やめて太ったと言われたくないからね」と笑い、キャンプでのノックにも「自主トレしておきます」と意欲的だ。昨季限りで現役を引退し、即監督に就任。昨年11月の秋季キャンプ、台湾遠征など動き回り「やりたいことができた。選手も精力的に練習してくれている」と手応えを口にする。パ・リーグ最年少となる43歳の指揮官。「常勝マリーンズをつくり上げたい」と頂点を見据えた。
Img20171231_23281961
マリーンズファンのみなさん、あけましておめでとうございます。
「いすみマリーンズ」「いすみマリーンズ アネックス」
ツイッターともどもよろしくおねがいします。
今季の目標は13年ぶりのレギュラーシーズン優勝&8年ぶりとなる日本一!!
西村監督時代は“和”、伊東監督時代は“翔破”をかならずスローガンに入れていたが、
井口監督は短く「マクレ」としたあたり既成概念にとらわれないチーム作りを目指すのだろう。
Img_1579
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018千葉ロッテマリーンズ選手一覧

  0 荻野 貴司 (おぎの・たかし)
  1 清田 育宏 (きよた・いくひろ)
  2 根元 俊一 (ねもと・しゅんいち)
  3 角中 勝也 (かくなか・かつや)
  4 藤岡 裕大 (ふじおか・ゆうだい)
  5 安田 尚憲 (やすだ・ひさのり)
  7 鈴木 大地 (すずき・だいち)
  8 中村 奨吾 (なかむら・しょうご)
  9 福浦 和也 (ふくうら・かずや)
 10 加藤 翔平 (かとう・しょうへい)
 11 佐々木千隼 (ささき・ちはや)
 12 石川  歩 (いしかわ・あゆむ)
 13 平沢 大河 (ひらさわ・たいが)
 14 大谷 智久 (おおたに・ともひさ)
 15 関谷 亮太 (せきや・りょうた)
 16 涌井 秀章 (わくい・ひであき)
 18 藤岡 貴裕 (ふじおか・たかひろ)
 19 唐川 侑己 (からかわ・ゆうき)
 20 東條 大樹 (とうじょう・たいき)
 21 内  竜也  (うち・たつや)
 22 田村 龍弘 (たむら・たつひろ)
 23 酒居 知史 (さかい・ともひと)
 24 吉田 裕太 (よしだ・ゆうた)
 25 金澤  岳  (かなざわ・たけし)
 26 (サポーターズ・ナンバー)
 27 山本 大貴 (やまもと・だいき)
 28 松永 昂大 (まつなが・たかひろ)
 29 西野 勇士 (にしの・ゆうじ)
 30 大嶺 祐太 (おおみね・ゆうた)
 31 菅野 剛士 (すがの・つよし)
 32 高濱 卓也 (たかはま・たくや)
 33 南  昌輝  (みなみ・まさき)
 34 土肥 星也 (どひ・せいや)
 35 渡邉 啓太 (わたなべ・けいた)
 36 有吉 優樹 (ありよし・ゆうき)
 37 三木  亮 (みき・りょう)
 38 伊志嶺翔大 (いしみね・しょうた)
 40 島  孝明  (しま・たかあき)
 41 成田  翔 (なりた・かける)
 42 マット・ドミンゲス
 44 井上 晴哉 (いのうえ・せいや)
 45 宗接 唯人 (むねつぐ・ゆいと)
 46 岩下 大輝 (いわした・だいき)
 47 田中 靖洋 (たなか・やすひろ)
 48 宮崎 敦次 (みやざき・あつじ)
 49 チェン・グァンユウ
 50 大嶺 翔太 (おおみね・しょうた)
 51 エドガー・オルモス
 52 益田 直也 (ますだ・なおや)
 53 江村 直也 (えむら・なおや)
 55 大隣 憲司 (おおとなり・けんじ)
 56 原    嵩 (はら・しゅう)
 57 香月 一也 (かつき・かずや)
 58 高野 圭佑 (たかの・けいすけ)
 59 細谷  圭  (ほそや・けい)
 60 阿部 和成 (あべ・かずなり)
 61 三家 和真 (みけ・かずま)
 62 永野 将司 (ながの・まさし)
 63 種市 篤暉 (たねいち・あつき)
 64 二木 康太 (ふたき・こうた)
 65 フランシスコ・ペゲーロ
 66 岡田 幸文 (おかだ・よしふみ)
 67 李  杜軒 (リー・トーシェン)
 68 大木 貴将 (おおき・たかまさ)
 69 肘井 竜蔵 (ひじい・りゅうぞう)
 86 マイク・ボルシンガー
 87 タナー・シェッパーズ
 99 柿沼 友哉 (かきぬま・ともや)
121 安江 嘉純 (やすえ・よしずみ)
122 和田 康士朗 (わだ・こうしろう)
123 森 遼大朗 (もり・りょうたろう)
    
2月16日現在

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ